特集, レポ

【登山レポ】気温5℃、気圧659hps、酸素濃度64%、雨風吹き荒れる最悪のコンディションの中、富士山8.5合目を制覇してライブパフォーマンスを行った「D-Stage」の汗と涙の最速レポート

関連記事

7月1日山開きの日「D-Stage」8.5合目でダンスパフォーマンス達成

2019年7月1日の「山開きの日」に、ダンスボーカルユニット「D-Stage」が富士山8.5合目御来光館前にてダンスパフォーマンスを決行。高山病などのアクシデントや、メンバーが涙を流す事態を迎えることとなった今回のチャレンジ。一体どのような結果になったのか。その様子を最速でレポート。

5合目出発 生憎の天候に

登頂前日の6月30日。D-Stageメンバーたちは、東京の「中野坂上S.U.B TOKYO」でのライブを終えると、そのまま寝ずに富士山5合目に向かった。富士山5合目は生憎のくもり空だったが、雲と雲の間からご来光が見えたタイミング(4:34)で、富士山8.5合目「御来光館」を目指して登頂を開始。


しかし、登頂開始と同時に天候が悪化。激しい風が吹き荒れるという最悪のコンディションに見舞われる。だが、そんな過酷な環境のなかでも、そこはさすがアイドル。まだ登頂も始まったばかりということもあり、まだメンバーたちの顔には笑顔が見えた。

7合目 吹き荒れる雨風、濃い霧のなか進む少女たち

しかし、挑む相手は日本一のあの富士山。その険しい道程に次第にメンバーたちの顔からも笑顔は消えていく。足元を確認しながら真剣に一歩ずつ歩を進めていくメンバーたち。




途中で見舞われた大雨によって全員が濡れ鼠状態になりながらも、どうにか最初の山小屋「7合目トモエ館」に到着。体力的にはかなり厳しい道程となったはずだか、そこは普段から激しいライブで鍛えている彼女たち。この状況の中でも笑顔を見ることが出来た。

そして山小屋で登頂に関するアドバイスもらい、山小屋スタッフの応援を背に再び歩き出した彼女たち。だが、高度が上がるにしたがって強くなってくる雨や風、さらにはすぐ目の前すらも見えなくなるような濃霧に見舞われ、その道程は事前の想像をかるかに超えた過酷なものとなった。


そうして息も絶え絶えの状態でやっと到着した富士吉田口8合目「蓬莱館」。



しかし、そこでアクシデントは起こった。

8合目 HINA、Leiが高山病により無念のリタイア

蓬莱館に到着すると、メンバーのHINA、新メンバーのLeiが高山病の兆候を訴えた。「諦めたくない!」と、涙を流しながら訴えてきた彼女たち。しかし、運営判断によりHINA、Leiの2名の下山を決断。リーダーであるMIKIが「必ず2人の分まで登りきるから!」と他メンバーを奮い立たせ、登頂を再開。

そして、ようやく目標地点であった富士山8.5合目山小屋「御来光館」に到着。気温5℃、気圧659hps、酸素濃度64%という過酷な環境の中、ようやくたどり着いたこの山小屋前でパフォーマンスを行うD-Stageメンバー。当日は、崩落箇所の復旧工事による閉鎖のため山頂までの道は封鎖されていたが、このコンディションの中ここまでたどり着くことの出来たメンバーたちの顔には自信と達成感が満ち溢れていた。悪天候のため、ほかに登山者はほとんどいなかったものの、一緒に登ってきた外国人の方もダンスでパフォーマンスに参加。メンバーたちにとってもこの日のライブは生涯忘れられないものになったに違いない。








不可能と決めつけるのではなく挑戦すること

今回の富士山ダンスパフォーマンスを通して、「不可能・できないと決めつけるのではなく、挑戦するということの大切さ」を学び、挑戦したからこそ得られるものがあることを実感したメンバーたち。挑戦しなければこの経験を得ることはできなかったし、登山の過程でメンバー同士の絆や一体感も生まれることとなった。これから先、多くの辛いことや苦しいこともあるだろうが、今回成し遂げた過酷な富士登山のように、今後も不可能を可能にしていく彼女たち「D-Stage」の躍進に期待したい。



関連動画

関連リンク

D-Stage 公式サイト http://phenixx.jp/dstage
D-Stage twitter https://twitter.com/dstage1227

関連商品

レポート一覧ページへ
トップページへ

The following two tabs change content below.
ゲスト

ゲスト

こちらの記事は、ご寄稿いただいたものを掲載させていただいてます。「ライブレポ」、「ワンマンの告知」、「インタビュー」、「各種プレスリリース」など、テキストや写真、動画を送っていただければ、こちらでタグ等を整えて掲載させていただきます。オーディションや取材(レポ、インタビュー)に関するものについては別途ご相談ください。お問合わせは、timtmsogo@gmail.com からお願いします。
ad

コメント

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

鈴木愛理『Escape』

風光ル梟『淋しい熱帯魚』

DESURABBITS『Magic of Butterfly ‐seicho‐ 』

LILY&YU feat. DOUBLE AND『三日月トワイライト』

純情のアフィリア『残酷のバベル』

仮面ライダーGIRLS『Proud of You』

スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. ただの女の子。再生追跡レポ

    「ただの女の子。」から「パピプペポは難しい」へ 少女たちの夢は輝く ~メンバーの…
  2. インタビュー

    りさちゃん24さいとあいちゃん6さい 干支を超えた女と女の対談
  3. インタビュー

    【なぎさりんインタビュー】人に厳しく自分に甘い性格なCANDY GO!GO!のな…
  4. インタビュー

    絵恋ちゃんインタビュー「SNSってちょっとよくわからないんですけど、すとろべりー…
  5. コラム

    音楽好きがアイドルにハマった理由
PAGE TOP