レポ / インタビュー

りさちゃん24さいとあいちゃん6さい 干支を超えた女と女の対談

 

アイドル界隈は様々なキャラクターがひしめき合っており、売れるどころか生き残ることすら難しくなっている。そんな世界でも異質な輝きを放っている2人のアイドルがいる。

一人はアイドルにも関わらず「しゃちょー」という愛称で親しまれ、セルフプロデュースを行い、世間が注目する企画を打ち続ける里咲りさ。そしてもうひとりは4歳からアイドルをやり、すでにキャリア3年目で歌、ダンス、舞台もこなしているあいちゃん6さいだ。

 

アイドルとして独自の路線で売れている24歳の里咲りさと、アイドルとして異常なほど幼い6歳のあいちゃん。年齢を合わせるとちょうど三十路になる2人が出会ったときに、どのような科学反応が起こるのか。今回はそんな2人の対談をお送りしたいと思う。

「対談」ということでスタートしたこの企画であるが、やはり里咲りさという個性と、6歳という自由奔放さが合わさったことにより、「サイン会の練習」「ぼったくり物販の指導」「曲作り講座」など多岐に渡る内容となった。非常に濃い1時間であった。

 

 

【里咲りさ】「少女閣下のインターナショナル」というグループを立ち上げ、運営兼メンバーとして活躍する。グループ活動休止後はソロ活動に専念し、ぼったくり物販などが話題になり現在はバラエディ番組などでも活躍している。

 

【あいちゃん】2014年10月よりアイドル活動を開始。アキバアイドルフェスにて最年少アイドルとしてデビューし話題となる。

 

【大隈秀徳】レインボーミュージック代表でありながら、ボイストレーナーやギター講師なども行う。
※今回はあいちゃんがまだ6歳のため、あいちゃんが所属するレインボーミュージック代表の大隈秀徳さんにも参加してもらっています

 

インタビューが苦手で緊張してしまうあいちゃん

よろしくお願いします!!

 

よろしくおねがいします…

 

あいちゃんと初めて会ったときは5歳でしたよね?

 

うーん…(首をかしげる)

 

秋葉原のモエファーレってところで私のイベントに出てくれたんだよね〜!
あいちゃんが5歳のときにTシャツを売ってて、最後の一枚を私が買わせてもらいました!「あと一枚でーーーーーす!!」ってあいちゃんが叫んでいるのを見て、急いで買いに行ったんですよ。

(この日は購入したあいちゃん5さいTシャツを着てきてくれた里咲さん)

 

あいちゃんは私のこと覚えてます?

 

(困った顔で大隈さんを見る)

 

このまえテレビで見たよね?深夜で録画したやつ

 

(うなずく)

 

あ、新shock感かな?うれしいー!!
私もテレビ出ることありますけど、あいちゃんも時々テレビ出てますよね?

※新shock感:南海キャンディーズの山里さんが司会の番組。里咲さんは準レギュラーとして出演中。

うん

 

あいちゃんはテレビ出るのどうですか?楽しいですか?

 

うーん…(再び大隈さんを見る)

 

あいちゃん恥ずかしがり屋なのかな?ステージの上からだと元気いっぱいだけど緊張しちゃうのかな?
ファンの人とはお話できるけど、こういう場は緊張しちゃう?

 

こういうアドリブで喋るみたいなのが苦手みたいで…
何をしゃべっていいのかわからないみたいなんです。普通に友達みたいな感じだとしゃべりやすいみたいで

(対談が始まる前は自由奔放にホワイトボードに落書きしていた。緊張というより、インタビューなどの質問などには困ってしまうようだ)

仲良くなるために一緒に作業しよう

あいちゃんが少しインタビューが苦手で緊張しているようなので、里咲さんと仲良くなれるように「ねるねるねるね」や「お寿司のグミ」などを一緒に食べて、まずは距離を縮めてもらうことにした。

 

あっ!ねるねるねるねだ!お寿司だ!!

 

じゃあまずはお寿司から食べよっか!あいちゃんはこれ食べたことあるの?

 

うん、知ってる!

 

(グミが寿司のシャリとネタになっているお菓子)

 

あいちゃんはお寿司は何が好きですか?

 

たまごといくらとえびとまぐろ

 

どれが卵かなー?
あいちゃん先生、これで作り方はあっていますか?

 

あってる!

 

あっお寿司になった!うれしーー!!
これは日々の疲れが癒されますね…
これ物販とかでやった方がいいんじゃない?セラピー効果があるよ!!(笑)

(お寿司が完成してあいちゃんより大喜びのりさちゃん24歳)

 

あいちゃん私とお友達になりましょ!

 

いいよー!!

 

やったー!お友達が増えました!
じゃあ「ねるねるねるね」食べながらお話しましょうか?

 

うん!!

 

(お菓子を通して少しずつ距離が縮まってきた2人)

仲良くなったところでいよいよ対談スタート

 

(ねるねるねるねを食べながら対談を行うという新しい試み)

 

あいちゃんはいつからアイドルやっているんだっけ?

 

えっとね、4歳のとき

 

4歳かもう3年目だね
私はあいちゃんのライブを初めてみたときに、かわいいなと思ったのと同時に、ファンの人がおもしろいなって思ったの!
「さんぽ」歌うとみんな「おれもー!」っていうでしょ?あれはどう思う?

※あいちゃんのライブでは「さんぽ」を歌うことが多く、「あるこう、あるこうわたしはげんきー♪」のあとにファンが「俺もー!!」とコールを入れる

おもしろい

 

おもしろいならいいね!(笑)
ダンスは誰が考えてるの?ママ?

 

幼稚園のときとかに歌ってて、踊りは考えた!

 

えーすごいね!最近新しく覚えた曲はなにかあるんですか?

 

ハイパーランドセル!

 

あっ!オリジナルの新曲!!

 

(あいちゃん初のオリジナル曲であるハイパーランドセル。ドラム以外はすべて大隈さんが演奏している)

あの…どうやったら、CDとかTしゃつってうれるんですか?

 

こんなこと教えても大丈夫ですか?(笑)
うーん…大人の人も恥ずかしいんじゃないの?ファンの人もみんなあいちゃんに会うの照れてるんじゃない?そうだな…あいちゃん付加価値ってわかる?

 

う〜ん…わかんない!

 

わからないよね(笑)
新しいTシャツは売れているの?

 

そんなに売れてないんですよね…

 

何枚くらい売りたいの?

 

全部!!

 

なるほど…そしたらTシャツにサインしてあげればいいんだよ!
これが付加価値ってことだよ!!

 

どうやって書くの?

 

表に書いて欲しい人もいるし、中に書いて欲しい人もいるからファンの人に聞くんだよ!

…じゃあ私がオタクやるからCDにサインして練習しよう!

(急遽、里咲さんによるサイン講座が始まる)

あいちゃんこんにちは!
あの、新しいCD欲しくて買いにきました!

 

はい!どこにサインすればいいですか?

 

じゃあここに!
あっファンの人の名前書いた方がいいよ!りさちゃんへって書いてもらって良いですか?
あとねー、ファンの人は日付書いてあげると喜ぶよ

 

はい!わかりました!

 

わーカワイイ!ありがとうございます!

 

いつもCDにサインしているの?

 

うん

 

いつもは3枚以上買っている人にサインしていますね
お客さんによっては5枚以上買ってくれる人とかもいて、あいちゃんはそれが不思議みたいです

 

CDいっぱい買ってどうするの?

 

今のセリフ絶対に記事に載せてくださいね!!(笑)
あいちゃんはなんでだと思う?

 

わかんない

 

一枚は聴くようじゃん?もう一枚はキレイにとっておきたいのかもよ?

 

でもあと3まいは?

 

配ってるのかもよ?

 

ただで!!??

 

うん!あいちゃんが、すごく素敵だから、この曲を聞いてくださいってファンの配ってるんだよ

 

ぼったくり物販を学ぼう!


里咲さんと言えば「ぼったくり物販」というくらい代名詞になっている。ぼったくり物販とは、原価100円のタオルなどを購入しサインをして、1000円で売り出すというものである。これをキッカケにして、「ビートたけしのTVタックル」などに出演し一躍有名になった。

今日はね、「ぼったくり物販を教えて欲しいです」ってことであいちゃんに会いに来たんだけど、ぼったくり物販ってわかる?

 

わかんない

 

そうだよね!じゃあ教えるね!
さっきサインしたらファンの人は買ってくれるっていったじゃん?

 

うん

 

それはね、さっきも言ったけど付加価値がついたからなんです
まずは付加価値って言葉を覚えましょう

 

ふ、か、か、ち?

 

このタオルは100円で買ってきたやつなんだけどね、これに付加価値をつけると1000円になるんだよ?
今からこのタオルに「あいちゃん6さい」って書くと1000円になるんだよ。魔法みたいだね!(笑)

 

なんで?(純粋な目)

 

…ちょっと、私、良心の呵責に耐えられない…耐えられないんですけど!!

大隈さん…いいんですね!本当に教えますよ?いいんですね!!??(笑)

 

(良心の呵責に耐えられなくなった里咲さん)

(ぼったくり物販を教えてもらっているあいちゃん)

はい!これでさっきまでUFOキャッチャー1回分(100円)だったのが、あいちゃんがサイン書いたことによってUFOキャッチャーが10回できるようになりました

 

え?なんで?

 

なんでかわかる?

 

う〜ん…

 

(小声で)付加価値…

 

ふかかち!!

 

すごーい!よく出来ました!!!

…やっぱり良心の呵責が(笑)

 

曲作りも教えてもらおう

あいちゃんは何が一番楽しいですか?

 

うーん…ライブ!
あと小学校!

 

私はレコーディングとかすごく楽しいよ!
あいちゃんも新曲のときに歌は録りましたか?

 

うん!
あっ!そうだ、えっとー…どうやって、いつもきょくをつくっているんですか?

 

私はいつも歌詞から考えてるよ
…そうだ!じゃあ一緒に曲作ってみようか!

 

(急遽一緒に曲作りをすることに)

じゃあ…あいちゃんの弟の歌を作ろう!

 

えー!!!

 

弟の名前なんていうんだっっけ?

 

れん!

 

れんくんのいいところある?

 

いいところ?
…おもしろいところしかない!

 

「れんくん」「おもしろい」…
あとはない?

 

うーん…それだけ!

 

「れんくん」「おもしろい」「それだけ」…
はい、出来ました!こうやって言葉書いていくじゃん?曲作るときに

 

うん

 

これでね、適当に歌ったら曲になるんだよ!

 

れんくん、おもしろい、それだけ?

 

一番最初の音だけ決めたらもう完成だよ!
いくよ?さんはい!

 

れーんーくんー♪
おーもしーろーいー♪

 

そうそうそれそれ!
今のでいいよ!できてるよ!!

 

ええー!

 

あとはプロの人に伴奏とかお願いすると良い曲になるんだよ!(笑)

 

(簡単すぎてあいちゃんも驚いていた)

急遽、里咲りさ×大隈秀徳の対談を開催

あいちゃんが段々とこの場に慣れてきて、自由奔放に動き始めた。6歳という年齢で長時間の「対談」というのはやはり難しいのかもしれない。

この記事の尺を気にして、里咲さんから「大隈さんと私で会話しましょうか?」という申し出をしてくれた。
ということで、急遽お二人に対談をお願いすることにした。

あいちゃんには直接聞けなかったので「将来なりたいアイドル」などを聞いてみることにした。

そうですね…僕的にはあいちゃんをどうしていきたかっていうのはまったくなくて、
もう、なんというか、手放して進んでいく方向に進んでいければ良いかなと思ってますね
今はギターとか歌もやっていて、舞台のお誘いもあったりして、色々とやっていって、一番向いている方向に進んでいけたらいいなって思ってますね

 

そっか、事務所というより教室って形でやっていますもんね

 

うん、そうそう
で色々と今やっているんですけど、あいちゃんってオーディションとかまったく受からないんですよ

 

え?なんで?受かりそうなのに

 

多分、オーディションに対しての何かが足りないのかな?って思ってて、礼儀作法とか受け答えとか練習した方が良いのかなーとか

 

あーそうですね!子役とかだと特に!
私が前に制作の裏方やっていたときに、幼稚園とか小学校低学年でも大人みたいな感じで驚いたんですよね
でもそうなるのが(あいちゃんにとって)正解なのかはわからないですけど

 

そうなんですよね
聞いた話しによると、オーディション側はあいちゃんみたいに自由だと使い辛いっていうのを聞いて…
でもいつかこういうキャラが良いって言って選ばれるときが来るのかなとは思っています

 

そうそう!無理をしない!
このままの形でハマるところがあればって感じですよね

 

あいちゃんのプロ意識

でも大きくなったらわかんないですもんね、本人がどこで何がやりたくなるのかなんて

小学校低学年のときなんて、お花屋さんになりたいとか、ピアノの先生になりたいとか、そういうのしかなかったですからね…私は

 

あいちゃんもやっぱりそこはよくわかってなくて、テレビに出たときに夢とか聞かれると「ケーキ屋さん」って答えてて、「アイドルになりたい」とは出てこないんですよね

 

そうですよね、6歳の子だったらそれが普通ですよね!私が6歳だったらインタビュー答えることすら絶対無理ですもん
でもあいちゃんはステージが出来ているのですごいなーって

 

そうそうそう
その辺がプロフェッショナルで一回もライブも舞台も稽古も皆勤でやってて、そこはちょっとすごいなって思う

 

それは最初からですか?

 

最初からそうなんですよね、責任感というか自分なりの何かがあるみたい

 

(2人の対談中、あいちゃんはスタッフと楽しく遊んでいました)

あいちゃんは10年計画のアイドル?里咲りさとの共通点

6歳のおもしろさもありますけど、ロリコンの人が見る以外だとあいちゃんの出るところの少なさがありますよね
ドルオタが通う感じの現場でもないじゃないですか?

 

6歳ガチ推しってのもなかなかいないですからね

 

市場がそもそも少ないですからね…一部で小さい子だけでるフェスもあったじゃないですか?

 

キッズアイドルフェスティバル、KIFですね

 

そうそう!イベント化すると普段は興味ない人でも行ったりするんですけどね
メディアとかは上手くハマれるところがあればね、チャンスありそうですけど

 

そうですね!だからテレビは取り上げてくれるんで出演できてるんですよ
そういう運はけっこう持ってるんじゃないかなとは思うんですよね。そこを活かせたらいいなって

色んな小学生とか中学生のアイドルがいるなかで「あいちゃん6さい」ってすごくキャッチーなインパクトですよね
毎年名前の年齢が増えていくっていう

 

最初は4歳で初めたときに、10年経っても14歳か…と思って、「これは将来性がある」と思ってたんですよ
そしたら4歳ってことが予想外に騒がれて

 

あっ、じゃあそんな騒がれるつもりじゃなかったんですね!

 

そうそう、そのときは今後の練習のつもりで世にだしたんですよね

 

14歳のときに完成形があればいいなーみたいな?

 

そのつもりだったら、それが思いもよらずワーっと騒がれて、「本物の4歳だー」ってなって、テレビでも取り上げてもらえて逆に「なんで?」って感じで(笑)

 

これからのバランスが難しいですよね、アイドル活動と学校と、あとメンタル面とか。6歳が大人と接触してどういう感情を抱いているとかまったく想像できないもんですもんね

だって私18とかでアイドルのステージに初めて立って、列ができているとこで初めて握手したときに、すっげー戸惑いましたもん!
それを6歳でやっているはすごい

 

多分、本人はわかってないと思うんですよね
ファンの人も親戚のおじさん達くらいに思っていると思うんですよね

 

そういう気分なんですね
見に来てくれる親戚のおじさんたち(笑)

 

誰とでも仲良くなれるので、ちょっと気をつけているんです。お客さんとか僕達の区別がそれほどついてないみたいなんですよ
お客さんの膝の上に座ろうとしたりして…だからおっとってなりますね

 

あたし6歳のときはそんなのなかったなー。担任の先生がギリギリくらいで
なんか大人は危ない人もいるって認識が強かったから、登下校のときとかもお父さんとお母さんと自分の知り合い以外は信用しないと思っていたので、すごいですね
多くの6歳は出来ないと思いますよ?知らない人と握手したり、ステージに立つのは

 

不思議な子だとけっこう思いますね

 

そういえば、今日は「ぼったくり物販」を習いたいって理由での対談だったんですけど、なんで教わりたいって思ったんですか?

 

あいちゃんはおもしろいことをやった方が良いかなって思ってて、
Twitterとかも真面目にカワイイことやるより、おもしろいことやるとリツイートしてもらえるんですよ。プロレスで泣いちゃったとかの方がすごいリツイートしてもらえて
そういうおもしろい系をもっとやりたいなって

 

あんまり正統派でまっすぐやるのと違いますもんね、タイプが
本人が意図していない部分がおもしろがられるって私と似ているかもしれませんね
おもしろいことしようとするとスベるので、普通にやってて周りがおもしろがってくれてるのが良いんですよね
あいちゃんも素に近いところを拾っていったら、どこかでまた話題になると思います

 

里咲さんはそういうことを自分一人で「しゃちょー」としてやってきて、すごい僕は尊敬していて

 

ありがとうございます!

 

曲作りとかもされているんで、ぜひあいちゃんにも曲を作っていただければなと!

 

え?いいですよ!
自己紹介ソングとか作りましょうか?

 

おお!あいちゃん、曲作ってくれるって

 

やったー!

 

1時間の対談を終えて

(最後は仲良くケーキを食べてもらった)

2人の対談(?)を無事に終えたので、それぞれの感想を聞いてみることにした。

おもしろかった!!

 

あいちゃんとこんなに長く話したことなかったんですけど、なんですかね、天才型?
自由な魅力があって、アイドルには向いてるんじゃないでしょうか?だってすでに芸歴3年ですもんね
私の年齢に並ぶまであと20年近くあるわけで…
業界に揉まれすぎないで、のびのびすこやかに育って欲しいという気持ちでいっぱいになりました(笑)

6歳という年齢でこういった場に対応できること自体があいちゃんのすごさであるし、その自由奔放さは絶対に失わないで欲しいと思わせる魅力がある。そして里咲さんの対応力には舌を巻くものがあった。曲作りの指導や、大隈さんとの急遽の対談など、自ら企画を盛り上げようと機転をきかせてくれた。里咲りさというコンテンツ力の高さがこの短い時間の中で何度も垣間見ることができた。

今回は「対談」と言える内容となったかどうかはわからないが、あいちゃんがこれから経験を重ねていき、再び里咲さんと対談ができるように成長することが楽しみである。

1年後か2年後か、もっと先かもわからないが、この2名がアイドルという世界で、この先も生き残っているだろうということはゆうに想像ができる対談であった。

 

プレゼントのお知らせ

 

今回、ぼったくり物販の講座で使用された2枚のタオルを両名の粋なはからいにより、それぞれ1名様にプレゼントさせていただけることになりました。

公式アカウント(@tikaidolmatome)のツイートをRTしてくれた人の中から、抽選でプレゼントをさせていただきます。
なお、抽選はランダムに行われ、どちらかのタオルを送付させていただきます。
 
 

告知

 

あいちゃん6さい生誕祭

 

7月23日に新宿MARZにてあいちゃんの生誕ライブがあります。
オリジナル曲である「ハイパーランドセル」も購入することができるので、ぜひチケットのお買い求めを。

 

里咲りさが期間限定でネットショップを開設

 

里咲MVつくりたい商店(期間限定開店中)

里咲りささんが期間限定でネットショップをオープンしました。MVと、宣伝プロモーション費用、ワンマンライブの制作費などの資金調達のためなので、応援したくなった方はぜひ購入を検討してみてくだい。(詳しくは本人ブログへ→いろいろな方法を考えた
 
 

The following two tabs change content below.
megaya
大学中退後にママチャリ日本一周をして、web系のベンチャーに就職。 オモコロ×デイリーポータルZが主催したおもしろ記事大賞に入選し、デイリーポータルZにて記事を書くようになる。 その他に書いた媒体として、価格.comマガジン、それどこ(楽天)、SUUMOタウンなどがある。 ブログ:megayaのブログ(http://www.megaya.net/)
ad

関連記事

  1. レポ / インタビュー

    【炎上なんてクソ食らえ】ハウプトハルモニー ラストコンサート「Danke schÖn」現場レポート

    ハウプトハルモニーは6月4日、渋谷チェルシーホテルで、ラストコンサート…

  2. レポ / インタビュー

    le biglemoi(ビグルモア) お披露目ライブ「black was born」~横井ほなみ復活…

    「みんなに恩返しの続きが出来ることを楽しみにしてきました」一呼…

  3. レポ / インタビュー

    高校の後輩の地下アイドルがフェスを主催したので行ってきた

    前置き初めましてmegayaと申します。本業はwebエンジニアです…

  4. ラストアイドル追跡企画

    実力伯仲の戦いを制した者-『ラストアイドル』第4回

    「ラストアイドル」第4回激戦だった。「ラストアイドル」第4回。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ad




ad




WEB SHOP

お問い合わせ

最近の記事

ad




  1. アイドル連載企画

    第3回 AH(嗚呼)りりかる*ことぱぉの若女将切り盛り旅館日記 ~自叙伝編~
  2. レポ / インタビュー

    キャンディzooのワンマンライブは4年間の歴史を感じて最高にエモかった
  3. 「グッバイ、アイドル」@しこりん先生

    「グッバイ、アイドル」第2話 @しこりん先生
  4. 今週のリリース曲

    8月第1週発売のアイドル曲一覧【HKT48 ももいろクローバーZ ベイビーレイズ…
  5. 今週のリリース曲

    8月第2週発売のアイドル曲一覧【アイくるガールズ 少女隊 Aither Sha☆…
PAGE TOP