特集, レポ

いじめ、枕営業、うつ病、入院…… アイドルが明かす「こんな事務所には入るな」エピソードを紹介 自ら命を絶ってしまう直前だったことを告白

いじめ、枕営業、うつ病、入院……。アイドルが明かす「こんな事務所には入るな」エピソード

アイドルの方から「事務所がまともなレッスンを受けさせてくれない……」「メンバーがどれだけ頑張っても特定のグループやメンバーだけが贔屓されて、この事務所では天井のある活動しかできない……」「これ以上被害者が増えないように注意喚起も含めて、記事にしていただきたいです」というDMが届きました。

このDMをもらった時、「いや……【地下】アイドルなんだから、メジャーアイドルみたいなバックアップはなくて当然なので、これで記事にするのは正直難しいだろうな……」と思っていたんですが、詳しく話を聞いてみると、想像していた以上に生々しかったので、注意喚起というよりは「地下アイドルの明かす地下運営やその周りの様子」として紹介させていただきます。

もちろんここに書かれていることが全て真実というわけではなく、事務所にプッシュしてもらえていない恨みつらみや、想像で述べている個人の意見も含まれていると思います。ただ、このアイドルさんの伝えたいことは終始「こんな事務所には入るな」に一貫しています。

以下、そのアイドルさんにした質問と、その回答を掲載。

うつ病に追い詰められたアイドルによる事務所告発インタビュー

――自己紹介をお願いします。

某地下アイドル事務所の所属タレントです。

――今回記事を依頼した理由を聞かせてください。

安易に事務所選んでしまうことによって、素材もよくて努力もしている人たちが、将来の可能性を潰されてほしくないからです。経歴は永遠に残るものなので。

意見をしても聞いてくれない運営

――具体的に問題のあったエピソードなどを教えてください。

毎日が、常に芸能界どころか一般社会の常識にすら反した、あり得ないことの連続でした。

ひとつ例を挙げると、運営が「この路線でいこう」と言ったので、それについてブランディングを練って考えて、その意見をまとめて運営に送ったのに一向に連絡がなく、入ってくる仕事はその《この路線》とは関係のない撮影会ばかり……。耐えきれなくなって自己アピールのつもりで《この路線》のイベントに行ったら「そんなイベントに行ってる意味がわからない」「そんなイベントに行って何の意味があるの?」と、とても面倒臭そうに運営に言われました。さすがに精神的に限界だったので異論を唱えたら「話し合おう、今日は休みだから無理だけど」との返事。「【運営】って一体なんなんだろう……」と、運営という言葉の意味を調べようかと思いました。

事務所に所属しているという肩書きを得られはしましたが、逆に専属契約書で縛られてしまいます。少なくとも、その事務所の活動内容の中身は空っぽです。

――事務所内でどういう部分にタレント毎の扱いの差を感じましたか?

お気に入りは社長に優遇されています。社長の口から名前の出ている子はだいたいお気に入り。お気に入り以外の子には、挨拶すらまともにすら返しません。またスタッフが少ないため若いスタッフへの負担が大きく、雑務を押し付けられたスタッフが精神的に壊れてしまい、急にイベント中に泣き出してしまうようなこともありました。

この事務所にこれ以上タレントが増えるのは精神病棟の入院患者が増えるのと同じです。実際に、私も歩行も困難なうつ状態になって入院することになりました。

うつ病、入院、命の危機へ

――入院ですか?

運営との電話のあと歩けなくなって倒れてしまい、救急車で運ばれました。記憶も曖昧なので診断書を後日いただいて初めてうつ状態と知りました。ただずっと「命を絶つ」と言っていたこと、グループを辞めてから何度も首を吊ろうと図ったこと、今思えば確かにうつ状態でした。お医者様には「即入院です。荷物も親類の方に持ってきてもらって、とにかく今すぐ自分を苦しめているもの全てから離れてください」と言われ、携帯も全て親類に預けました。

一部スタッフは親身になって話を聞いてくれたし、なかには相談に乗ってくれたけど結局事務所に耐えられず退職してしまったスタッフなんかもいたんですが、もっと上の運営からはその件に関してはずっとなんの音沙汰もありません。メンバーからもたくさん心配のメッセージをもらいましたが、上層部は隠蔽に必死で、「事務所のイメージはタレントの命より軽いんだなぁ」とひどく傷ついてしまい、入院生活も凄惨なものでした。

枕営業(噂)について

――メンバー間の扱いの差があったことについては、どのように感じていますか?

これは私も聞いた話ですが、某事務所所属ユニットが大きな会場でライブができたり、活動をスムーズに進められるのは枕営業があるからだと言われています。ただどんなやり方をしていても、事務所にお金を落としているタレントが優遇されます。キャバ嬢のように数人のいわゆる太客を繋ぎとめている子も、やり方はどうあれお金になっているから大事にされます。そういう子以外に対しては、基本的にスタッフさんは冷たいです。それは衣装のデザインにもあらわれます。人気のあるときは数種類作ってもらえたのに、不安定になった途端にスタッフが離れていきます。中にはマネージャーのいないグループもあります。いつどんなセトリや衣装でライブするか、スケジュールまで全てメンバー任せです。これでは事務所に所属している意味を一切感じられません。

――枕営業とは外部に対してですか? それとも事務所内でのもの?

外部内部どちらもだと思います。そのユニットは、メンバーやプロデューサーがイベンターと非常に距離が近いです。例えば某プロデューサーは黒髪純潔を好むので絶対そういったことはさせませんが、そのグループの一部メンバーが勝手に枕営業をしています。また、別の某グループは古くから事務所の看板であるにもかかわらず枕営業の温床でした。スタッフに対してもオタクに対しても見境なかったです。そのグループがキャリアがあるのに人気が出なかったのは、枕をする相手選びが理由なのかなと思いました。

グループ内であったいじめ

――メンバー間ではどんな雰囲気で、どういった会話がされていましたか?

悪者を1人作って、他のメンバーが徒党を組むことで表面上うまく回っていました。ただ裏ではTwitterでメンバー批判をしたり、その子とだけ写真を撮らなかったり、撮影会やチェキタイムにあることないこと言われたり……。女子特有の陰湿な……あれはまぎれもなくいじめです。できないことを1つ見つけられたら総攻撃されます。運営も内情をよく把握していないので、悪者にされた子はどんどん辞めていきました。だからそのグループは入れ替わりが激しいんです。

事務所に望むこと

――事務所にどうなってほしいですか?

マネジメント能力がない、連携が取れてない、スタッフのミスはタレントの責任、大事な現場にパンクファッションで来る、それどころか挨拶すらろくに出来ない。企業として最低限の一般常識すら備えられてません。少なくとも芸能には関わらないでほしいです。

――これからアイドルを目指す人達に一言お願いします。

事務所選びは慎重にしてください。例えば「レッスン無料!」という広告に惹かれて入った事務所が、実際にはメンバー同士でダンスを教えあっていたり、ただ歌詞を読むだけのことをボイストレーニングと呼んでいたりというところもあります。そして契約書にサインをした時点であなたはもう会社にとっての「物」です。物相手に一般社会の常識は使ってもらえません。

まずは運営の公式Twitterや、実際のメンバーのツイートを見てみて、そこに浮かび上がっている「不満」を探るのも良いかもしれません。そうしてよく見極めて、大事な将来を決めてください。もちろんどこのオーディションを受けるも受けないも個人の自由ですが、少なくとも私の事務所に来ても「売れる」という目標の点に対して描かれる線は、永久に交わることのない平行線です。

最後に

今回、「自分の名前は匿名でお願いします」とのことで、事務所名などについても伏せての掲載になっています。ただ、これはあくまでアイドルさん側からの目線なので、もちろんこれとは別に事務所側からの目線もあり、一概に今回掲載したもの全てが事実とは言い切れません。また、枕営業の話に関しては、全て伝聞でのエピソードであることをご理解ください。

ただ、このアイドルさんがいじめや運営との軋轢によって心を病んでしまい、入院するまでに追い詰められてしまったのは紛れもない事実です。今年の3月には、愛の葉Girlsの大本萌景さんが自ら命を絶つという、あってはならない事件が起こってしまいました。( http://chikaidol-matome-fire.com/topik_19/

今後、このような悲惨な事件が起こらないように、また一瞬でもアイドルになった女性たちが、少しでも「アイドルやってよかったな」と思えるような、そんな地下アイドルシーンになっていってほしいと、個人的に強く願います。

関連商品

特集ページへ戻る
トップページへ戻る

ad

コメント

    • 匿名
    • 2018年 10月 09日

    ホントにそうおもう。
    ××だけはほんとにだめ。
    ××いるけど、××オーディションをうたって、結局は研修生、または下位層。それを物語ってるのが××オーディションをしてて結果○人でやるっていってる××

    • チカカラ山本

      すみません、記事の内容が匿名なので、合ってる合ってないにかかわらず、コメントも名前などは伏せて打っていただけると助かります……。どのみちこの記事にぶら下げるコメントで実名を出してしまうと、削除依頼が来てしまうことは間違いないので……。すみません……。

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

MERUCHU「はじめての片想い



放課後プリンセス「輝夜に願いを」



DEVIL NO ID「BEAUTIFUL BEAST」



Passcode「Ex Libris Passcode」





Dolly Kiss 第二章オーディションインタビュー

社会とアイドルの表も裏も見てきた のぞみ&せいあ インタビュー!

スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. インタビュー

    「天才が努力して神になりたいと思います」地下ソロアイドルシーンに颯爽と現れた新星…
  2. インタビュー

    【西ひよりインタビュー】 「私、頭おかしいってめっちゃ言われます」 西ひよりが煌…
  3. アイドル連載企画

    正しい地下アイドルの辞め方 第1回
  4. アイドル横丁

    【絵恋ちゃんインタビュー】 絵恋ちゃんは、いかにして「アイドル横丁夏まつり!!~…
  5. 特集, レポ

    人形劇、キン肉マン、バター作り…カオスすぎる「いかすアイドル天国」は笑いと熱気で…
PAGE TOP