レポ / インタビュー

「川崎芹奈 1st ワンマンライブ 〜21歳のはじまり〜」ライブレポート

川崎芹奈 1st ワンマンライブ 〜21歳のはじまり〜

すでに「元ウルトラガールの」というよりも、最近では「ヤングスナック-芹奈-の芹奈ママ」という方がいいかもしれない。そんな川崎芹奈の初めてのワンマンライブ「川崎芹奈 1stワンマンライブ〜21歳のはじまり〜」が、11月23日に渋谷RUIDO K2で開催された。今回はそのライブの模様を、本人へのインタビューを交えてレポート。

ハプニングからのスタート

突如、会場のスクリーンにカウントダウンの映像が流れはじめた。緊張する場内。そして、カウントが終了すると同時に会場内に赤ん坊の泣き声が響き渡った。その泣き声は、川崎芹奈21歳の誕生の雄叫びなのだろうか。その声は徐々に小さくなり、次第にSEへと移り変わっていく。
すると、「うしろ〜!」の声と共に、本日の主役 川崎が、2階から駆け下りてきてステージへと登場! 1曲目の『サイボーグ』からファンを盛り上げ、『私がおばさんになっても』のカバーを川崎独特のほがらかな雰囲気満点に、さらに先日初披露されたばかりの新曲『癒しのアイテム』を立て続けにパフォーマンス。

MCでは、今回初披露された新衣装に触れて「派手にいきます」と宣言。インタビューでは「ソロの人であまり着ている人がいない『青』をメインにしました。スカートにミニエプロンが付いてて、ママをイメージしました」と語った。

また、実は登場の際にハプニングがあった事を告げる。「本来ならステージに川崎のダミーとして元ウルトラガールのともろん(麻生智世)が登場するはずでした」との事で、ここで改めてともろんを呼び込む。そして、先日誕生日を迎えた彼女に、客席のファン達と一緒に「ハッピーバースデー トゥーユー」の歌のプレゼント。

そして、「グループの時の青春と今の青春を、過去の事、今の事、これからの事を歌った曲です」と、今回初披露となる新曲『グッバイ、ブルー』を紹介。パフォーマンス中には背景のスクリーンに歌詞が流れる。間奏時には、「川崎芹奈のデビューから現在まで」の映像も映し出され、会場のファン達の感動を誘った。

滝口成美との豪華コラボ

歌い終わるとステージは暗転し、ゲストの滝口成美のSEが流れ、「My voice for you (川崎からのリクエスト曲)」、「Beatifuldays」の2曲を熱唱。

その後のMCでは、サンタの帽子を被った川崎も加わり「憧れの先輩である滝口から今着ているピンクの衣裳をもらった事」や、「滝口より自分のサイズが1つ大きいのでムチムチだ」などのエピソードを笑いながら話し、会場をあたたかな空気で包む。
「川崎&滝口といえば!」な2人のクリスマスの曲『ひとつプレゼント』が披露され、そのまま滝口の代表曲『100%以上をこえて』も2人で熱唱。川崎の楽しそうな表情が印象に残った。

ここでアコースティックセットに転換され、川崎の生まれた年に発表された『SWEET 19 BLUES』のカバー披露となる予定が……滝口とファンで「ハッピバースデー」の大合唱が巻き起こり、花束とケーキが川崎に渡されるというサプライズが。川崎は「芹澤さん(ピアノ)がイントロをよく失敗するので、また間違えたのかと思いました。皆さんありがとうございます」と驚きと感動をユーモラスに伝えた。

その後、改めて『SWEET 19 BLUES』を披露。滝口のゲストパートが終えると、「今回ピアノを弾いたのは、川崎のマネージャーの芹澤氏であること」、「先程披露された新曲の『グッバイ、ブルー』の作詞作曲を手掛けたのも芹澤氏であること」が明かされた。芹澤氏は幼少の頃よりピアノを始め、高校時代には作詞作曲を行っていたとの事。

21歳の野望

川崎と芹澤氏とのアコースティックセットでの『二人』の披露の後、客席にタンバリンを配り『イージュー★ライダー』、『日曜日よりの使者』のカバーと『流星に乗って・・・』で、ファンも参加してのライブは盛り上がりをみせる。

そして本編最後のMCでは、ファンに対する想いと、今年1年を振り返っての想いを伝えた。以下、川崎によるMCを書き起こし。

(今、会場に来てくれてる方は、私が)1月にグループを卒業し、3月からソロデビューをし、今日の大事なライブに来てくれた大事な皆さんです。グループとソロは全然違いグループ時代に応援してくれてた人が来なくなったり、興味を無くなった人も全然います。今、アイドルと呼べるのか、呼べないのか……自分でもわかっています。

グループでずっとやっていくと思っていて、グループ時代はつらいと思った事がありませんでした。でも、それは『(アイドルとしての)理想を持たずに始めたので、全てを受け入れられたから』というのが理由です。グループ時代のことは青春で、輝いている思い出として今でも心に残っています。

ソロになってからは辛いことも多いけど、やりたい事、考えていた事、理想が形になっています。スナックを開いた事、オリジナル曲のプロデュース、弾き語りでのライブ。

同級生は学校を卒業し、就職してる年代です。私もスナックに就職した気持ちでやっています。仕事だからつらいことがあるのも当たり前でそれを受け止めて大人になった20歳、いい方に変わった1年でした。21歳の目標は、自分の好きな90年代のカバーのアルバムをリリースしたい、スナックを続けたい、ソロで大きなステージに立ちたい」

そう力強く語った川崎の目は、しっかりと先を見据えているように感じられた。

20年間生きてきた、20年の今日までと明日から

本編最後に選んだ曲は、ソロになっての初めてのオリジナル曲『I’ll pray for you』。「夢を追いかけている」といった内容の歌詞が綴られたこの曲は、まさに今の川崎の気持ちそのもの。今回はピアノ伴奏のみで披露された『I’ll pray for you』。その感傷溢れる歌声とパフォーマンスは、この日一番のハイライトとなった。

ファン達による熱いアンコールに応えて再登場した川崎が披露した1曲目は、吉田拓郎の『今日までそして明日から』。「20年間生きてきた、20年の今日までと明日から、みんなの今日までと明日からに向けて歌います」と紹介し、ギター1本でを弾き語るその姿からは、切なさと懐かしさ、そしてどことなく前向きさを感じさせられた。

そして、最後に歌われた曲はこのライブの1曲目にも披露された川崎芹奈初のシングル『サイボーグ -ワンマン特別version-』。この記念すべき曲で、川崎芹奈の初のワンマンライブは幕を閉じた。
最後に「21歳もよろしくお願いします」と深々とお辞儀をした彼女の顔は、笑顔で溢れていた。

以下、終演後のインタビューを掲載。

――今日の感想をお願いします。
楽しかったです!
――スナックのママをやりながら、ワンマンライブをやるというのはどういった感じだったんでしょうか。
はい、9月からすでに構成を考えていて、頭の中では構想が固まっていたんです。でも、自分の主催ライブが立て続けにあったのとスナックが忙しくて、なかなかまとまった時間が取れなくて大変でした……。セットリストが決まってからも、細かい演出や曲のアレンジをスタッフの方に伝えて何度も試しました。オープニングの映像の赤ちゃんが泣く声なんかも、何十回もラインでやり取りして決めたんですよ!(笑)
――そうなんですね。そんな中、どうやって練習の時間を捻出してきたんでしょう。
お店でも開店前や閉店後の時間ある時を見つけて、ちょこちょこ練習してました。幸運なことに(笑)、ピアノと曲のアレンジの方がマネージャーでしたので、時間の都合が付きやすかったのと色々と注文を出しやすかったです。
――なるほど、本番の様子を教えてください。
ゲネ(ゲネプロ)1回の予定だったのですが、前日にも全員のスケジュールが合ったので、2回行わせていただきました。2回とも本番同様、11:30から開始しました。終わってみると、あっという間だったなという感じです。今の自分を出し切ったつもりなのですが、「アレが出来たんじゃないか」とか「今度はコレやりたい」とか、もう考えてます(笑)。
――駆けつけてくれたファンのみなさんに一言お願いします。
お休みの日に早い時間にもかかわらずお越し頂いた皆さん、本当にありがとうございます。どうだったでしょうか? 私は楽しかったです(笑)。
――ありがとうございます、最後に一言お願いします。
今日は本当にありがとうございます。ぜひ、普段のライブにも「ヤングスナック-芹奈-」にも遊びに来て下さいね!

と語った川崎。初めてのワンマンが終わったばかりにも関わらず、早くも次の目標に向けての姿勢を見せる、前向きなアイドル川崎芹奈の姿があった。

本人も話している通り、主催ライブやスナックでのママ業の合間での準備が大変だったことは想像に難くない。
アイドルとしての川崎芹奈……ゲストの滝口成美とのコラボや弾き語りをする川崎芹奈……背伸びせずに等身大の姿を見せる「今の川崎芹奈」の魅力が最大限に出た、バランスのよいワンマンライブだったように思う。

――ママとして、そしてアイドルとして。

ただ一人、誰も通ったことのない道を開拓し続ける川崎芹奈の未来に、幸あらんことを願う。

2017年11月23日「川崎芹奈 1stワンマンライブ 〜21歳のはじまり〜」SETLIST
OP映像
M1.SE_SERINA (ONEMAN Ver)
M2.サイボーグ
M3.私がおばさんになっても
M4.癒しのアイテム
MC
M5.グッバイ、ブルー(新曲)
M6.SE LION
M7.My voice for you 滝口成美
M8.Beautifuldays 滝口成美
MC
M9.ひとつプレゼント 滝口成美、川崎芹奈
M10.100%以上をこえて 滝口成美、川崎芹奈
M11.SWEET 19 BLUES 滝口成美、川崎芹奈
M12.二人
M13.イージュー★ライダー
M14.日曜日よりの使者
M15.流星に乗って・・・
MC
M16.I’ll pray for you(Piano ver)
EC1.今日までそして明日から
EC2.サイボーグ(ONEMAN ver)

関連記事


川﨑芹奈Twitter:@serina_kawasaki
滝口成美Twitter:@narumitakiguchi
川﨑芹奈スタッフTwitter:@Serina_STAFF
ヤングスナック-芹奈-Twitter:@ysnack_serina

レポ/インタビュー一覧ページへ
トップページへ

The following two tabs change content below.

ゲスト

こちらの記事は、ご寄稿いただいたものを掲載させていただいてます。「ライブレポ」、「ワンマンの告知」、「各種プレリリース」など、テキストや写真、動画を送っていただければ、こちらでタグ等を整えて掲載させていただきます。お問合わせは、timtmsogo@gmail.com からお願いします。
ad

関連記事

  1. レポ / インタビュー

    le biglemoi(ビグルモア) お披露目ライブ「black was born」~横井ほなみ復活…

    「みんなに恩返しの続きが出来ることを楽しみにしてきました」一呼…

  2. ラストアイドル追跡企画

    人生をかけたアイドルへの戦い-『ラストアイドル』第8回

    所属グループを卒業しての挑戦 元ライムベリーMISAKIラスト…

  3. レポ / インタビュー

    特集 TJ(トーンジュエル)「恋人と勘違いしてほしくないんです!」

    TJ(トーンジュエル)TJ(トーンジュエル)。彩瀬千聖、横…

  4. ラストアイドル追跡企画

    視聴者は戦いの「目撃者」になる-『ラストアイドル』第3回

    戦いの結末はついに最初のバトルが始まった。挑戦者として登場した…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ad




ad




WEB SHOP

お問い合わせ

最近の記事

ad




  1. 今週のリリース曲

    10月発売のアイドル曲一覧【Task have Fun モーニング娘。̵…
  2. アイドル連載企画

    第1回 AH(嗚呼)りりかる*ことぱぉの若女将切り盛り旅館日記
  3. 「グッバイ、アイドル」@しこりん先生

    「グッバイ、アイドル」第2話 @しこりん先生
  4. 「グッバイ、アイドル」@しこりん先生

    「グッバイ、アイドル」第4話 @しこりん先生
  5. レポ / インタビュー

    里咲りさZepp DiverCityワンマン直前企画 〜たったひとりのアイドルの…
PAGE TOP