特集, レポ

【イベントレポ】山田孝之に届けたい24時間企画『THE BANANA MONKEYSのドキュメンタル~地獄ってどこ?~』レポート(完全版) #山田孝之に届け #ばなもん24

関連記事

THE BANANA MONKEYS 地獄の24時間ドキュメンタルレポ

田代まさしとの共演など、様々な話題を呼んできたTHE BANANA MONKEYSが、『THE BANANA MONKEYSのドキュメンタル~地獄ってどこ?~』と銘打って、「勝手に山田孝之に届ける」べく10月25日19:00~26日19:00の24時間にわたって企画イベントを行った。

告知されていたイベントのおおまかなスケジュールは以下の通り。

25日 21:00
新宿東南口『投げ銭路上ライブ 日本編』
25日 24:30
渋谷「DESEO mini with VILLAGE VANGUARD」
26日 12:00
新宿「例のプール」
26日 18:00
渋谷TSUTAY前『投げ銭路上ライブ 海外編』

イベントは色々な予想外なトラブルにも見舞われながら、メンバー、運営、その他関係者が心身ともにボロボロになりながら進んでいった。この命を削って行われたイベントは、はたして山田孝之に届くのか。その様子をチカカラが密着レポート。

19:00 配信開始

台風21号の影響による豪雨も奇跡的にピタリと止んだ19:00前。2度目の台風危機(元々このイベントは先々週に行う予定だったが、台風19号ハビギスによって中止に)を乗り越えたメンバーたちは、企画をスタートさせるべく都内某所に集まっていた。


(シュークリーム食べるTHE BANANA MONKEYSたち)

雨が止んだことにほっと安堵の表情を見せるメンバーたち。リーダーの「天下のちゃんゆき」は、この企画の説明を聞いた時には「なんで山田孝之?と思った」という。なかには、始まる前から早くもダウンしているメンバー(ほんま・かいな)の姿も。

そして19:00を迎え、24時間企画『THE BANANA MONKEYSのドキュメンタル~地獄ってどこ?~』は、まずはネット配信から始まった。山田孝之に対する印象などを朧気に語りながら、これまでに2度行ったという24時間配信を振り返っていく。(アクリル板越しに通行人とキスして炎上、寿司屋でわさび大盛りを食べるなど)

そして、配信の中盤では「山田孝之さんの山田孝之による山田孝之さんの曲」という新曲『きゅん』を初公開。しかしこの曲、あの日向坂46の『キュン』に激似……というよりも「あれ……ほぼ同じなのでは……?」と思わせられる冒頭部分からはじまっており、「はたしてこれは大丈夫なのか……」と思わず心配させられてしまう。ただ、その部分以外はTHE BANANA MONKEYSらしい可愛らしく爽やかなロックなテイストになっており、彼女たちの魅力が十二分に伝わってくる。曲は以下のツイート内で紹介されているので、ぜひ聴いてみてほしい。

そうして和気あいあいと配信を終えたメンバーたちは、路上ライブをすべく新宿へ向かう。

21:00 新宿路上ライブ

当初ライブをする予定だった場所では事情によりライブをすることが出来ず、急遽東口に移動。あのX JAPANもライブを行った、いわば“路上ライブの聖地”とも言えるアルタ前にて急遽ライブを行うこととなった。

雨上がりの寒空の下、半袖衣装で登場するメンバー一同。「THE BANANA MONKEYS」にちなんだおさるさんの動揺『アイアイ』に乗って軽快に登場するやいなや、日向坂46の『キュン』そっくりの曲『きゅん』を披露。アルタ前を熱く盛り上げる……のだが、見ているのは、なんと山田孝之のお面を被ったファンたちという異様な風景に……。


その尋常ならざる様子に、新宿に突如現れた山田孝之(のお面)軍団に、外国人旅行者やカップルも思わず足を止めて動画を撮影している。さらに、あの日向坂酷似曲『きゅん』を耳にすると「あれ?」といった様子で足を止める人も多数。まさに台風明けの秋の新宿にばなもん台風ならぬ、ばなもん旋風を巻き起こしていた。




また、急遽の場所変更にメンバーたちは緊張していたのかと思いきや、意外と「楽しかった」と明るく語った。というのも、過去に「全身バナナの格好で渋谷を練り歩いた」等の経験もあるため、それと比べればなんてことはなかったそうだ。彼女たちのメンタルはそれらの経験を経て異常なほどに鍛えられており、さながら「メンタルはすでにメジャー級」いった様子。こうしてまた一歩山田孝之への道を切り開いた(?)メンバーたちは、休むことなく渋谷に戻り深夜ライブに挑むことになる。

24:00 渋谷DESEO mini 深夜ライブ

秋の寒空の下、半袖衣装のまま渋谷→新宿→渋谷と電車で移動してきたメンバーたち。DESEO mini with VILLAGE VANGUARDでの5時間耐久ライブ&特典会に挑む。


(ハードスケジュールをこなしながらも楽屋で振り付けの確認に余念のないメンバーたち)

会場には深夜にも関わらず多くのファンたちが訪れ、フロアでは開始前から酒盛り、睡眠、マリカー大会(スマホアプリ)などが行われ、それぞれが思いのままに過ごしていた。そしてライブが開演。全16曲を特典会を挟みながら5時間にわたって行った。ライブ中もファンたちが腕立て、スクワット、リフト、サークル、ジャンプに肩組み、動画や写真の撮影などを自由に行い、メンバーたちの熱気に応じていく。


1部終了時点ではまだ元気だったメンバーたちだったが、2部が終わると「声が枯れてきました(モズク)」「まだ意外と元気です!(天下)」など、それぞれ体調の違いに変化が出始める。ライブと特典会をハイペースで繰り返すメンバーたちはほぼ休む暇もなく、楽屋ではファンたちのアップしたライブ写真などをリアルタイムでチェックして「この写真エモい」などと感想を交わす。そして、最後の3部。急遽、予定よりも曲数を増やした3部では、メンバー、ファンともに力を出し尽くす熱いライブが繰り広げられた。


こうしてDESEO mini with VILLAGE VANGUARDでの5時間耐久ライブ&特典会は終了。2部終了時点ではまだ余裕があったメンバーたちも流石に一気に疲労の色が濃く、「すでに眠さすらもない」「どうにか乗り越えられた。普段から鍛えられてる成果が出た気がした」「お風呂に入りたい」などとコメント。疲労困憊で昼のプールライブに挑むこととなる。

渋谷DESEO mini 深夜ライブ セトリ
【1部】
『きゅん』×3
【2部】
『賽は投げられた』(vre.違いで×7)
【3部】
『アイアイ』
『錨を上げて』
『ハチャメチャヒーロー』
『きゅん』
『歯磨き』
『賽は投げられた』

12:00 “例のプール”ライブ 全身水浸しで水中ミックス

深夜ライブからここまでの時間まで、メンバーたちは車中泊をしながら「寝姿晒配信」をする予定だったが、車のバッテリーが上がってしまうトラブルに見舞われて、結局配信も出来ずただ過酷な車中泊をしただけでライブに向かうことに。そして、次のライブ会場となる“例のプール”では、ファンたちが水着に着替えてメンバーたちを待ち構えて(すごくはしゃいで盛り上がって)いた。

そこに現れた疲労の抜けきっていないメンバーたち。事前にプールで遊んで完全に仕上がっているファンたちを見てのこの表情。

足場も水に濡れて滑るため、振り付けもそっと行うメンバーたちとのテンション差がすごい。


(ヲタクの飲み残した鏡月とモズク・サン)

プールの中でサークル、リフト、ケチャ、ジャンプ、水しぶきを上げる、ダイブ(飛び込み)など、自由気ままにライブを楽しむファンたち。


シンクロサークル動画。

しかし、ライブが進み足場にも慣れてくるとメンバー達も次第に笑顔に。

そしてライブが終わり、メンバーが帰ろうとした時に事件が起こる。ファンたちに手を引っ張られて、天下のちゃんゆきが衣装のままプールに引きずり込まれると、運営指示でメンバー全員がプールの中に。


そこで、運営から急遽「水中MIX」を行うと言い渡され戸惑うメンバーたち。(MIX=「タイガーファイヤー」等の口上)


(運営の提案を聞くメンバーたち)


(水中MIXの様子)

その水中MIXの動画が以下。

最後は、もはやおなじみとなった山田孝之のお面で記念撮影。

こうして終えたプールライブについての各自感想が以下。

「水中MIXが難しかったです(水口じゃぐち)」
「楽しかったです!(ダイナマイト・マリン)」
「ずっとプールに入りたくてウズウズしてたから入れてよかったです(天下のちゃんゆき)」
「孝之に届いてくれればそれでいいです(モズク・サン)」
「寒い!(ほんま・かいな)」

こうして全身ずぶ濡れになったメンバーたちは、急遽にコインランドリーに移動し、衣装を乾かしてから渋谷の路上ライブに向かうことに。


(洗濯中の衣装のポケットに入れてた5,000円札を救い出し安堵の水口じゃぐち)

18:00 渋谷練り歩きライブ in ハロウィン

渋谷に移動すると、そこでは年に一度の馬鹿騒ぎ「渋谷名物ハロウィン渋滞」が。警察が交差点の通行を取り仕切っており、完全に路上ライブをするどころではない状態に。そこでまたも急遽「路上練り歩きライブ」に変更し、物販会場までを歌いながらハロウィンの渋滞に揉まれながら移動していく。

この様子は、テレビ朝日やフジテレビに取材され、地上波でも流されたとのこと。「災い転じて福となす」を体現していくTHE BANANA MONKEYS。その行動力で確実に運を手に掴みはじめる。

19:00 特典会 with 山田孝之の誕生日を勝手に祝福

すでに何度目かもわからない「急遽(という言葉)」、押さえたレンタルスペースで物販を行うメンバーたち。24時間戦い続け、攻め続けたメンバーとファンたちは、最後に山田孝之の1週間遅れのバースデーを(勝手に)祝って終了した。

天下のちゃんゆきコメント
みなさん、24時間ついてきてくれてありがとうございました。色々と大変なことも多かったのですが、みなさんのおかげで無事に24時間終えることが出来ました。
この企画は山田孝之さんに届けることが目標だったのですが、私はファンのみんなと24時間一緒に居ることが出来たことが一番嬉しかったです。
本当にありがとうございました!

山田孝之に届いた!

こうして行った「#山田孝之に届け」な24時間企画。どうやら無事山田孝之に届いた模様。メンバーの頑張りが見事報われる結果となった。

最後に、新曲『きゅん』の歌詞(天下のちゃんゆき作詞)を一部引用して記事の締めとさせていただく。

気づけば借金まみれさ
じゃあ君に追われたいな♪
エルメスは到底買えないけれど
そうだ!歌でも贈るよ
聴いて欲しいな
へんてこな勇者なんだね
喧嘩してどんな姿になっても
君が好きだ

これからも、THE BANANA MONKEYSに夢と希望と波乱と、平和と熱狂に包まれた暖かいライブが続くことを願って。

(了。12月4日 ZeppTOKYOワンマンライブに続く)

チケット情報

今回の企画で山田孝之さんに届いたことを祝って、みなさんに感謝を伝えたいとのことで、12月4日に行われるZeppTOKYOワンマンライブのチケットを明日10月28日21:00より390円のサンキュー価格で発売するとのこと。気になる方は、THE BANANA MONKEYS公式twitterをチェック!

イベントの様子はtwitterハッシュタグ
#山田孝之に届け
#ばなもん24
で振り返ることが出来ます。

関連動画

関連リンク

THE BANANA MONKEYS 公式サイト https://www.thebananamonkeys.com/
THE BANANA MONKEYS Twitter https://twitter.com/info_banamon

関連商品

関連記事

THE BANANA MONKEYSの「山田孝之に届けたい」24時間企画、本物の山田孝之に届いてしまう 「ばなもん山田孝之に届いたのは草」「山田孝之から認知もらってるの強すぎ」

特集,レポ一覧ページへ
トップページへ

ad

コメント

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

日向坂46『こんなに好きになっちゃっていいの?』

TEAM SHACHIx長岡中越高等学校吹奏楽部『Rocket Queen feat.MCU』

Negicco『I LOVE YOUR LOVE』

MELLOW MELLOW『WANING MOON』

最高じぇねれーしょん『妄想うぇでぃんぐ 』

AH(嗚呼)『Electric Lady』













スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. ラストアイドル追跡企画

    少女たちの熱い戦いが幕を開ける-『ラストアイドル』プロジェクトが始動!
  2. ただの女の子。再生追跡レポ

    いじめ、AKB不合格、メンバーの妊娠… 今も見る悪夢を乗り越え、前に進もうとする…
  3. 話題

    全力少女R 佐藤絵里香さん、「青海駅」と「青梅駅」を間違えてライブに大遅刻してし…
  4. コラム

    音楽好きがアイドルにハマった理由
  5. コラム

    「金槌からチェーンソーまで色んな工具が使えます☆」 工具アイドル 篠咲くれはの目…
PAGE TOP