インタビュー

【インタビュー】合い言葉は「がおーっ!!!」 イマドキギャルの集合体「Lion net girl」、1周年記念をアルバムとライブでお祝いだっ!!!

「さらなる高みを目指そう」Lion net girl インタビュー

 「イマドキの子の集合体」…字面だけを捉えると軽薄そうに思われるが、何時だって”今”という時代を華やかに彩るのは”イマドキの子”たちの感性。無邪気な好奇心こそ、何にも勝る強さと魅力を放てば、その感覚を計算高さで覆すのはなかなか難しいこと。
Lion net girlが活動を始めたのは、2018年5月16日。遡ること2ヶ月前、ソロ活動をしていた雛森りんごが、Lion net girlのプロデューサーを介してと夢咲とわと出会い、意気投合。雛森りんごが心に抱いていた「激しい音楽性をやるならソロよりもグループがいい」という想いへ賛同したことから、Lion net girlは動き出した。当初はユニットとして活動を行っていたが、「さらなる高みを目指そう」という2人の想いから、Lion net girlのライブに惚れ込んでいた猫麻さゆみを呼び入れ、2018年9月より現体制として新たにスタートを切った。
今年2月には1stワンマンライブを行い、3桁を越す動員を記録。5月16日には、活動1周年を記念し、1stアルバム『MINERVA』をリリース。同日には、彼女たちのホームグラウンドの渋谷DESEO miniを舞台に主催イベント「ライオンの祭典2019」を行えば、5月19日には渋谷Star Loungeをで2ndワンマンライブ「ライオンの独唱~31536000~」を開催する。以下に、彼女たちのインタヴューをお届けしよう。

メンバーそれぞれのキャラクター分析 そしてLion net girlの音楽性とは…

――3人ともつかみどころのないキャラクター。先に、メンバー紹介からお願い出来ますか?
猫麻 夢咲とわちゃんは明るくてしっかりしてる子で、メンバーの中では一番社会性を持ってるんだけど、気持ちにボキャブラリーがついていかないんだよね。だから「がおーっ!!」って。 
雛森 しっかりとした性格の怪獣です。とにかく、ライブではガッと行く人。
夢咲 歌の面ではしっかり支えてくれる人がいるから、ライブでは何時もテンション上がったまま自由に暴れまわってます。
猫麻 雛森りんごちゃんは、なんか困ったことがあると、すぐに「キャッ!!」と叫んでる子。
夢咲 見た目からしてフワッとしているようにフワフワ系なんです。でも、歌はバーンと一番前に出ていくタイプのように、Lion net girlの歌の大黒柱です。MCではフワーッとしてるけど、歌っているときのステージングではいつも堂々としてるもんね。そして、猫麻さゆみちゃんはメンヘラです。
猫麻 いやいや、そこは違うから(笑)。
夢咲 Lion net girlは「センチメンタル系ロックアイドル」をコンセプトに活動しているんですけど、さゆみちゃんが一番センチメンタルな部分が似合う子だなと思う。
雛森 グループの色を、ちょっと切ないほうへ持っていってくれるからね。逆に激情的な面は、とわちゃんが担当。わたしは、その中間です(笑)。
猫麻 わたし、人と話すのが苦手だから、そっちの分野は2人に任せ、後ろで静かにしています。
雛森 さゆみちゃんは、すごい気分屋さんだからね。


猫麻さゆみ

――それぞれ持ち味が異なるように、そこが上手くバランスの取れている要因になっているんでしょうね。Lion net girlは、ラウドロック/スクリーモな音楽性をベースに据えています。3人とも、そこは好きな音楽性だったわけだ。
猫麻 Lion net girlは、最初の3ヶ月ほど2人(夢咲とわ&雛森りんご)で活動をしていた中へ、わたしが加わり、今の3人編成になったんですけど。わたし自身、Lion net girlの音楽性やライブが好きで加入したように、そこに惹かれています。もちろん、王道アイドルも好きで観てるんですけど、自分がアイドルをやるなら王道ではないなと思ったこともLion net girlに入った理由です。
夢咲 わたしも、ゆるふわなアイドルも好きだけど、自分がアイドルをやるなら王道から外れた感じが似合うなと思っていたから、まさにLion net girlはピッタリでした。
雛森 わたしも、王道も、王道から外れたアイドルも両方好きなタイプ。ソロ活動をしていた頃から可愛い曲と格好いい系両方の楽曲を表現してきましたが、やっぱし格好いい系はグループのほうが良いと思ってLion net girlを始めたわけですけど。プロデューサーさんが持ってくる楽曲は、格好いいけど、どれも歌うのが難しいです。
猫麻 中には、音程さえ無い歌まであるからね。

誰もが心の中に秘めている悲しい部分を激しい音楽に乗せてワーッと出している

――改めて、メンバーの口からLion net girlのコンセプトについて語っていただけますか。
夢咲 「センチメンタルロック系アイドルグループLion net girl」をコンセプトに活動をしています。楽曲面では、「切なさは、もちろん。切なさの中に隠れている感情的な部分を爆発的に出す」ところも魅力にしています。別の言い方をすると、「誰もが心の中に秘めている悲しい部分を、激しい音楽に乗せてワーッと出して」います。おかげで、日頃からストレスは溜まってないです。ぜひ、日々ストレスを感じている人や、社会のしがらみに雁字搦めになっている人は、Lion net girlのライブに来て「がおーっ!!」と発散させてください。私たちが、そういう想いを代弁していますから。

――Lion net girlは、今年2月に1stワンマンライブを行い、しっかり成果を上げました。
夢咲 じつは、昨年も「無料チャレンジワンマン」を2回やっています。それは、正式なワンマン公演をやるための挑戦ワンマン公演だったんですけど。初めてチャレンジしたのが、まだ2人で活動していた時期だった昨年8月。そのときは、「動員が80人を越えたら、ワンマン公演を行える」ということでやったんですけど。結果は73人と少し足りなくて、チャレンジは失敗に終わりました。それが本当に悔しくってね。
雛森 そっから気持ちもいろいろ変わった感じがします。
夢咲 その後、さゆみちゃんがメンバーに加わり、今度は3人で、昨年の10月に2回目の「無料ワンマンチャレンジ」公演をやったところ、そこで80人以上を達成。それで今年の2月16日に、正式に1stワンマン公演を渋谷GARRETさんで行うことが出来ました。結果、3桁の動員を記録したんですけど。正直、あのときは通常料金でのワンマン公演だったから、本当に人が集まってくれるのかすっごく不安だった。
雛森 けど、チャレンジワンマン公演のとき以上に人が集まってくれれば、大盛り上がりだったもんね。

――短期間でファンをつかんだ魅力を、メンバーはどのように分析しています?
猫麻 自由さじゃないかな??。これは、わたしの中でのアイドルに対するイメージになりますけど。アイドルって、普通の女の子よりもちょっと外れてても許される世界だと思うんです。中でもLion net girlは、そこが他のグループさんたちよりも、良い意味でも悪い意味でも発揮されているからね。
雛森 Lion net girlには、「こうしちゃ駄目です」という縛りは何もないからね。何時だって、お客さんみんなと一緒に「楽しいことをやっていこう」というところが支持されてるのかなぁと感じてます。

みんなが一番感情をぶつけて熱々になれる楽曲『アイスクリーム(I scream)』

――5月16日には1stアルバム『MINERVA』(戦術の女神)を発売します。ここからは全曲解説をお願いします。冒頭を飾ったのが『アイスクリーム(I scream)』ですね。
雛森 『アイスクリーム(I scream)』は、Lion net girlとして一番最初に生まれた楽曲です。最初に曲をいただいたときは「こんなに激しい楽曲を歌い踊れるの?」と思えば、今でもライブでパフォーマンスをしていて、メンバーも、お客さんたちも一番疲れる曲。そのぶん一番感情をぶつけられるように、みんなが熱々になれる曲です。
夢咲 わたし、23時に「あーしにたい」って書きながら即日ツイ消ししている主人公の歌詞を歌うたびに、さゆみちゃんのことを連想してしまう。
猫麻 ツイ消しはしないけどね(笑)。でも、夜中に不安から「しにたい」気持ちになってtwitterにいろんなことを書くんだけど。朝になって起きると、生きる活力にあふれてて、夜中に「しにたい」と書いてた自分を消したくなるように、『アイスクリーム(I scream)』の歌詞はよくわかる。
夢咲 なんか、(感情の中で)「ひと爆発おきました」「なんか叫びたい」っていう歌です。


夢咲とわ

自分の人生をどうつかむのかは全部自分次第と歌った曲『WORLD END』

雛森 『WORLD END』は、りんごの歌声から始まる楽曲。「今日はあんましエンジンかかんない日だなぁ」というときでも、『WORLD END』を歌いだすと一気にエンジンがかかれば、自然とテンションも上がっていきます。みんなとハイタッチしてゆく振りのところでは一体感も作れる、楽しい曲です。
夢咲 歌詞には「失った過去たち この手の中 消せやしないジレンマ 握る手には生かしか」と書いてるように、自分の人生をどうつかむのかは全部自分次第。そういう生きることを考えさせる歌だし、うちらはLion net girlを通して、それをつかみたいです。

はここから新しい道を切り開いてく気持ちにさせてゆく歌『Indelible Emotion』

           
猫麻 メンバーが3人なって、初めて歌入れと振り入れをしたのが『Indelible Emotion』でした。
夢咲 『Indelible Emotion』が、3人編成になったLion net girlとしてのスタート曲になります。歌詞でも、「代わりなんていないんだ。此処が私の居場所」と歌っているように、ここ(Lion net girl)。かうちらの居場所だし、3人編成のLion net girlを土台に、ここから新しい道を切り開いてくという気持ちにさせてゆく歌です。
雛森 3人の気持ちを一つに、一緒に未来を目指したい気持ちへ導いてゆく歌になりました。

Lion net girlに新しい音楽の風を吹かせた『リフレイン』

夢咲 アルバムにはライブでパフォーマンスし続けてきた曲たちを入れてるんですけど。唯一、新曲として入れたのが『リフレイン』。今までのLion net girlの表情とは違う、センチメンタルポップな楽曲です。間奏部分は、相変わらずロックだけどね(笑)。Lion net girlの楽曲の中では一番リズミカルなように、これまでのような重低音ボンボンって感じじゃない、明るい雰囲気の歌です。
雛森 Lion net girlって夜が似合う楽曲が中心だけど、昼間に歩きながら聞いてもぜんぜん似合う歌だと思った。
猫麻 そうだね。Lion net girlの楽曲って、夜の雑踏の中を一人歩きながら闇の気持ちから抜け出すみたいな印象だったけど。『リフレイン』は木漏れ日の射す部屋の中、ちょっと不安だけど頑張ろうという気持ちにさせてくれるように、明るい気持ちを持ちながらも一人で想いを巡らせている歌って印象。
夢咲 これまでガンガンな曲ばかりだったぶん、フーッとひと息つける爽やかな曲になったなと思う。なんか、Lion net girlに『リフレイン』が新しい音楽の風を吹かせました。

絶望の淵に立ってるんだけど、それでもあきらめないぞ『誰がために鐘は鳴る』

夢咲 『誰がために鐘は鳴る』を歌うと、感情が一番あふれ出てくるっていうか。なんか絶望の淵に立ってるんだけど、それでも「あきらめないぞ」という気持ちを『誰がために鐘は鳴る』では歌っています。歌い出しが「ぐちゃぐちゃなキモチ」っていうのも凄くインパクトあったけど。「まだ終わってない 諦めてない そこでまってて 追いつくから」という歌詞も、胸にガーンって響いてきた。
猫麻 わたしがLion net girlのメンバーになりたいと思ったのが、二人が『誰がために鐘は鳴る』を歌っている姿を見て「格好いい」と思ったから。だから、わたしの中ではとくに思い入れの強い歌にもなりました。
雛森 わたし、何時もライブ前の声出しをするときに『誰がために鐘は鳴る』を歌っています。理由は、一番安定した高さのキーでズッと歌えるから。そこから少しずつ喉を開かせていってます。


雛森りんご

大切な人がいなくなるんだけど、その人のことが好き『Last Summer』

雛森 なんか「海」って感じがする。りんごの中では、めっちゃ清々しい青空がイメージとして広がってくから、爽やかな気持ちで何時も歌ってる。
夢咲 独りぼっちになりそうな瞬間っていうのかな。みんなどっかへいっちゃいそうで、一人取り残されてしまいそうな気持ちになって、たまに泣きそうな気分になります。
猫麻 確かに、サビはね。それ以外は、わたしも清々しい気持ちで歌ってるというか。それが家族でも友だちでも、恋人でもいいんだけど、大事な人のことを思い浮かべながら、その大切な人への想いを噛みしめる歌って感じがしてる。その大切な人がいなくなるんだけど、でも、その人のことが「好き」という気持ちをぶつけたのが『Last Summer』って気がします。

愛されることに必しな女の子の歌『Honey Syrup』

夢咲 Lion net girlの曲の中では、一番(精神的に)ダーキーな曲。悪い人って感じがする。
雛森 それ、めっちゃわかる!!『Honey Syrup』に出てくる女の子は、”悪い女”って感じがしてる。
夢咲 すっごい計算高い生き方をしてるっていうか。なんか、見てはいけないアイドルの一面を見ちゃったみたいな。だって「君に送る思わせなリプって 甘い甘い依存のデザート 一口食べて気づいて 戻れない 出口はない」だよ。この子は、そうやって相手を自分から離れられないようするすごい企みを持っている子。そこがあくどいなと思う。
雛森 歌詞の中で「bright future 選択」とも歌ってるんですけど、わたしは「明るい未来を選択するんだ」と思いながら歌ってます。
猫麻 『Honey Syrup』は、女の子の闇な部分を歌っている曲。男の子に甘えないと生きてはいけないように、そうやって愛されることにひっしな女の子の歌だなって印象。確かに、女の子って甘やかされて生きていたい生き物だけど、でも、この曲はまた違った面での女の子の闇を歌っている曲だなと自分は感じました。

明るい曲調だけどガラッと世界観が変わっていく曲『ドロップス』

雛森 『ドロップス』は明るい曲のように思えるけど、切なさ度がめっちゃ高い歌です。
猫麻 明るい曲調だけど切ないって、なんか卒業式のときの気持ちみたい。
夢咲 『ドロップス』も、とわ的には木漏れ日な感じの楽曲。だけど、間奏をきっかけにガラッと世界観が変わって、どんどん切なくなっていく。そういう気持ちの変化の物語が見える曲が『ドロップス』なんだという印象。
雛森 わたしが『ドロップス』を歌うときにイメージしているのが、オレンジの日差しが射した風景。そこには橋がかかっていて、川には桜の花びらが散っている。そんな景色を思い浮かべながら、わたしは『ドロップス』を歌っています。
猫麻 わたしも、一番と二番でガラッと変わる印象を『ドロップス』には持ってた。一番は木漏れ日が射す中で回想してゆくイメージ。それが、田舎のバス停で、小雨が降っている中、お互いちょっと気まずさを覚えながら、互いに好きな気持ちに気づいてるんだけど。あえて言わないし、その恥ずかしさを覚える空気が心地好いと互いに思っている風景。でも二番では、相手と連絡が取れなくなってしまい、「別にめちゃくちゃ寂しい気持ちじゃないけど。でも、いないとつまんないなぁ」という煮え切らない気持ちのまま、雨の中歩いてる風景でした。
夢咲 わたしも、バス停の風景わかる!!。わたしの場合、思い出のバス停を見ながら「あんな経験もあったなぁ」と思い返してるときにバスが通り過ぎるんだけど。その瞬間、思い出の人の残像が甦り、また消えてくみたいな。しかも、その人に対して「愛してよ、求めちゃダメなの?」と問いかけて終わる。その気持ちも、なんか感慨深いなぁと思って。だからこの歌、聞く人によっていろんな情景が浮かんでくる楽曲だと思う。

『深淵』に入るためのポエトリーの歌『秒針のない時計』

夢咲 『秒針のない時計』は、次に流れる『深淵』に入るためのポエトリーの歌。
猫麻 『深淵』のための導入部みたいな内容だよね。
夢咲 私たち3人の語りから、次の物語に入っていきます。これ、実際に1stワンマンのアンコールのときに、『秒針のない時計』から『深淵』に流れるという形でライブでも披露をしています。

自分の惨めさから逃げずに戦おう『深淵』

夢咲 『深淵』は、ドラクエをクリアした気持ちになれる歌。一つの困難を乗り越えた後のスーッとした気持ちを歌ってるんだけど。その中には、自分の惨めさから逃げずに戦おう、きちんと自分の気持ちと向きあおうと思わせてくれる想いも込められています。なんだろう、自分の弱さと向きあえれば、その弱さも認めたうえで、新たな冒険に進んでいけるような歌です。
猫麻 これをライブで歌うと、「みんなありがとう」という気持ちになれるように、ライブのラスト感のある歌です。
雛森 『深淵』という曲があることで、Lion net girlの音楽的な幅も一気に広がったなと思っていて。Lion net girlは強めな曲が多い中、こういう表情もLion net girlにはあるんだというのを提示できた歌になりました。

「せーの!」と言ったら、みんな「がおーっ!!!!」と言ってください

――アルバム『MINERVA』の発売日である5月16日には、渋谷DESEO miniを舞台にアルバム発売記念も兼ねた主催イベント「ライオンの祭典2019」を行います。
雛森 主催イベントをアルバムの発売日に行うだけではなく、この日がLion net girlとして活動を始めてちょうど1年目の日。イベントには、これまでお世話になったいろんなゲストアイドルさんを呼んでいるように、5月19日に行うワンマン公演の前夜祭として盛り上げて、3日後のワンマン公演に繋げたいです。
夢咲 5月19日に渋谷Star Loungeで行うワンマン公演「ライオンの独唱~31536000~」は、Lion net girlの2ndワンマンライブであり、こちらも活動一周年を記念した公演になります。この日も、Lion net girlの一つの節目であり、私たち3人にとっても大切な日。タイトルに記した「31536000」は1年間の秒数。その秒数の中、たった数秒だろうと、一瞬でもLion net girlに関わった方はみんなライブに来て欲しいです。何より、この1年間の活動をハッピーに祝いたいから、みんなを巻き込んで大騒ぎしたいなと思ってる。
猫麻 そうだね。だからこそ出来るだけ多くの人たちに、この日のワンマン公演は観て欲しい。
雛森 アルバムを出してから3日後だけど、その間にめちゃくちゃ聞き込んで予習をしたうえで、ワンマン公演に来てください。そうしたら、余計に楽しめるはず。しかもワンマン公演では、今ならまだLion net girlの楽曲をほぼ全曲楽しめるように、今の時期にしか味わえないLion net girlのライブを作っていけると思うからこそ、ワンマン公演を通して、もっともっと深くLion net girlのことを知ってください。
――ワンマン公演も楽しみにしています。最後にひと言お願い出来ますか?
夢咲 私たちがライブで「せーの!」と言ったら、みんな「がおーっ!!!!」と言ってください。

TEXT:長澤智典

★LIVE情報★

Lion net girl One-man show
「ライオンの独唱~31536000~」
日時:5月19日(日)
会場:渋谷Star lounge
時間:Open 18:00/Start 18:30
料金:前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
出演:Lion net girl

★映像★

関連リンク

Lion net girl 公式サイト https://www.lionnetgirl.info/
Lion net girl twitter https://twitter.com/lng_info
雛森りんご https://twitter.com/ringo30love
夢咲とわ https://twitter.com/tw_towa_
猫麻さゆみ https://twitter.com/ba_bu_ta_n

Lion net girl YouTube http://urx.space/9WXC
Lion net girl SOUND https://soundcloud.com/info-lngproject

長澤智典の記事一覧ページへ
トップページへ戻る

ad

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

おとといフライデー「スプリングフィーバー」



眉村ちあき「めじゃめじゃもんじゃ」



藤川千愛「ライカ」





スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. 話題

    9nine、約1年ぶりの新曲『国道サマーラブ』を配信限定リリース 「重大なお知ら…
  2. 特集, レポ

    人生で初めてアイドルフェスに行ったら推しが出来すぎて泣いた
  3. コラム

    20代、地下アイドル
  4. 特集, レポ

    ダサいTシャツを可愛い子に着てもらったら、めちゃくちゃかっこよくなった (モデル…
  5. 特集, レポ

    いじめ、枕営業、うつ病、入院…… アイドルが明かす「こんな事務所には入るな」エピ…
PAGE TOP