AH(嗚呼)の「ふたりは仕事人」

若女将&介護施設管理職アイドル AH(嗚呼)の「ふたりは仕事人」第3回「鳥貴族へ、一人で行きたいな」

最近の色々

 文字は怖い。
 よっぽど文章力がないと、しっかりしたニュアンスなんて伝わらないし、メロディものっていなし、文字だけって本当に怖い。
 いくらでも勘違いもできる。深読みもできる。こじつけもできる。
 私が表に出している文字なんて、私の中のほんの1%にも満たない。
 満たないからこそ、ほとんどない情報で私の心理なんて分析できるわけないから、私はもっと丁寧に文字を発表していかなきゃならない。
 だけど、ごつごつした意思を丸く丸く磨いてから発信しようと思っても、それが不器用だから結局よけいにいびつでバランスが取れない状態になり、それで発信してしまったり、そのまま心の奥に沈めてしまったりもする。
 いびつなまま沈めてしまって、それは隙間だらけで、不安定なまま重なりあって、どうしようもなくなって、ある日崩れてしまったりもする。

 それでもふと「愛こそは全て」という言葉を思い出す。

 憧れだったことに手が届いても、満たされることはなくて、「悔しい」という気持ちばかりが募る。わたしの音楽への執念だとか、劣等感だとか、いろいろなものがウワッと出てくる。ガッツポーズは一瞬。何をしたら私にとっての「やり切る」なのか、まだ探している途中。タイムリミットも分かっていないから、余計怖さもある。いつになれば、どうすれば満たされるのか。でも、満たされてしまったら、もう、音楽を作る闘志がなくなって、フニャフニャになってしまいそう。そうなってしまうことも、怖い。今日はとんこつラーメンを食べた。味玉をトッピングして、ネギを抜き、ニンニクをたくさん入れた。美味しかった。

鳥貴族へ、一人で行きたいな

 ふと、「鳥貴族へ、一人で行きたいな」と思う瞬間がある。

 鳥貴族はリーズナブルで好きな銘柄のウイスキーもあり、美味しくて大好きだ。一人利用が一番多い。友達との待ち合わせの前など、カフェ感覚で利用している。なので、昼間にも営業をしていただきたいと心から願う。好きなメニューは山芋のふわふわ焼きである。

 先日、東京へ行った。
 CDを販売するため、一人で行った東京。二日目は時間があったので、せっかくなので念願だった中野へ行ってみた。かなり迷ってたどり着いた「中野ロープウェイ」。このお店に行くため、中野へ私は降り立ったのだった。用事も済ませ、何を食べようか…悩んだ挙句、「牛の四文屋」という店に行った。焼酎を梅シロップで割ったものや、ウーロンハイなど全部で5杯くらい頂いて東京を後にした。荷物を持って帰る気力がなくなってしまったのでコンビニから配送した。

AH(嗚呼)全国流通へ、そしてレーベルの立ち上げ

 年明けに書いたブログとかを読み直すと、やっぱりその時描いた計画とは大きく異なってきている。突然こっちの曲を進めよう!という気分になったり、先方の都合だったり色々要因はあるのだけれど…

 皆さんのお力添えもあり、なんとかかんとか“全国流通”というものにありつけました。ありがたいです。本当にありがとうございます!それに伴いレーベルを立ち上げました。

「ELECTRIC LANDLADY RECORDS」です。ジミヘンのELECTRIC LADYLANDからのパロディで、「LANDLADY」は「女将」という意味です。笑

 これもそれも、タワレコに置いていただけるきっかけをくれたNU茶屋町の店長さん、そもそNU茶屋町との結びつきを強くしてくれたのはハニゴの定期イベントだったり、KANSAI IDOL FILEのトークショーだったりと、どこにも属していない私たちを、タワレコと結ぶきっかけにしてくれて本当に、ひとつひとつに感謝しています。渋谷店・新宿・NU茶屋町・神戸店でCDを買ってくれたおかげで、このディストリビューションにつなげることができたと思います。三十六房に出てみたらっておすすめしてくれたのはもともととあるイベントのイベンターさんで、それも影響していると思うし、本当に感謝しています。

 本当は、「初の全国流通だ!アルバムだ!」としようかともしていたけれど、とりあえず、今現行で出しているCD(-R)が需要あるみたいなので、それはタワーレコード全店で買えるようにしました。

若女将の今後の計画

 計画としては、7月ごろ、アルバムを本当の全国流通(タワレコ以外のHMVなどへも流通開始)を考えています。いままで出したCDの総決算。もちろんプレスにかけて、丁寧に作りたい。撮り直しもたくさんして納得する形で詰め込んで販売したい。それに合わせて、いままで出したCD-Rは、一部作品を除いて廃盤になります。(もしかしたら通販だけで買える、とかにはするかもしれないけど・・・。ちょっと未定。)廃盤の方向ではあります。
 10曲くらいは入れて、値段は1000~1500円とかかなあ。
 だって、みんながシングル1000円で買ってくれたおかげのアルバムで、同じ曲なのに2500円とか3000円とか取れないなと思って。
 なので、我慢できる人はこの時期までCD買うの我慢してもそれはそれでありだと思う!
 店舗で展開してもらうには、どうすればいいのかとか、(わかっているけど、それにありつくために、私になにができるかという話)いろいろ、考えても分からないことだらけですが、とりあえず、興奮しているので落ち着かなくてはならない。
 リリースイベントとか、特典とか、すごいむつかしいんだよ!何枚も同じの買わせるのは個人的に好きじゃなくて、

特典の意味と意図

勘違いされることもあるから、ちょっと言わせてほしい。「AHはいつも特典ばっかり」。そう思っても仕方ないかもしれないけど、同じCDを何枚か買う特典じゃなくて、いっぱいあるCDから〇枚、選んでもらえるようにしてるの!なんでって、他のも聴いてほしいから。「一枚に興味を持ってくれてありがとう、でも他も聴いてほしい」から!
 予約特典は、集客というものがいろいろな影響力(?)があって、それ欲しさというのもあるし、賛否両論なのはわかるけど、私がイベンターさんだったら、「できる限りの努力をしてくれていてうれしい」って思うかな。あとは、いつも来てくれている人には、ありがとうって気持ちでも渡している。大切に全部保管してくれている人もいたりして…。すべてのイベントに用意できていなくて申し訳ないけど、余裕ができたり思いついたりしたら作ってる!また、それも楽しみにしててくれると嬉しいな。

「売れる」より「もっと作りたい!」

 わたしにとって大きい存在のアイドルさんが解散発表したり、わたしたちの今後について考えさせられることが目まぐるしく起こる。だけど私は今日も仕事をして酒を飲み、音楽を作る。「売れる」より「もっと作りたい!」(そりゃ売れたいけど、売れたら売れたで仕事が・・・・・・・・)、マイペースに、自由に、すーちゃんと二人でやっていきたいよね。新しい形まだまだ作りたい。あ~大吟醸飲みてえ~

おわり

AH(嗚呼)今後の予定

AH(嗚呼)MV

次回予告

個人の心情から、全国流通、レーベル立ち上げ、そして特典の難しさや、最後は現在のアイドルシーンにまでと話が広がった ことぱぉさんの『ふたりは仕事人』第3回目、いかがだったでしょうか。1人で鳥貴族に行きたいことぱぉさん。鳥貴族には1人専用席もあるらしいので、いつか「アイドル1人鳥貴族レポート」などの記事を書けたら楽しそう。
AH(嗚呼)の記事は毎月第2金曜日に更新。次回は4月13日(金)に、介護施設管理者アイドルSuzuさんの記事が公開予定です。お楽しみに!

AH(嗚呼)関連リンク

AH(嗚呼)公式サイト http://ahofficial.web.fc2.com/
AH(嗚呼)公式Twitter https://twitter.com/info_AH_
りりかる*ことぱぉTwitter https://twitter.com/_kotopao
Suzu Twitter https://twitter.com/yuka0130start
OFFICIAL WEB STORE https://ahwebshop.thebase.in/

AH(嗚呼)の「ふたりは仕事人」一覧ページへ
AH(嗚呼)りりかる*ことぱぉの若女将切り盛り旅館日記一覧ページへ
アイドル連載一覧ページへ
トップページへ

The following two tabs change content below.
AH(嗚呼)
ことぱぉ→AH(嗚呼)楽曲制作担当。滋賀県高島市の温泉旅館「宝船温泉」の若女将とアイドル活動の両立に勤しむ。Suzu→アイドルAH(嗚呼)です!うちで経営している介護施設で管理職しながらもAHではダンス振り付けもしてるよ♪実は看護師でもあります!!
ad

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

MERUCHU「はじめての片想い



放課後プリンセス「輝夜に願いを」



DEVIL NO ID「BEAUTIFUL BEAST」



Passcode「Ex Libris Passcode」





Dolly Kiss 第二章オーディションインタビュー

社会とアイドルの表も裏も見てきた のぞみ&せいあ インタビュー!

スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. 「グッバイ、アイドル」@しこりん先生

    「グッバイ、アイドル」第1話 @しこりん先生
  2. コラム

    音楽好きの友人は皆アイドルを聴いているのに
  3. 特集, レポ

    SEVEN4 定期公演第1回目レポ 「AKB→原宿駅前ステージ→SEVEN4の系…
  4. 特集, レポ

    ベボガ!「アイドルとヲタク大研究読本#拡散希望」座談会延長戦。武道館待望論も飛び…
  5. ただの女の子。再生追跡レポ

    いじめ、AKB不合格、メンバーの妊娠… 今も見る悪夢を乗り越え、前に進もうとする…
PAGE TOP