特集, レポ

女子高生たちと振り返る「アイドル最前戦。」6ヶ月間の戦い ~柊木りおから大正アリストクラシーまで一挙振り返り!~

アイドル最前戦。とはなんだったのか

――最後に、樽井さんにアイドル最前戦。を総括していただいてもよろしいでしょうか。
樽井 そうですね、最初に思い描いてたように進めるのは難しかったですね。
――どのへんが思ったようにならなかったでしょうか?
樽井 もっと……誰かもっと番組を通して人気が出るかなと思ってました。はっきりと「この番組でちゃんと人気が出ました」って言えるのはニコラバくらいなので。もっと色んなアイドルを世間にアピールしたかったです。


(アイドル最前戦。season1王者『ニコニコ♡LOVERS』)

――TV番組との兼ね合いの方はいかがでした?
樽井 そうですね、実際に撮影しても、いざ放送にのせるとなると予測してなかった問題が出てきたりしたのが大変でした。
――色々しがらみが多かったんですかね。
樽井 そうですね。でも、もっとみんなが気持ちよくお客さんを呼べるような仕組みを作って、イベントも番組も、もっと盛り上げたかったなという気持ちはあります。
――イベントと連動してるということで、単純にテレビ番組を作るよりも難しそうですよね。
樽井 そうですね、でもやっぱりライブアイドルの魅力ってライブが一番伝わると思うので。そこは今のとこは譲りたくないと思ってます。
――でも、最終的にはseason3の上位3組が、そのへんの意図も汲んで応えてくれたような気がします。愛夢GLTOKYO、ニコラバ、ネコプラあたりが。
樽井 そうですね! 4位の大宮アイドールくらいまでは特に頑張ってくれてたと思います!

袴風衣装が特徴的、大正アリストクラシー

――他に、上位には入らなかったけど気になったグループなどありましたか?
樽井 大正アリストクラシー
――どのへんがいいですか?
樽井 ルックスがいいですね、あと衣装がかわいい。
――みなさんは、大正アリストクラシーを見たことありますか?
一同 ないです。
――衣装で袴みたいなのを着てるんですよ。
一同 へぇー。


(袴衣装とノリのよい曲でファンを魅了する『大正アリストクラシー』)


(現在はモダンさを取り入れた新衣装で活動中)

ルックスのよいノンシュガー、Needs

樽井 やっぱり当たり前のことですけど、アイドルにとってルックスがいいことって大事ですよね。「ルックスがいいアイドル」か「頑張るアイドル」か。人気出るのはどちらかのタイプが多い気がします。だから僕はノンシュガーとかも好きですね、かわいい。


(2017年にNHK連続テレビ小説『ひよっこ』にも出演し、飛躍を果たした『ノンシュガー』奈良怜那

――そうですね、ルックスがいいとこだと、あとはNeedsとかですかね。
樽井 うん、Needsもいいよね。


(多くの美少女たちが集まる中でも、その美しさで一際目立っていた『Needs』日南理紗

女の子は顔重視ではない?

――女の子的には、アイドルのルックスってどれくらい重要視するもんですか?
ぽむ 顔……う~ん……。
ひな 顔だけではないかなぁ。
ひま うん。
いち 最終的に自分が楽しめると思ったら顔は関係ないのかな? と思いますね。ダンスがよかったりとか……。あと、ファンが暖かかったりってのが重要なのかなと思います。
――そうなんですね、たしかにみんなで楽しめる現場の雰囲気とかって重要だと思います。

超かわいいSi☆Stella

――そういえばSi☆Stellaって見たことあります?
ひな あります、あります(笑)。かわいい……!
樽井 しすてら、超かわいいですよね。
ぽむ うん、超かわいい!(笑)
樽井 Si☆Stellaってまだ幼稚園のメンバーがいるんですよ。それなのにあんなに何曲も歌って踊れるのが凄いんです。
一同 たしかに!
――しかも幼稚園生なのにトークでもバンバン前に出てきますからね。自分の幼稚園の時と比べたらほんとに信じられません……。まさに神童って感じですね。


(2018年3月25日「Si☆Stella 34th Oneman Live」より、前列中央が岡藤るる6歳。今春卒園)


(トークでも積極的に発言。たくさんのアイドルたちとファンを和ませた)

――season2では、ライブの前にトークを30分やってたんですけど、そちらの方はどうでしたか?
ひま そうですね、喋る人と喋らない人の差がすごかった印象です。
樽井 組数が多かったですからね。MCの木曽さんちゅうさんも、事前にかなり下調べをしてきてから臨んでくれてたんですけど、アイドルさん側もトークに慣れてる人と慣れてない人が入り混じってて、なかなか時間内に全員に話を振るというのは大変でした。次にやる時は、そのへんをもっと工夫していきたいですね。


インボインボharunaさんに話しかけられて笑顔のしなもん)

結成1年未満のアイドルが多数出演「若葉祭」

――3月から新たに始まった『若葉祭』は「アイドル最前戦。を踏まえての若葉祭」という立ち位置なのでしょうか?
樽井 そうですね。僕は長年イベントを手がけてるんですけど、たとえば変わったイベントやっても、それをアイドルさんたちに落とし込むのにかなり時間がかかったりするんですよ。なので、「それならいっそ、みんなが知らない結成1年未満のアイドルをいっぱい出したほうが面白いんじゃないかな」と思ってこの『若葉祭』を企画しました。
一同 へぇ~。
――具体的にどういうイベントになりそうですか?
樽井 大正アリストクラシーを見た時に「こんな面白いアイドルがいるんだ! こういう新しいアイドルをもっと紹介していけたらいいな」と思ったのがきっかけなんですよね。それで、結成1年未満のアイドルを集めてライブをやってます。一人でも多くの人に新しいグループを知ってもらいたいので、基本的に終演後一斉物販だったり、イベントの最初にトークパートを設けたりしてます。まずは、イベント自体にお客さんがついてくれたら嬉しいなと思いますね。
――なるほど、毎週火曜日にS.U.B TOKYOに来れば、新しいアイドルをいっぱい見れるということですね。
樽井 そうですね! テレビ東京で放送してたアイドル最前戦。に続き、こちらはTOKYO MXと連動してのイベントとなる予定です。
一同 へー。
樽井 あっ、そういえば君たちも、4人でグループ結成して若葉祭に出る……んだっけ?(笑)
一同 (笑)。急いでグループ結成しないと!(笑)


(最後に、9ヶ月にわたって「アイドル最前戦。」を盛り上げてきた樽井さんを、女子高生たちにケチャで讃えてもらいました)

インタビューを終えて

今回インタビューに協力してくれた彼女たちは、高校生として勉学に勤しみながらも部活動にも励み、そしてアイドルヲタク活動もしている。そんな、毎日を忙しく過ごす彼女たちの青春の1ページを彩っているのがアイドルたちだ。

現在のライブアイドルシーンというのは、主に「ヲタクがお金を積んで、スポンサーとして活動を支える」という形態によって成り立っている。ただ、それはあくまで一つの側面に過ぎない。
彼女たちのように、月々のお小遣いをやりくりしてライブに通ってるファン達だってたくさんいる。そして、もしかしたら近いうちに彼女達もアイドルとしてデビューするかもしれないのだ。

これも「女性の入場料無料」+「推しアイドルによる優待」が重なったからこそおきた現象であり、たまにSNSで目にする「金を積まないやつはファンじゃない」というような意見の中からだけでは、永久に起きなかった循環だ。樽井さんは、よくシーン全体のことを口にする。

「こうした方が面白い」
「僕はこれが面白いと思うんですよ」

いつもそんなことを言ってる。
今回のインタビューの中でも、「柊木りおさんが売れたら、こういうシーンも、もう一回活気づくんじゃないかな」と言及している。『アキバアイドルフェスティバル(AIF)』というライブアイドル界を代表するイベントを打ってシーンを支え、盛り上げてきた彼だからこそ、見えているものがあるのかも知れない。

この『アイドル最前戦。』、そして『東京アイドル戦線』を始める前に彼は「今までお世話になってきたアイドルたちへの恩返しとなるような企画、番組にしたい」というような旨を語っていた。今回インタビューで聞いた限りでは、番組放送期間中にその恩を全ては返しきれなかったのではないかという印象を受けた。

ただ、『アイドル最前戦。』の先に、『若葉祭』という新たなイベントが待ち受けている。そこにはすでにオタクネーション革命少女PROJECTSynth de La Eveに、ニコニコ♡LOVERSの妹分ユニットニコニコ♡STREETという面白く見ごたえのあるアイドルたちが多数出演し、ライブを盛り上げている。弊サイトで連載中の零ちゃん率いる爆裂女子-BURST GIRL-なんかも今後出演するかもしれない。そして、そこに今回インタビューをさせていただいた女子高生たちが名を連ねる可能性だってあるのだ。

10年代アイドルブームを支えてきたアイドル達への恩返しだった『アイドル最前戦。』。
そして、これからのアイドルシーンを作っていく『若葉祭』。
これから一体どんな新しいアイドルが、ムーブメントが、シーンが生まれてくるのか。
今から期待しかもてない。

若葉祭は、毎週火曜日に中野坂上S.U.B TOKYOで開催中。
『アイドル最前戦。』から引き続き、「女性無料」となっている。

次回若葉祭

東京アイドル戦線最終回

2018年3月29日(木) 26時35分からテレビ東京で『東京アイドル戦線』最終回が放送予定。

関連リンク

「東京アイドル戦線」公式サイト http://www.tv-tokyo.co.jp/tokyo_idol/
「東京アイドル戦線」Twitter https://twitter.com/tokyo_idol_sens
「アイドル最前戦。」公式サイト https://www.idolsaizensen.com/
「アイドル最前戦。」Twitter https://twitter.com/akibaidolfes
「若葉祭」Twitter https://twitter.com/wakabahagenki
樽井さんTwitter https://twitter.com/edogawaidol

『アイドル最前戦。season1』レポート記事

1ページ目へ
2ページ目へ

レポ/インタビュー一覧ページへ
トップページへ

ページ:
1 2

3

ad

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

MERUCHU「はじめての片想い



放課後プリンセス「輝夜に願いを」



DEVIL NO ID「BEAUTIFUL BEAST」



Passcode「Ex Libris Passcode」





Dolly Kiss 第二章オーディションインタビュー

社会とアイドルの表も裏も見てきた のぞみ&せいあ インタビュー!

スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. アイドル連載企画

    正しい地下アイドルの辞め方 第1回
  2. 特集, レポ

    人形劇、キン肉マン、バター作り…カオスすぎる「いかすアイドル天国」は笑いと熱気で…
  3. コラム

    「金槌からチェーンソーまで色んな工具が使えます☆」 工具アイドル 篠咲くれはの目…
  4. Tシャツをいろんなアイドルに着てもらう

    ダサいTシャツを可愛い子に着てもらったら、めちゃくちゃかっこよくなった (モデル…
  5. 「グッバイ、アイドル」@しこりん先生

    「グッバイ、アイドル」第1話 @しこりん先生
PAGE TOP