アイドル連載企画

第5回 AH(嗚呼)りりかる*ことぱぉの若女将切り盛り旅館日記

様々な客人

いろんな人がいるからこそ若女将っていうのは面白い職業。良くも悪くも、です。
印象に残っているお客様のお話でもしようかなと思います。

不良少年の話

ある夏、外来入浴に来た少年たちの話。
見た目は中学生、小学生二人だろうか。
体も細く、未成年なのは誰が見ても分かるような見た目だった。その三人組は目の前で煙草を吸っていた。
正直ややこしい客人がきたな、という思いだった。
当宿の入浴料金は、小学生までの子供が350円、中学生以上は大人料金で700円。
お会計でおそらく中学生くらいの年齢であろう少年は、「この二人小学生や」と言い放った。若女将は「お煙草お吸いだったので全員20歳以上ですよね。お会計2100円です」と言った。
素直に料金を支払った彼らだったが、このあとわたしは信じられない光景を目にする。

風呂場から笑い声などえらく騒がしいな、と様子を見に行くと男湯の窓から中学生少年が真っ裸で窓から飛び出そうとしているところだった。
なにしとんねん。どういう遊びやねん。真っ裸を見てやっぱ子供じゃないかと思った。
窓から飛び出しは阻止できたが、のれんは倒れているわ、湯船は泡だらけ…全員大人料金にしてやっただけでは足りないほどの損失だった。

第九の奥様

とても仲のいい、年越しでお越しくださることがある夫婦の話。
その日は大晦日だった。雪こそ降っていないが、凍える寒さの日。奥様はいつも、半袖だ。何度か来ていただいているが、絶対半袖だ。焼酎を一気に3杯頼まれる。強い。
そして、夕食を急いで食べて、「部屋に焼酎を3杯持ってきて!」といい残しお部屋へ戻られた。用意して持っていくと、NHKの第九をかぶりついて見ておられた。

わたしの「失礼いたします」に返事もなく、「こちらに置いておきますね」にも気づかないほど第九の世界にのめり込んでおられる。

旦那様は、「第九見てる時に部屋入るとめちゃくちゃ怒られるから」と言って一人フロントで本を読んでおられた。不思議な夫婦だ。

そして最後「旦那のいびきがうるさいからできるだけ布団は離して敷いてください」

だけど必ず二人で来られる。とてもとても仲の良い、本当に良いお客様です。

画家のお爺様

『よ〜いドン』という関西では有名な番組にわたしが宿紹介で出演したのを見たのをきっかけに来てくださった方。

「琴ちゃん」と呼んで、とても気に入って下さっていて、自分で描いた宿の外観の絵をプレゼントしてくださった。

「琴ちゃんいる?」と電話がくる。予約などではなく、「元気か?」という内容の電話が2年に一回くらいくる。

アイドルという観念も混じって本来そういった電話には対応すべきかどうか迷うところだけれど、旅館の若女将としてだけ考えたら自然かもしれない。

チャンチューホンさん

もうこれは20年近く昔に来たお客様で、中国から来られた方。当時は今より海外からのお客様が珍しかった。

父が高島駅まで送迎に行った。

「チャンチューホンさんですか?」

「はい」

はい、いいえ程度の日本語はできるが、ほぼ通じないと言っていいお客様だった。

車が宿に到着し、大女将の祖母が出迎えた。

「いらっしゃいませ。チャンチューホンさんですね」

「ちがいます。チャンチューホンです。」

「チャンチューホンさんですか?」

「ちがいます。チャンチューホンです。」

「チャンチューホンさんですか?」

……

お父さんのチャンチューホンは通じて、おばあちゃんのチャンチューホンは通じなかったいうお話です。

ぺぽさん(仮名)

日本語のほぼ話せない外人の旦那さんと日本人の奥様。

ネットからのお申し込みで名前を見た瞬間「?!」

なんと、お名前が田中ぺぽさん。(仮名)

仮名ですが、苗字は普通、名前の構成がぱぴぷぺぽ使ってるんですよね。本名かどうかはわかりません。

でもとっても南国のような明るい空気を纏った方で、豪華な夕食を見た瞬間「クレイジー」っておっしゃってました。笑

そして、初来店から一年後にまたご予約が。

名前が進化し「ベッキーぺぽ」(仮名、雰囲気だけ)になっていた。

そして旦那さんは日本語がうまくなり関西弁をばりばりに話せるようになっていた。

確信犯

ある日、母親と娘の二人で来られた。夕食を食べ終わるまでは至って普通の態度で、食事も完食。
ただその直後に泊まりの部屋からクレームの内線がきた。電話をしてきたのは娘だった。
「布団がべたべたして寝れないんです」

「?」と思いつつお部屋に向かい、確認する。
どう考えてもさらさらである。全く意味がわからない。そして娘が発言。
「夕方夕食前から布団がべたべたでした」

部屋の中の押し入れに布団は収納されているため、勝手に敷いたのだろう。
その時言えばいいのに、なぜ、と思いつつ
とりあえず布団の取り替えなどを提案したが、母親の態度が豹変。
「こんなべたべたした布団で寝れるわけないやろ、部屋も狭くて汚いし、よくこんなので商売続けてられますね!帰りますわ」

これはそうとう私も腹が立った。まあしかし、帰るらしいので精算に移行する。
事態も事態で怒ってらっしゃるので
「お題は結構です」と言った。
「そうですか」とあっさり帰って行く二人。娘は少し気まずそうであった。

そういえば、この二人の車がない。タクシーで来られたのかな?と思っていたが、車で帰っていく二人。
うちの目の前の浜のキャンプエリア、しかも建物の影で見えない場所に駐車していたのだった。
こんな場所に勝手に駐める人などはじめてだ。
「ナンバー見られたくなかったんやな」と気づき、おそらくはなから料金を支払う気などなかったのだろうと予測される。

そういえば夕食前、「マッサージを頼めないか」という内線もかかってきていたが、マッサージは呼べません、とお断りした。
そんなお金使う雰囲気の人ちゃうけど、(申し訳ないが身なりや雰囲気でだいたい分かる)お金持ちなのかなと夕方は思っていたが、
ヘタをすればマッサージ代も踏み倒す気だったのかもしれない。
娘は気まずそうにしていたけれど、いつかああいうふうに育っていくのかなと思うと気が重たくなった。

不倫の見分け方

40,50代の男女であまりにも楽しそうだったらかなり怪しい。
話してばかりで食事スピードが異様に遅いことが多い。
予約時にDM不要との記載あり、記帳をしたがらない。
全てを見分けられるわけではないし、確認を取ったことなんてないので事実は不明だけれど、
まあ異様な空気感があります。

事実無根の口コミ

口コミって本当にまあ悪いところもあるわけで、本人の主観でしか書かれていないくせに影響力がすごい。
とくに「悪い口コミ」っていうのを誰でも不安からか信じがちな傾向があると思います。
口コミによってかなり売り上げに影響が出るため、我儘なお客様でも不公平でもなんとかご機嫌を取る必要性が出てきます。
とある旅行者様の口コミに、「料理を出すのを忘れられていた、そのあと謝罪もなかった」とありますが、
これ一人で来たおじいさんの書き込みなのですが、ひどい言い方ですがだから一人で来てるんだなと思いました。

私たちは、お客様の食べるスピードを見て言い頃合いを見て料理をお出しするようにしています。
なかには、最初はゆっくり召し上がられていると思っていたお客様が突然猛スピードでお食事をぺろっと食べちゃって、
少しお待たせしてしまう、という事態もあるのは事実です。
ただ、様子もお伺いに参りますし、通常だと「次のお料理お願いします」と一言かけて下さるお客様も多いです。
今回の方もそれに当てはまるのですが、本当に短い時間で怒ってお部屋に帰られてしまったんです。

そしてすぐお料理をお泊まりのお部屋へ持って行き謝罪をしましたが、扉も開けていただけず
「いらん!!」と怒鳴られてしまいました。
私はその客様に対して「申し訳なかったな、お待たせしてしまって」と思っていたのですが、
口コミに事実無根なことを書かれてしまってるのを見て、とても悲しい気持ちになりました。
当宿はお食事もお酒も大変美味しいと評判をいただいていて私も自信を持っています。その分お酒が進みすぎてしまうこともあると思います。
ただ、1合程で記憶なくすほど酔ってしまわれる方の場合は、ペースを考えて嗜んでいただけると嬉しいなと思います。

優しくない男

30代くらいのカップルがお越しになられました。
それはいいのですが、お食事のお部屋に持参のお酒を隠して持ってきて飲んでいる。

当宿はお食事の時間は、お酒のメニューをご用意しているので持ち込みは禁止させていただいています。
持ってきたお酒でうだうだ長時間食事部屋におられるのが困るからです。
それは普通、宿の常識だと私は思うのですが、どうなんでしょうね。
明らかに隠しているので、もうこれ本当声かけづらいんですよね。
口コミの話にもつながりますが、こういうことする「ややこしい」部類に分類されるお客様は
何か期限を損ねると口コミに書きかねないんですよね。

まあ、それで女性がべろべろに酔ってしまったようで、食事も終わって片付けをしていた頃気付いたのですが、
お外で一人でうずくまっておられる。
なんとかお部屋までお連れしましたが、男性は裸で布団に入り内輪で自分を仰いでる。
そして女性を気にかける様子も何もなし。
冷たいなあと思いました。あんな男やめとけって思いました。

番外編~ふるさと割~

2年ほど前かな。「ふるさと割」というのがあったのをご存じですか。
宿泊施設以外にもふるさと割適用されるものがあったようですが、
とりあえず今回は滋賀県高島市のふるさと割についてだけ言及してお話いたします。

こちらコンセプトとしては「旅行」に助成金(まあクーポンです)を出すことにより、
普段行かないところへ行こう、そして地域活性化!というところですね。

つまり、普段行けないグレードの宿もクーポンでかなり安くなるから行けるようになったりする訳です。

宿は後から自治体なりから割り引き分をしっかり頂戴できるので万々歳!繁盛!と
どこの宿も思ったはずです。

・・・・
ふたを開けてみると、ふるさと割を使って行く宿は結局「人気のある宿」だけ、
元々苦しいところは苦しいまんまなんですね。
うちは繁盛しましたが、普段当宿に来られるお客様とはかなり違った層の方達も来られました。
これはうち以外のお宿でも同じだったようで、普段とは違った客層の方が来られることによって、様々なトラブルも起きたそうです。

中でも一番の被害を出したのが、口コミ
やはり普段訪れないところに来たということで、これを機に口コミを記載いただく方も多かったのですが、その結果口コミが荒れたお宿もちらほら。
私が個人的に衝撃を受けたのが、他の宿に泊まった20歳子連れの方が書かれたこちらの口コミです。

「こどもがお風呂で走って、床がつるつるしているので危なかったです」

風呂で走るのが間違っているし、それは読めば分かるのですが☆の数を低く付けられてしまっていた。
クーポン利用者もその他も、口コミでの☆の価値が全く一緒なんですよね。
これ本当に納得いかないな~と思いました。

ふるさと割はディスカウント額もかなり高かったんですよね。
結論、

・繁盛するのは元々人気のある宿だけ
・クーポン利用で安く済ませることが目的→その土地のお土産などレジャーに使う金額も低いと予想できる

なので、今回のクーポンは、あまり地域活性化には繋がらなかったのではないかなぁと感じています。実際にうちでも土日のお酒やお土産などの注文などが激減し、売上は逆に下がってしまいました。
また、これも当宿だけの統計ですが、ふるさと割でお越しいただいた方のリピート率も残念ながらあまり高くはありませんでした。

一見、地域活性化に効果がありそうな、こういった「ふるさと割」ですが、決していい面ばかりではないな~と感じたのが今回の助成金クーポンでした。

というわけで色々なお客様の話を書かせていただきました~。
これはネタがつきないな・・・。

そんなこんなで宿運営しているわけですが、今回やっとこの宝船温泉の料理を
大阪で!!イベントで!出せる機会が作れました!
12/3は、ワンマンぶりの自主企画をします!!

2017/12/3 大阪LoftPlusOne West
『Suzu生誕大感謝祭 湯けむりディナーショー』
開場17:30/開演18:00
前売り¥2500(すーちゃんからの予約特典プレゼント有り!)
当日¥3000
【SPECIAL GUEST】Magic Girl SUZY(マジシャン)
【宝船温泉コラボメニュー】近江牛炙り寿司、自家製生ハムサラダ 等
【オリジナルカクテル】#ほぼ宝船温泉、すーちゃん考案ドリンク 等
Suzu生誕のお祝いと、一年の感謝を込めた大感謝祭!
すーちゃんの誕生日、ほんまは11/28で平日やけど・・・こないだのワンマンも平日で「行きたかった!」の声が多かったので
日曜開催にしてみました!すーちゃんの友人であるマジシャンをゲストに迎え、ライブはアコースティックの生演奏!
そしてすーちゃんの謎を語るトークコーナーもあり。
それらを宝船温泉のお料理と共にお楽しみいただけます。出演者全員、旅館浴衣でお出迎え!
ロフトプラスワンがほぼ宝船温泉になる!

今回すーちゃんが主役なので、スペシャルゲストのSUZYと共にすーちゃんの意味不明エピソードをたくさん語りたいと思います!!!!
わたしばっかり前に出すぎですが(自己主張が激しい)、すーちゃん、結構、やばいですよ。

⦁ 本番5分前、ゴミ箱の前でうずくまっているのでどうしたのかと思ったら、鏡も見ずに前髪を切っていた
⦁ 楽屋にてすーちゃんが何か食べていた(茶色い多分揚げ物)ので、「何食べてるの?」と聞くと食べているものをじーっと見つめてから「わからん」
⦁ 「振付どうやって考えてるん?」と聞いたら「チャリこぎながら考えてる」

・・・と色々エピソードがまじで尽きないので、語り尽くしたいと思います。
そしてアコースティックの生演奏!!!コラボメニュー!!!
楽しいことい~っぱい考えてるよ!!うちも、今からこの日が楽しみ!!!

遠征も日帰りできる時間に終わるから、ぜひぜひ!!!
お待ちしてま~~す!!

他、AH(嗚呼)の今後の予定

最新グッズ「AHベビータオル」

AH(嗚呼)関連リンク

Twitter @_kotopao
AH(嗚呼)公式サイト http://ahofficial.web.fc2.com/
OFFICIAL WEB STORE https://ahwebshop.thebase.in/
宝船温泉 http://takarabuneonsen.web.fc2.com/

AH(嗚呼)MV

次回予告

次回のことぱぉさんの女将日記は12月14日(木)です。
お楽しみに!

AH(嗚呼)りりかる*ことぱぉの若女将切り盛り旅館日記一覧ページへ
連載一覧ページへ
トップページへ

The following two tabs change content below.
ことぱぉ(AH(嗚呼))
AH(嗚呼)楽曲制作担当。 滋賀県高島市の温泉旅館「宝船温泉」の若女将とアイドル活動の両立に勤しむ。
ad

関連記事

  1. アイドル連載企画

    第2回 スナックみなみのお悩み相談室

    スナックみなみ開店第2回を迎えました、「スナックみなみのお悩み相談…

  2. あいちゃん7さいの○月絵日記

    あいちゃん7さいの8月絵日記

    あいちゃん7さいの8がつえにっきせいたんさい2017年7月…

  3. アイドル連載企画

    第3回 スナックみなみのお悩み相談室

    スナックみなみ開店大変好評をいただいてる「スナックみなみのお悩み相…

  4. アイドル連載企画

    第2回 上野ご当地アイドル小泉花恋のれんれん散歩

    2回目はっじまるよ〜♪みなさんこんにちは!上野ご当地ソロアイド…

  5. アイドル連載企画

    第3回 上野ご当地アイドル小泉花恋のれんれん散歩 ~アメ横編~

    ごあいさつ第3回だよ〜ヤッタ〜!みなさんこんにちは!上野ご当地…

  6. アイドル連載企画

    第4回 スナックみなみのお悩み相談室

    スナックみなみ開店大変好評「スナックみなみのお悩み相談室」の第4回…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ad




ad




WEB SHOP

お問い合わせ

最近の記事

ad




  1. 未分類

    みんなで作る、地下アイドルWEB版ミニコミ誌
  2. 今週のリリース曲

    6月第5週発売のアイドル曲一覧【まねきケチャ むすびズム CY8ER 3776 …
  3. 「グッバイ、アイドル」@しこりん先生

    「グッバイ、アイドル」第2話 @しこりん先生
  4. 今週のリリース曲

    5月第2週発売のアイドル曲一覧 【アプガ たこやきレインボー AH(嗚呼) An…
  5. ラストアイドル追跡企画

    実力伯仲の戦いを制した者-『ラストアイドル』第4回
PAGE TOP