インタビュー

【なぎさりんインタビュー】人に厳しく自分に甘い性格なCANDY GO!GO!のなぎさりん、ガールズバンドフェス「TOKYO Girls Band Festival 2018」について熱く語る!!

世界のなぎさりん独占インタビュー、ガールズバンドフェス「TOKYO Girls Band Festival 2018」について熱く語る!!

 主催イベント「Hotty & Rhythm」を数多く手がけているガールズバンドのRisky Melodyと、アイドロックを掲げ、アーティスト/アイドルの垣根を壊した活動を続けているCANDY GO!GO!。それぞれのリーダーであり、同じ志を持つ同志であるALICE(Risky Melody)となぎさりん(CANDY GO!GO!)が、今年に入り、何やら不穏な動きを続けていた。その理由が、ついに明かされた。
2人が企んでいた??のが、「東京でガールズアーティストたちを集めた大型フェスティバル」の開催だった。このたび発表になったのが、8月25日(土)と26日(日)に所沢航空公園野外ステージを舞台に行われる「TOKYO Girls Band Festival 2018」。このイベントについて、なぎさりんが熱い想いを語ってくれた。

相手がバンドだろうと、アイドルだろうが、最高を出し切るのみ。

――CANDY GO!GO!は、8月25日-26日に所沢航空公園野外ステージで行われるガールズアーティストが集結したフェスティバル「TOKYO Girls Band Festival 2018」へ出演します。主催者であるRisky MelodyのALICEさんとは、普段から懇意にしている関係ですよね。
 Risky Melodyとは、だいぶ前からイベントで共演はしていたんですけど、話しかけるには恐れ多くて、挨拶を交わしながらも、最初の頃はなかなか話すきっかけをつかめずにいたところ、わたしの仲良しが小学生のときに同じ学校の友達だったことが判明、それを話の題材に会話をしたら「こんなにも熱い人はなかなかいない」ことから、いきなり意気投合しちゃって。そのあとに、一度一緒にランチを食べに行ったんですね。そこで会話をしたときも、わたしと考え方が似てるというか、わたし以上の熱い人だとわかり、さらに仲が深まりました。おかげで、今も仲良くしています。

――CANDY GO!GO!が主催するイベント「NEXT-GIRLS ONE!」へRisky Melodyさんが出演すれば、Risky MelodyのALICEさんが定期開催中のイベント「Hotty & Rhythm」にもCANDY GO!GO!が何度も出演してと、お互いの主催イベントにも出演しあう関係ですからね。
 お互いに求めあっています(笑)。ALICEさんとは会うたびに「何か一緒に大きなことをやれたらいいよね」という話をしてるんですけど。そうしたら今回、Risky Melodyさんが企画した「TOKYO Girls Band Festival 2018」へ誘われれば、CANDY GO!GO!の運営もイベント制作で協力しているようにめちゃめちゃ高まってます。CANDY GO!GO!は、26日にTSUTAYA O-Crestでワンマン公演を控えていることから25日の参加のみにはなるんですけど。数多くのガールズバンドたちの中へ、しかも今回はバックバンド付きではなく、あえてオケスタイルで乗り込むようにプレッシャーもありますが、楽しくやりたいなと思っています。

――出演バンドも、ライブハウスシーンで注目を集めている面々が多く登場しますからね。
わたし達だって名前を知ってる方々も多ければ、CANDY GO!GO!として一緒に共演した経験のあるバンドさんも多く出演しています。アイドルが好きな方の場合、一度観た印象やインパクトを通して「このグループやこの子がいいな」とファンになってくれる確率って高いんですけど。ガールズバンドファンの方って、何度かライブを観たうえでようやくファンになってくれるように、まずは信頼関係をしっかり作らないと心を動かしてくれないんですね。だからこそ25日のライブでは、観た人たちの心をしっかりとつかんでやる意識を持って向かいます。

――CANDY GO!GO!はバンドイベントへの出演も数多く経験しています。すでに、バンドファンのハートのつかみ方もわかっているんじゃないですか?
これはバンドライブにも、アイドルライブにも共通して言えることですが、自分たちが本気で楽しんでいれば、その熱はお客さんたちにも伝わり、一緒に本気で楽しんでくれるように、その姿勢はどのライブでも心がけていることです。とくに最近強く感じているのが、アイドル系のイベントで高い熱量を持って挑んだときのお客さんの熱い反応についてなんです。
最近、バックバンド付きのライブを多くこなすようになったせいか、オケのライブでも、バンド編成のときと同じ熱量を持ってライブへ挑んでるんですけど。その熱気が、いわゆるアイドルライブの熱量として捉えた場合、ものすごく高いらしいんですね。だから、ライブ後にtwitterでエゴサーチをすると、「CANDY GO!GO!のライブ、めちゃくちゃ熱いんだけど」ということをよく書かれてるんです。それが今のCANDY GO!GO!のライブの魅力であり、武器なんだろうなともわたし達は受け止めています。

――今のCANDY GO!GO!は、相手が誰だろうと「自分たちは自分たち」という姿勢だからなぁ。
相手がバンドだろうと、アイドルだろうが、最高を出し切るのみです。

毎回のライブごとに「前回を超えるライブを」「毎回、最高を更新し続ける」意識で向かってる

――25日は、「TOKYO Girls Band Festival 2018」の野外イベントへ出演します。26日にCANDY GO!GO!は、TSUTAYA O-Crestで今年2回目となるワンマン公演を行ないます。
4月8日に、シングル『HONEY TRAP』の発売も兼ねたワンマン公演を、CANDY GO!GO!が主催イベントを行っているTSUTAYA O-NESTで演ったんですけど。あの日のワンマンがめちゃめちゃ良すぎました。twitterでエゴサーチをしても、お客さんたちの満足度も良すぎる反応ばかりだったんですね。だからこそ、「それを超えなきゃ」と自分たちでもハードルを上げてるんですけど。でもCANDY GO!GO!自体が、毎回のライブごとに「前回を超えるライブを」「毎回、最高を更新し続ける」意識で向かっているように、この日に向けての一本一本のライブはもちろん、TSUTAYA O-Crestでのワンマン公演も、今のCANDY GO!GO!の超えるステージを見せますから。

――今年のCANDY GO!GO!は、ワンマン公演と主催イベントを定期的に行っています。
 主催イベントの「NEXT-GIRLS ONE!」は、今年より、毎月最終月曜日にTSUTAYA O-NESTを舞台にガールズバンドやアイドルたちをゲストに迎えながら、CANDY GO!GO!も生バンドを従えて行っています。昨年までの定期公演では、一時期の勢いが衰え、CANDY GO!GO!の動員が30人にも満たないような大変だった頃もありましたけど。最近では、主催公演のたびにCANDY GO!GO!だけで100人前後の人たちが来てくれるようにまで持ち直しました。その勢いを、すべては今年12月25日にTSUTAYA O-WESTで行うワンマン公演へ繋げていきたいんです。そのために今年は、TSUTAYA O-NESTでのワンマン公演を満員にした勢いを加速させるように、TSUTAYA O-Crestワンマンへその勢いを繋げ、今年最後を飾るTSUTAYA O-WESTのワンマン公演もSOLD OUTにまで持っていきたいなと思っています。

――改めて、「TOKYO Girls Band Festival 2018」へ出演するに当たっての意気込みと、このイベント自体の見どころをお願いします。
今回の舞台は広い野外ステージ。CANDY GO!GO!は広い舞台ほどステージンクが映えるんですね。だからこそ、広い会場で全力を出し切るCANDY GO!GO!の姿を観て欲しいなと思います。25日のライブはオケスタイルですが、気持ちはロックで勝負をしていけば、オケのライブでインパクトを与えられたら逆に目立てると思うから、そこを魅力にしていきます。
「TOKYO Girls Band Festival 2018」というイベントに関してですが、わたし、人に厳しく自分に甘い性格なんですけど。そんなわたしが観ても格好いいなと思えるバンドさんたちばかりが出ます。どのバンドさんも、お客さんを楽しませることを第一に考えているように、ライブを観てるとめちゃくちゃ楽しく幸せな気分を味わえるはずです。何より、これからのガールズシーンを担うバンドさんたちばかりを濃縮したフェスのように、「こんなにも格好いいバンドがいたんだ」といろいろ発見してください。あっ、「NEXT-GIRLS ONE!」にも格好いいガールズバンドさんやアイドルたちも出演してるので、こちらもぜひ注目してください。

TEXT:長澤智典

★INFORMATION★
「TOKYO Girls Band Festival 2018」
8/25(土)、26(日)
所沢航空公園野外ステージ
OPEN/START 11:30/12:20
ADV/DOOR 3,500円/4,000円

【第一弾出演アーティスト】
Risky Melody
CANDY GO! GO!
凸凹凸凹-ルリロリ-
FUN RUMOR STORY
FullMooN
Quintet Queen Quest
HONEYBEE
Goofy Amanda

関連リンク

「TOKYO Girls Band Festival 2018 twitter https://twitter.com/tgbf2018
CANDY GO!GO! Web http://one2one-agency.com/
CANDY GO!GO! twitter https://twitter.com/onecandygogo
なぎさりん twitter https://twitter.com/Rin_rorigao

関連記事

長澤智典ライティング記事一覧
レポ、インタビュー一覧ページへ
トップページへ

ad

コメント

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

MERUCHU「はじめての片想い



放課後プリンセス「輝夜に願いを」



DEVIL NO ID「BEAUTIFUL BEAST」



Passcode「Ex Libris Passcode」





Dolly Kiss 第二章オーディションインタビュー

社会とアイドルの表も裏も見てきた のぞみ&せいあ インタビュー!

スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. 特集, レポ

    女子高生たちと振り返る「アイドル最前戦。」6ヶ月間の戦い ~柊木りおから大正アリ…
  2. ラストアイドル追跡企画

    アイドルの遺伝子を受け継ぐ者たち-『ラストアイドル』第15回
  3. アイドル横丁

    【絵恋ちゃんインタビュー】 絵恋ちゃんは、いかにして「アイドル横丁夏まつり!!~…
  4. インタビュー

    【なぎさりんインタビュー】人に厳しく自分に甘い性格なCANDY GO!GO!のな…
  5. 話題

    新生PiiiiiiiNがメンバー1人目を発表 元「Teamくれれっ娘!」の美少女…
PAGE TOP