インタビュー

【インタビュー】「無知で最悪な状況から始まった活動ですが、みんなの応援のおかげでちょっとずつ夢を叶えてきました」《クリエイティブうたのおねえさん》こと限界ソロシンガーアイドル「松山あおい」が出来るまで 2月22日に2ndアルバム&主演アニメDVDも全国リリース!

2月22日2ndアルバム&主演アニメDVD全国リリース 奇想天外実力派アイドル「松山あおい」が出来るまで

さいたまスーパーアリーナのステージに立ち、自分で自分が主演のアニメを作って地上波で放送する一方、ライブではキューピー人形を片手で振り回し、多彩なアイデアと確かな歌唱力で観客を魅惑する、今、アイドルシーンで最も勢いのあるソロアイドルの一人松山あおい。

そんな彼女が、この度2月22日(土)に自身2枚目となるアルバム『あおい中毒⚠️絶対限界宣言』、アニメDVD『限界アニメ 松山あおい物語』を池袋サンシャインシティ噴水広場にて全国リリースする。彼女のアイドルとしてのスタートは、決して順調とは言い切れないものだった。一体そこからいかにして彼女が《クリエイティブうたのおねえさん》として様々な夢を叶えられるようになったのか、そのあたりを詳しく本人に伺ってみた。

“大ハズレ”な事務所から始まったアイドル人生

──松山あおいさんは、ここ2年で大きく業界から評価されて、さいたまスーパーアリーナのメインステージに立ったかと思いきや、逆に小規模なイベントにもご出演されています。その一方、ご自身が主演のアニメを自分で制作して地上波で放送されたりと正直活動の規模感が全くの「謎」という印象なのですが、松山さん自身は自分の今の立ち位置をどのように感じてますか?

松山 私も自分の存在が謎ですが、見てくれた方が「楽しいな」「もっと松山あおい気になる」って思ってくれたら嬉しいです。あと、大きなステージのほとんどはオーディションで出演出来ている状況です。もっと知名度と人気をつけて、ステージの大小問わず色々なところにオファーで呼ばれたいと思ってます!

──1stアルバム『物語』の頃の松山さんは、どちらかというと少しアニソンシンガー寄りの清純派ソロアイドルといった印象を受けるのですが、現在の《クリエイティブうたのおねえさん》という肩書きに変化していったのはなにかキッカケのようなものがあったのでしょうか?

松山 元々、少し歳の離れたお姉ちゃんや、お兄ちゃんの影響で、小さい頃から漫画やアニメやゲームが好きだったんです。小学校から高校の学生時代は、教室の隅で好きなアニメやゲームのキャラクターの絵を描いてたようなタイプで、人前でなにかをするというのは、恥ずかしくて出来ない性格でした。
中学生の頃に、ニコニコ動画というサイトで「歌ってみた」という動画を見て自分も投稿してみたいなと思ったんですが、当時は投稿方法がわからなかったのと機材もなかったので一人カラオケに行くようになり、昔観てたアニメの主題歌や好きなボーカロイドやゲームの曲をひたすら歌ってました。特に、こども向けアニメの主題歌を歌っている時が一番楽しかったです。

──それからどうやってアイドルに?

松山 高校生の進路を考える時期が来た時に「芸能事務所に入ればアニメやゲームの歌がいつか歌えるのかな」と思って、高校卒業後に声をかけてくれた事務所で活動することになりました。大ハズレでした。

──大ハズレ!

松山 当時は、そこが大ハズレっていうこともわからなかったんです……。事務所は、ただ理想だけを並べて実はなにもしてくれていなくて……口でだけ上手いことを言われ続けてました。
オリジナル曲も2年以上も貰えなくて「作ってもらえないなら自分で作詞作曲する」という考えに至って『15Days(いちごデイズ)』という曲を自分で作ったんです。

──最初の曲が自身の作詞作曲なんですね。さっそくクリエイティブの片鱗が。

松山 私が楽器などが出来なかっため、なかなか形にすることが出来なくて『15Days』は1年以上アカラペラで歌い続けていました。それからしばらくして、地域活性化系のユニットのお話がデモ音源(里を想えば)と共に来て「曲良い! やってみたい!」と思ったことがきっかけで、楽曲を担当していた熊本哲也さんに出会いました。

──現在のサウンドプロデュースをされている熊本さんですね。

松山 事務所関係の人は結局『15Days』の時に何にもしてくれなくて……。それを見かねた熊本さんが仕上げてくださってCDとして世に出すことが出来たんです。
『15Days』は1,000枚もプレスで作ってしまったのもあって、「沢山の方に届けるんだ!」と思い、駅前で積極的にアピール活動をする様になってから「年齢性別問わず歌を届けられる“こども向けアニメの主題歌を歌うアニソンシンガー”になりたい」と明確な夢を口に出す様になりました。

──駅前(路上)でライブをされるようになって、目標がはっきりしてきたんですね。

松山 はい、ありがたいことに駅前アピールからすっごくファンの方も増えまして、1stワンマンライブに向けて動員も3ヵ月間で3人から約80人まで増やしたんですが……当時の事務所には「この業界は何もないのが当たり前」と言われてしまい……何もしてくれなかったんです。

──えぇ……。

松山 それから1stワンマンライブ後、よくわからない“自称プロデューサー”とタッグを組んで「100万円でアルバムを作る」というプロジェクトの話が出て、ちょっとずつ話が進んでいってしまっている中で「さすがにやばい、ここにいても夢は叶わない」と思って『15Days』を仕上げてくれた熊本さんに相談をして、それで一緒にアニソンシンガーの夢を追いかけてくれるようになりました。

──熊本さんとの黄金タッグのスタートを切ったわけですね。

松山 色々と話が脱線してしまいましたが、語らずにはいられなかったです(笑)! でも、大ハズレな事務所だったからこそ自分で色々やるようになって、そして出来るようになったのが《クリエイティブうたのおねえさん》のきっかけだと思います。

──そもそも《クリエイティブうたのおねえさん》とは一体どういったものなのでしょうか……?

松山 私は何かを作ることが全体的に好きで、作詞、作曲、衣装、グッズ制作の部分を「クリエイティブ」。そして、年齢や性別関係なくたくさんのお友達に歌を届けたいという意味を込めて「うたのおねえさん」と言っています。

──作詞作曲だけでなく、衣装やグッズまでご自身で作られてるんですね。松山さんのライブでは独特な曲もさることながら、様々なギミック(アイマスクやぬいぐるみ、時には はしご落とし人形など)が登場するわけですが、これらもそのクリエイティブな部分ということでしょうか?

松山 そうですね、変な曲が増えたきっかけは、SHOWROOMというアプリで生配信をする様になってからです。コメントをただ待っていてコメントを拾うだけの配信にしたくないなと思っていて、限界食材を使った料理、ありがたい習字、アンパンマンピアノでピアノレッスン、アンパンマンドラムで生演奏、レコーディングの様子、クリエイティブの様子、10年前のフェルトを使い果たす(アイマスク)、賞味期限切れたウインナーをアイドルに見立てて悪徳プロデューサーごっこなど、他の人がしないようなことを色々やってきました。配信が盛り上がると、クリエイティブが捗ります。

──なるほど、配信がリアルな活動にフィードバックされているんですね。


(SHOWROOMチャンネル「松山あおいのあおいおいおい」)

アニソンシンガーになりたくてなれなくて自分でアニメを作っちゃいました

──2019年には、ご自身でアニメ(『限界アニメ 松山あおい物語』)を作ってテレ玉で全12回放送されました。これはかなり画期的だと思ったのですが、一体どのような経緯で放送するに至ったのでしょうか?

松山 2018年の夏のワンマンライブから、超絶な映像を担当してくれる限界VJの吉川マッハスペシャルさんと渡辺とんそくさんが手伝ってくれるようになり、映像で私の描いた絵が動いたりしてました。
私は2018年の10月10日で25歳になったのですが、ずっと25歳のうちに結果を出したいと思っていました。誕生日当日のワンマンで泣きながら「あと1年頑張らせて! 絶対にアニソンシンガーになるから!」と宣言しましたが、なれる気配はありませんでした。

──あぁ……。

松山 そしてワンマンも終わって次の動きが無くて悩んでた時期に「テレビの放送枠が買える」ということを知ったんです。そこで「そういえばワンマンライブの映像がアニメになってる!」「アニメ作れるチームが揃っている!」と気づきました。とりあえず、1話分でも枠買い取ってテレビでオリジナルアニメ流しちゃえばテレビアニメのアニソンシンガーになれると思いました。

──その発想がすごいですよね。

松山 そこでお話したら、熊本さんとマッハさんととんそくさんも「そうしよう!」と乗ってくれて、またちょうどその頃にテレ玉さんとお話出来ることになり、テレ玉さんもノリノリになってくれて「いっぱい放送した方がいい!」ということになり、12話も制作することになりました。

──松山さんが頑張ってこられたからこそ、周囲に助けてくれる人が増えていって実現したんですね。その『限界アニメ 松山あおい物語』の中では、元体操選手の池谷直樹さんが出てきたんですが、あれは本物の池谷直樹さんが声を当ててるんですか?

松山 はい、池谷直樹さん本人です。限界VJの吉川マッハスペシャルさんと渡辺とんそくさんもそうなのですが、熊本さんが『サムライロックオーケストラ』という公演に関わっていて、それがきっかけでお互いに盛り上がっていきましょうということで、出演してくれました!
あと、アニメに出てくる限界オタクは、本物のファンの方の声を収録して使用しています。セリフの足りない部分は、マッハさんととんそくさんと熊本さんの3人で補っていました。

──今回晴れて夢だったアニソンシンガーになることが出来たわけですが、松山さんが憧れていたアニソンシンガーや声優の方は誰かいらっしゃったんでしょうか?

松山 中川翔子さん! アニソンだけでなく、絵も上手くて、様々な方面で活躍されていて憧れています! あと、田村ゆかりさん! 『おとぎ銃士赤ずきん』というアニメをリアルタイムで観ていたのですが、後に主題歌と声優も担当していたことを知りました。王国民と呼ばれる熱心なファンの方が多く、長年活躍されていて尊敬しています!

「私に一生限界を宣言してね」2ndアルバム『あおい中毒⚠️絶対限界宣言』

──今回の2ndアルバム『あおい中毒⚠️絶対限界宣言』ですが、アニメから引き続きこちらにも【限界】という言葉が使われています。一体どういった内容のアルバムになっているのでしょうか?

松山 ツイッターでエゴサしたときに「松山あおいのオタク限界すぎる」的なことを書かれていて「【限界】めっちゃ良い!」と思って、そこから【限界】という言葉をやたら使うようになりました。2ndアルバムは1曲目から著作権の危ない曲から始まり、王道なかわいい曲や真面目な曲、色々収録されています。

──アルバムの1曲目『おねえさんクッキング』は、キューピー人形を片手に持って歌う「キューピー3分クッキング」調の曲です。松山さんが作詞作曲を手掛けてらっしゃいますが、一体どういうキッカケでこの曲を作ろうと思われたんでしょうか? また、歌詞に『著作権危ない、著作権危ない、音程変えれば大丈夫』という箇所があるんですが、本当に大丈夫なんでしょうか……?(笑)

松山 生配信で限界食材をよくやっつけていて、それがそのまんま歌になりました。例の曲の原曲がクラシックなので、既に著作権が切れてるので大丈夫です。

──あっ、元はクラシックなのですね……。ライブの時に、この曲の照明への要望で「マヨネーズっぽく」と書いてあって、PAさんが動揺してました。

松山 はい、みんなにマヨネーズを感じて欲しかったです。

──3曲目の『1,2,3 LOVE FOREVER♡』では「言いたいことがあるんだよ!」と松山さんの方からファンの方に訴えかける、アップテンポでノリのいい掛け合い曲となっています。おそらくこの曲はかなりの回数ライブでかけられてきた鉄板曲なのではないかと思うのですが、今回の収録に至るまでの思い出などあったら教えて下さい。

松山 『1,2,3 LOVE FOREVER♡』は、歌詞が思いつかない状態で、先に曲が出来ていました。アイドル系のライブでの【ガチ恋口上】という文化に「言いたいことがあるんだよ!」という言葉があるのですが、イントロにぴったりだったので、そこから高校生くらいの子がなかなか素直になれない要素を付け足して楽曲が仕上がりました。
ちょうどいいタイミングで、天木じゅんさんと渡辺裕太さん主演の映画『ほっぷすてっぷじゃんぷッ!』の主題歌のお話があり、曲がぴったりということで、映画の主題歌にも選んでいただきました。

──映画とタイアップすごいですね! アルバムの7曲『I mask…』では、アイマスクをつけて妖艶なパフォーマンスをされてます。このマスクは全て自作されたうえ、グッズとしても販売されてるらしいのですが、何故この妖艶な楽曲でユニークなマスクのデザインにされたんでしょうか?

松山 生配信のガチイベ中にすることがないから、流れでアイマスクを作ることになりました。デザインは限界アニメ松山あおい物語にも出てくる「限界だるま」が元になっています。アイマスクは去年のクリスマスワンマンライブで大盛況で、記念写真はみんなでアイマスクをつけました。それで、アイマスクを活用した楽曲が欲しいと思い『I mask…』ゾーンが思い浮かんでそのままアルバムにも収録されました。


松山あおいTwitterより)

──ライブではユニークなパフォーマンスが印象に残るのですが、今回のアルバムの中では『空へ。』『僕らはなぜ』『教科書にない!~秘密の言葉~』『究極♡カップリング』など、爽やかで感動的な楽曲も収録されています。これらの曲では、松山さんの非凡な歌唱力が遺憾なく発揮されているのですが、よければ歌唱についてのこだわりや普段行われているトレーニングについて教えて下さい。

松山 ボイトレを数回受けたことがありますが、音程のことしか言われなくて、なんだか求めていたものと違うと感じ、速攻でレッスンに行かなくなりました。Youtubeなどで出回っている3、4年程前の駅前アピールの歌の様子は、本当に本当に下手くそで、通りすがりの人に「下手くそ」と言われたことも何度もあります。「聴いて欲しい」「笑顔になって欲しい」と思いを強く込めて歌う様になってたから、歌い方が自然に変わり、聴いてくれる方が増えました。上手いにも色々あると思いますが、昔に比べて人に伝わる歌が歌える様になったと思うし、まだまだ成長すると思っています。

──その強い気持ちが、ファンの方の心を揺さぶる原動力となっているんですね。今回のアルバムの表題曲にもなっている『あおい中毒⚠️絶対限界宣言』には、「L・O・V・E! LOVELY\AOI/」というコール部分が歌詞として入っています。どんな曲になっていますか?

松山 『あおい中毒⚠️絶対限界宣言』は、増えつつある松山あおい中毒者に向けた曲で、「私に一生限界を宣言してね」という深いメッセージが込められています。

無知で最悪な状況から始まった活動、でもみんなのおかげで夢が叶ってきた

──最後に、今回リリースする『限界アニメ 松山あおい物語』DVD、2ndアルバム『あおい中毒⚠️絶対限界宣言』のリリースイベントについて一言お願いします。

松山 2ndアルバムと限界アニメDVDは、2020年2月22日に行われる『iPop Fes Voi.85』というイベントを通して、池袋サンシャインシティ噴水広場から全国発売もします! ちょうど1年前の2019年2月22日に、初めてHMV&BOOKS SHIBUYAさんでインストアイベントをやらせていただき、みんなが頑張って来てくれたおかげで、そこから色々なCD屋さんでイベントが出来るようになりました。池袋サンシャインシティ噴水広場は昔から知ってたし、歌の活動をしてから目標のステージです!観覧も無料なので、最近知った方もぜひ遊びに来て欲しいです。もし間に合わなくても、そのあと新星堂サンシャインシティアルタ店様にて、たっぷり単独イベントもあります!

──噴水広場! すごいですね!

松山 無知で最悪な状況から始まった活動ですが、みんなの応援のおかげでちょっとずつちゃんと色々な夢を叶えてきました。サンシャインシティ噴水広場で、単独でイベントができるほどになるという新しい夢も出来ました! まだまだ色々な夢をみんなと叶えていきたい! よろしくお願いします!

リリースイベント情報

『iPop Fes Voi.85』
場所:池袋サンシャインシティ噴水広場
日程:2月22日(土)
時間:11:00~(観覧フリー)
【出演】
1部 松山あおい/オモテカホ/アンソフィ
2部 ラルムーン/ハープスター/キミノマワリ。
3部 あっとせぶんてぃーん/BenjaminJasmine/マジカル・パンチライン

関連動画

関連リンク

松山あおい 公式サイト https://aoi-15days.com/
松山あおい Twitter https://twitter.com/aoi_15candy
松山あおい告知用 Twitter https://twitter.com/15gumin
松山あおい youtubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCU1SKINOqn5EMqxF_8Z0MtQ
松山あおい SHOWROOM https://www.showroom-live.com/aj_aoi

関連商品

関連記事

特集、レポ一覧ページへ
トップページへ

ad

コメント

スポンサーちゃん①




WEB SHOP

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. コラム

    音楽好きがアイドルにハマった理由
  2. アイドルのいるお店

    「中野ロープウェイ」になぜ地下アイドルは毎日遊びに行くのか? 店主のイトウさんが…
  3. 特集, レポ

    アイドル初心者の私が話題の美少女ユニット『Task have Fun』のライブを…
  4. インタビュー

    絵恋ちゃんインタビュー「SNSってちょっとよくわからないんですけど、すとろべりー…
  5. コラム

    20代、地下アイドル
PAGE TOP