プレスリリース

女性ヴォーカルユニット LiLii Kaona(リリィカオナ)、会場限定販売で好評だった 1st、2nd ミニ・アルバムから 5 曲をセレクトした配信限定ミニ・アルバム「utanoha」をリリース!

「オーガニック」+「エレクトロニカ」なLiLii Kaonaが配信限定ミニ・アルバム「utanoha」を5月8日にリリース!

女性ヴォーカルユニット LiLii Kaona(リリィカオナ)、通称「リリカオ」が会場限定販売で好評だった 1st、2nd ミニ・アルバムから 5 曲を厳選した配信限定ミニ・アルバム「utanoha」を5月8日にリリースすることが決定!
それに先立ち、同作の収録曲より「ユメガタリ」を4 月24 日から先行配信リリースすることも決定した。

2017 年より都内のライブハウスを中心に独自のジャンルとして「オーガニック」+「エレクトロニカ」=「オーガニカ」を掲げ、ライブパフォーマンスを行っている女性ヴォーカルユニット LiLii Kaona。ピアノ、ストリングなど古来の楽器を軸にアンビエントなエレクトロニカが特徴的なサウンドを J-POP に仕上げた楽曲が聴く人を魅了している。

尚、「utanoha」収録曲の一部は 5 月 10 日に青山月見ル君想フで開催される LiLii Kaona 主催イベント「Surrounded by Organica Vol.7」でも披露される予定。

収録曲解説

M1「雨音」はリリカオお披露目から歌われているミディアムナンバー。ピアノの雨粒が降
り注ぎ、優しく過去の記憶に誘う。
ぼんやり草木を眺める、庭に咲いたあの人との相傘。やがて水溜りの蒸発のように消えて
しまう。
M2「オトダマ」は複雑なピアノの木霊が絡まって弾け、四方から囁く。
やがて大きな旋律となり流れ行く。雲の中へ、海の中へ、君の夢の中へ。
左右から鳴る変拍子のピアノリズムから移り行くミニマル・テクノ的なナンバー。
M3「Cleome」は初期の楽曲の中で唯一の四つ打ちのアップナンバー。
夢の中、あなたに語りかけるキャッチーな歌詞、メロディが印象的な楽曲。
M4「砂漣」は優しいメロディが浮遊する空間を、迫力のリズムが引き連れるミディアムナ
ンバー。
浜辺に築いた砂の城、目を離した隙に、風に舞い、波にさらわれてしまう。
夏の終わり、儚い想い出を切なく綴る。
M5「ユメガタリ」は美しいピアノの旋律に切なく熱いメロディのアップナンバー。後半に
登場する四つ打ちが、貯めに貯めたグルーブを解き放つ。森やジャングルを思わせる歌詞
も、まさにオーガニカの真骨頂と言える楽曲となっている。

<リリース情報>
・配信シングル「ユメガタリ」(配信限定ミニ・アルバム「utanoha」より先行配信)
4 月 24 日(水)より各主要配信サイト、サブスクリプションサービスにて配信開始
・配信限定ミニ・アルバム「utanoha」
5 月 8 日(水)より各主要配信サイト、サブスクリプションサービスにて配信開始

<LiLii Kaona 主催イベント>
LiLii Kaona presents「Surrounded by Organica Vol.7」
・日時 2019 年 5 月 10 日(金) 開場 18:15 開演 18:40
・場所 青山 月見ル君想フ http://www.moonromantic.com/
・出演 LiLii Kaona/OBP/nuance/校庭カメラアクトレス/キャンディ zoo ナイトメア
・料金 前売:¥2,500 当日:¥3,000(※前売、当日共に別途ドリンク代+600 円)



<LiLii Kaona ライブ出演情報>
4 月 24 日(水)@DESEO mini
4 月 29 日(月・祝) @タワーレコード汐留店(※観覧無料)
5 月 4 日(土)@西多摩 おおばキャンプ村
5 月 12 日(日・昼)@大塚 Hearts+
5 月 14 日(火)@下北沢 CLUB Que
5 月 25 日(土)@柳都 SHOW!CASE!!(新潟)
※各ライブの詳細につきましては下記サイトをご確認下さい。
http://aostudio.tokyo/liliikaona/schedule/

プロフィール

LiLii Kaona(リリィカオナ)、-通称「リリカオ」-
2017 年 10 月 1 日始動の KOYUKI & YUKA からなる女性二人組ヴォーカルユニット。
「オーガニック」+「エレクトロニカ」=「オーガニカ」という新たなジャンルを掲げて
いる。プロデューサーの三嶋が全ての楽曲の詩、曲、アレンジ、トラックを制作を担当し、
メンバーの KOYUKI が全ての振り付けを担当している。
曲調はピアノ、ストリングスなど古来の楽器を軸に、エレクトロニカの要素をプラスし、
メロウ、アンビエントからアーバンソウルなどのダンスミュージックを J-POP に仕上げて
いる。
元々舞台女優として活動していた KOYUKI(中嶋こゆき)YUKA(吉原ゆうか)の「無」
の表情から生まれる雰囲気と、KOYUKI の作るコンテンポラリー要素の強い独特の世界観
でフロアを魅了している。

LiLii Kaona「雨音」「砂漣」

関連リンク

「LiLii Kaona」オフィシャル WEB サイト http://lilikao.com/
「LiLii Kaona」Twitter アカウント https://twitter.com/lilii_kaona
「LiLii Kaona」Instagram アカウント https://www.instagram.com/liliikaona_official/

プレスリリース一覧ページへ
トップページへ

The following two tabs change content below.
ゲスト

ゲスト

こちらの記事は、ご寄稿いただいたものを掲載させていただいてます。「ライブレポ」、「ワンマンの告知」、「各種プレスリリース」など、テキストや写真、動画を送っていただければ、こちらでタグ等を整えて掲載させていただきます。お問合わせは、timtmsogo@gmail.com からお願いします。
ad

コメント

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

おとといフライデー「スプリングフィーバー」



眉村ちあき「めじゃめじゃもんじゃ」



藤川千愛「ライカ」





スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. インタビュー

    「天才が努力して神になりたいと思います」地下ソロアイドルシーンに颯爽と現れた新星…
  2. 話題

    5ヶ月間もかけてオーディションを続けてきたのに、お披露目直前にメンバーに脱退され…
  3. 特集, レポ

    高校の後輩の地下アイドルがフェスを主催したので行ってきた
  4. 特集, レポ

    人生で初めてアイドルフェスに行ったら推しが出来すぎて泣いた
  5. 話題

    Nゼロから、理由が「特にない」という理由で佐々木蓮美、染谷夏帆の2人が活動辞退 …
PAGE TOP