インタビュー

【インタビュー】中国は広州で活動中のアイドルグループ「Argo Angels」。広州のアイドル事情など、その肉声をお届け!!

目標はワンマンライブ! 中国の代理店「星鹿互娯」発のアイドルグループ「Argo Angels」インタビュー

中国で活動しているアイドルグループで日本でも名前が知れ渡っているのは?と聞かれた場合、大半の人たちが思い浮かべるのがSNH48だろう。じゃあ他には…となると名前が出てこない。そもそも、情報が入ってこないように、知らないのが日本に於ける現状だ。
でも、実際には香港や上海辺りでは、地元をベースに深圳や広州、ときには日本や台湾などに遠征を行うなど、積極的に活動しているアイドルグループも存在している。そこは、北京周辺とは異なる事情がありそうだ。
今回、広州を拠点に活動を行っているアイドルグループのArgo Angelsと現地でコンタクト。インタヴューする機会を得ることが出来た。彼女たちがどんな想いを持って活動をしているのか、その言葉から少しでも中国のアイドル事情を知ってもらえたら幸いだ。

Argo Angels、誕生の経緯。

――まずは、Argo Angelsが誕生したきっかけから教えてください。

HANA もともとわたしは、今、Argo Angelsを手がけている会社「星鹿互娯」のスタッフとして働いていました。その会社内で「広州をベースに活動するアイドルグループを立ち上げ、広州にアイドル文化を作ろう」という話が持ち上がり、Argo Angelsのメンバー募集を行いました。そこへ、わたしも含めた第一期メンバーたちが集まり、昨年始めに誕生。なので、Argo Angelsは結成してまだ1年くらいのグループになります。


(HANA)

──みなさん、なぜアイドルを始めたのか。その理由も聞かせてください。

Yiyo わたしも、HANAと同じように「星鹿互娯」のスタッフとして働いていました。そのときに、「会社で新しくアイドルを立ち上げるから参加しないか?」と声をかけられたことから参加を決めました。実際に始めたところ、歌やダンスはもちろん、ファンの人たちとのコミュニケーションの取り方など学ぶべきことはとても多くて、日々勉強です。でも、アイドルを始めたことで、いろんな人たちにアイドル音楽の楽しさをもっと伝えたくなったし、わたしたちが努力してゆく姿を通して、見てくれる人たちに向上心を持つことの素晴らしさを伝えたいと思うようにもなりました。だから、今はとても充実した毎日を過ごしています。


(Yiyo)

Kura わたしは、普通に社会に出て働いていました。でも、アイドル結成の企画に興味を持ったことから参加を決意し、応募。今、ここにいます。
わたしはもともとダンスが好きで、いろんな大会にも参加し続けてきたように、人前で自分を演出するのは大好きなこと。Argo Angelsを通して活動を行うことで、もっと素敵なチャンスをつかめそうと思ったことも、参加した理由の一つです。実際に活動をしてみたら、ファンたちの応援してくれる力が、わたしたちのパワーにも変わっていくように、そこへ活動するうえでの魅力や楽しさをわたしは感じています。


(Kura)

HANA リーダーのハナです。先にも語ったように、もともとわたしは「星鹿互娯」所のスタッフとして働いていました。でも、アイドル計画が立ち上がったことから声をかけられたとはいえ、わたし自身ABB48さんなどが大好きなように、自分もそういう活動をしたくて志願しています。

栗子 わたしは、以前から日本のアイドル情報はチェックしていました。中でも、AKB48の渡辺麻友さんのことが大好きで、彼女にずっと憧れていました。そんなときに、今回のアイドルプロジェクトの立ち上げを知って、参加しました。
今の広州のアイドルシーンは、まだまだアイドルの数も、支持してくれるファンたちの数も限られています。でも、わたしたちは本気でアイドル活動が好きなメンバーたちです。だからこそArgo Angelsは今、広州でのアイドルシーンの発展のための土壌作りを行うために頑張っています。


(栗子)

法儿 今は、広州でもアニメやゲームの情報が多く飛び交っていることから情報は入手しやすくなっています。でも、まだまだアイドルの情報は少ないのが現状です。そんな中、わたしも、昔から日本のアイドル情報はいろいろチェックしていましたし、自分も「アイドルになって舞台の上で輝きたいなと思っていたことからArgo Angelsに参加をして、アイドルを目指しました。
わたしが、アイドルに憧れたきっかけはAKB48のメンバーの高橋みなみさんと指原莉乃さんに惚れ込んだことからでした。わたしも彼女たちのようになりたいと思ったことも、アイドルを目指したきっかけです。でも、実際にアイドルを始めたら、まだまだ頑張る必要があることを感じました。わたしたちのレベルは、有名なアイドルさんたちに比べたらぜんぜん低いです。だからこそ、もっともっと頑張らないといけないなと思っています。


(法儿)

髑月 もともとわたしの先輩の一人がArgo Angelsの第一期生のメンバーでした。その人の紹介もあって、わたしはArgo Angelsの存在を知ったし、その活動を見て、わたしもアイドルになりたいと思いました。
アイドルになったきっかけは、そこですが。一度アイドル活動を始めたら、もうこの活動を辞めたくないです。わたしはずっとアイドル活動を続けたい。だからこそ、今も頑張っています。ちなみに、わたしもAKB48の存在はアイドル活動を始める前から知ってはいました。


(髑月)

Argo Angelsは、共に成長していけるアイドルグループ。

                    
──Argo Angelsのグループ紹介もお願いします。

HANA 今のArgo Angelsの魅力を上げるなら、私たちの努力している姿を応援してくださるファンの人たちが観て、同じように努力する大切さを感じてもらえていること。何より、わたしたちとファンの人たちが一緒に成長し続けている。その「共に成長していけるアイドルグループであること」が、今はArgo Angelsの魅力になっていると思います。

──Argo Angelsとして1年間活動をしてきたことで、 広州のアイドル状況も変わりました?

HANA 広州のアイドル状況は、今もまだまだ発展中ですけど、少しずつですがファンの数も、アイドルとして活動できる環境も整えられてきているように、広州のアイドルシーンを活躍しやすくは出来ています。それでも、まだまだ知名度の面では低いように、そこをもっと広げていきたいです。

──Argo Angelsの音楽性も教えてください。

栗子 Argo Angelsとして活動を始めた頃も、今もそうですが、甘い曲調や可愛いタイプの楽曲を中心に取り揃えています。だけど今、クールな楽曲も作っているように、これからは枠にとらわれないいろんなスタイルに挑戦していこうとしています。

HANA 確かに、今のArgo Angelsには甘い曲調が似合いますけど、メンバーみんなクールなスタイルにも憧れているように、それがどうArgo Angelsの中に反映されるのか楽しみです。

──香港や上海辺りだと、日本語で歌うアイドルたちもいますけど、Argo Angelsは中国語で歌っていますよね。それは、Argo Angelsとしてのこだわりでしょうか?

HANA やはり自分たちの国の言葉で歌ったほうが似合いますし、お客さんたちにも意味や想いが伝わるように、Argo Angelsはそこにこだわりを持っています。何より、それが私たちのスタイルだと思っています。

──Argo Angelsとしては、中国でアイドル文化を作っていきたい気持ちも強いのでしょうか?

栗子 その気持ちも、決意も持っています。もちろん日本でも定期的に活動出来るのなら、そちらにも手を広げていきたいなとも思っています。


(面面)

メンバーそれぞれの個人的な目標やグループとしての夢は…。

──最後に、今後のArgo Angelsとしての野望や個人的な目標をお願いします。

髑月 個人的な目標は、踊りながら歌うレベルをもっと上げていくことです。もちろん、今も歌い踊ってはいますけど、すぐに息が切れてはあはあしてしまうので、そこのレベルを上げたいです。
Argo Angelsとしては、もっともっとファンの数を増やしたいです。そして、大きな舞台に出演できるように。早く、ワンマン公演ができるようになりたいです。
法儿 まずは、自分の歌の実力をアップ出来るように頑張りたいです。Argo Angelsとしては、ファンたちとのコミュニケーション能力をもっと上手くできるようにしたいです。

栗子 Argo Angelsとしては早く自分たちだけの公演を…ワンマンライブが出来るようになりたいです。わたしは笑顔がチャームポイントのように可愛い系のキャラクター。だから、これからもっともっと可愛らしさでファンの人たちをメロメロにしたいです。

HANA 個人的な目標は、一歩一歩確実に成長をしたいこと。Argo Angelsとしては、広州のアイドルの始まりを成すグループになって、広州のファンたちの支持をたくさん集め、その後は広東省中になど、どんどん規模を広げ、中国全土、できれば世界にまでArgo Angelsの輪を広げたいです。

Kura 個人の目標としては、もっとダンスが上手く踊れるようにと頑張ります。Argo Angelsとしては、もっともっとたくさんのファンたちをつかみたいです。あとは、テレビに出たいです。「あっ、うちの娘が出てる」と言われるまでになって、早く両親を安心させたいです。

Yiyo わたし自身の目標は、もっと歌も踊りも上手になれるように頑張ること。Argo Angelsとしては、まずは中国のいろんなテレビ番組に出られるようになりたいです。そのうえで、いろんな仕事をもらえるようになりたいです。

──ちなみにArgo Angelsとは、広州に行けば逢えるのでしょうか?

NAHA これからは香港や上海など、アイドルファンが根付いている他の地域にも足を運べば、「蛍火虫」のような大きなイベントにも積極的に出たりしていますけど、今は広州が活動の中心です。広州のライブハウスでは、2ヶ月に1回のペースで主催のライブ活動をやっています。まだまだ本数は多くないので、そこはもっと増やしていきたいです。ぜひ日本の方も、Argo Angelsを観に広州に来てください。

TEXT:長澤智典

★映像★

関連リンク

ArgoAngels
http://www.xinglufamily.com/contract.php
https://www.weibo.com/u/6468257790?is_hot=1#_loginLayer_1546493162336
GIRLS ON TOP Web
http://www.got-proj.com/

長澤智典の記事一覧ページへ
トップページへ戻る

ad

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

WB 「24 UP SIDE DOWN」

ぴこぴこ≠にゃんちゃ~「宇宙戦隊猫ファイター」

めっちゃ輝き隊!! 「DASH!!」

眉村ちあき「ぎっしり歯ぐき」

スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. プレスリリース

    話題の美少女「十味」が加入した豆腐アイドル「木村豆富店」が、神曲『杏仁キッスはゼ…
  2. プレスリリース

    アイドル界に新常識を次々書き加えているトゥラブが、またまたやらかした!!音楽シー…
  3. 特集, レポ

    アイドルかく語りき「自分のパパがあんなんじゃなくてよかった…」世界一偏差値の低い…
  4. 特集, レポ

    いじめ、枕営業、うつ病、入院…… アイドルが明かす「こんな事務所には入るな」エピ…
  5. 特集, レポ

    女子高生たちと振り返る「アイドル最前戦。」6ヶ月間の戦い ~柊木りおから大正アリ…
PAGE TOP