TIF2018 アザレコLIVE 追跡レポ

TIF2018への道!「アザーレコメンドLIVE」SHOWROOM審査始まる 【アザレコ追跡レポ 第1回】

関連記事

『アザーレコメンドLIVE』SHOWROOM審査開始 「どうなっていくかわからないものを見届けるワクワク感」

アイドルの楽しみ方のひとつに、「どうなっていくかわからないものを見届ける」というのがある。
当然、プロジェクトが始まった時、多くのアイドルは、コンセプトやターゲット、方向性などを考慮しているわけだが、必ずしも狙い通りに進んでいくとは限らない。

突飛な設定(◯◯星から来た)や、今までになかった方向性(女性をターゲットにした男装アイドルなど)を聞いた時、それが当たるかどうかよりも、「面白そうだから、どうなるか注目しておこう」という興味が先に立つのである。

その意味で、今回始まった「アザーレコメンドLIVE」(以下「アザレコ」)は、どんな逸材が飛び出してくるかわからないようなワクワク感を感じる。ぜひ「見届けたい」案件といえるだろう。

アザーレコメンドLIVE(アザレコ)とは

SHOWROOMを使ったアイドルのトーナメントは、それほど目新しいものではない。しかし、今回はその目的が、「TOKYO IDOL FESTIVAL 2018」(以下「TIF」)の出演権ということ、そして、先行して発表された条件が、

■ 配信内容、配信頻度、獲得ポイント数を加味
■ 『TIF』についての、あいうえお作文、大喜利、替え歌を披露する

という2点にとどまり、詳細な内容および表現方法は、各グループに委ねられていることなどから、かなり自由度が高いと思われる。

TIFという国内最大のアイドルフェスとあって、各陣営とも工夫をこらしてくると思われるし、普段行っているライプパフォーマンスとはまた違ったキャラクターを見ることができるだろう。




配信回数の「cana÷biss」、企画で勝負「HAMIDASYSTEM」

そんな期待感の中、配信審査開始の5月21日、18:00を迎えた。
先陣を切ったのは、新潟を中心に活動するアイドルユニット「cana÷biss(かなびす)」。メンバーの桐亜ありすありさの3人が登場し、まずは自己紹介と、今回の配信にかける意気込みなどを語る。
彼女たちは、「配信の回数で勝負する」とし、毎日3時間(1日3時間までと決められているとのこと)配信することを宣言。今日だけでも、3回の配信をするとのことであった。

審査TIME(審査員がアバターとして参加する時間)になって、配信したのは、富士宮のローカルアイドル、「3776(みななろ)」の井出ちよの。
得意のループ音楽をBGMに、軽快なトークを繰り広げる。高校2年生の17才とまだまだ若いが、一人しゃべりも慣れた様子。途中、音声が出なくなるトラブルに見舞われると、ダンスやジェスチャーでアピールするなど、機転のきいた一面を見ることもできた。

続いては、九州のローカルアイドル「LinQ」のメンバーとして、TIF出演経験もある伊藤麻希。現在は主に女子プロレスラーとして活動しているが、練習で痛めたのか、配信中も「首が痛い」とボヤキ続ける。一見、やる気がなさそうに見えるものの、そこは昔からニコ生やLINE LIVEなどを頻繁に配信していた彼女のこと、ひとつのキャラ作りではないかと思われる。そして、今回の配信で、お題となっていた「大喜利」をやったのも、彼女ぐらいであった。ああ見えて意外と真面目なのである。

19:30に、メンバー全員で配信開始したのは、昨年結成された5人組、「あそびダンジョン」。こちらは、メンバーのトーク自体は安定しているものの、配信の画像がスムーズに行かない。設定を変えたり、スマホを使ってみたりと試行錯誤していた。このあたりも、回数をこなせば安定してくると思われる。

個人での配信となったのは、「みんなで青春しませんか?」がコンセプトの「tip Toe.(ティップトウ)」。19時からは日野あみ、21時からは椋本真叶が担当。事前にTwitterで、ファンからやってもらいたいことを募集し、それをクジにして引きながら進めていくという趣向。個人の魅力を掘り下げていくという観点で面白かった。

20時からは、2016年結成の4人組「HAMIDASYSTEM」。なんと、現在行われているボイストレーニングをそのまま配信するという手法をとった。楽曲派ど真ん中のHAMIDASYSTEMの楽曲とメンバーの生の歌声が堪能できる配信は、ファンにとってはまさに至極。個人個人のキャラは見えにくいが、なかなか普段見ることのできないシーンが配信されるということで、今後彼女たちの人気はより高まっていくかもしれない。

各陣営の状況が見えてきた21時過ぎ、「会心ノ一撃」の配信が始まる。こちらは、「tip Toe.」同様に個人での配信となる。トップバッターは、昨年10月に加入した新メンバー操神莉乃(あやがみりの)。自宅からの配信で、見ている者に話しかけるようなスタイルは、まるで、好きな子とテレビ電話をしているような感覚におちいり、ついつい見入ってしまった。

そして22時、衝撃的な配信が始まった。仕掛けたのは眉村ちあき。自身で曲作りを手がける、シンガーソングライターだが、その個性的なキャラクターと言動で、審査員の吉田豪はじめ、多くのアイドルファンから注目を集める存在だ。最初に画面に映し出されたのは、自宅と思しき階段と、ピロピロ笛。何が始まるのかと思っていたら、紙で作った人形による不倫劇だった。
さすがはクリエイター、事前に脚本も書いて準備していたというが、初日の放送では本人が一切顔を出さないという荒業を繰り出し、見ている者に大きなインパクトを残した。

以上、審査初日の配信状況を振り返った。
審査員のアバターは、それぞれ本人の特徴を模したものが作られているが、人数が多いと見分けるのが難しいかもしれない。初日については3776と眉村ちあきに吉田豪の名前が見られた。アバターを確認しながら、どの審査員が誰の配信を覗いているかチェックするのも面白いだろう。

今後配信される、「うさぎのみみっく!!」は、何といっても若さが売り。一方、「SAKA-SAMA」は、今日になってメンバーの猫田えねが脱退するとの発表があったばかり。1日目終わって現在22日14:00時点での配信内ポイント数(リスナーによるアイテム数)1位は、あそびダンジョン。今後、残りのグループが如何様な策を打ち、状況を変えていくのか楽しみである。

最後に

初日の配信を見て、各アイドルがいろいろと工夫を凝らして、ファンの獲得、TIF出演を目指している様を感じることができた。最初に書いたように「面白そうな何かが始まっている」ことは間違いない。
1週間という限られた期間であっても、日々変化を続け、成長していくのがアイドルなのだ。
ライブとは違い、全国どこにいても、それを見届けることができるのである。新たなアイドルを見つけるためにも、今回の動きは注目である。

関連動画

各出演者配信ルーム

あそびダンジョン
https://www.showroom-live.com/asobidungeon
伊藤麻希
https://www.showroom-live.com/makiitoh
うさぎのみみっく!!
https://www.showroom-live.com/usaginomimic
会心ノ一撃
https://www.showroom-live.com/kaishin
cana÷biss
https://www.showroom-live.com/canabiss0226
SAKA-SAMA
https://www.showroom-live.com/sakasama
tip Toe.
https://www.showroom-live.com/tipToe
HAMIDASYSTEM
https://www.showroom-live.com/hmds_dashi
眉村ちあき
https://www.showroom-live.com/chicaaaaaaaaaan
3776
https://www.showroom-live.com/minanaro3776

関連リンク

TIF2018 公式サイト http://www.idolfes.com/2018/index.html
アザーレコメンドLIVE特設ページ http://www.idolfes.com/2018/otherrecommend/
SHOWROOMイベントページ https://www.showroom-live.com/event/tif2018_recommend
TIP&TIF 公式 Twitter https://twitter.com/TIP_TIF_staff

関連商品

アザレコ追跡レポ

プレヤードさん記事一覧
TIF2018 アザーレコメンドLIVE関連ページへ
特集ページ一覧へ
トップページへ戻る

The following two tabs change content below.
プレヤード
おたぽる(サイゾー)や、ガジェット通信などへの寄稿を中心に活躍する、アイドル&美少女系ライター。 アイドルを追いかけてはや○○年。ここまで来たら生涯を捧げる覚悟です(^^; ameblo.jp/pleiad1002/
ad

コメント

スポンサーちゃん①




スポンサーちゃん②




最近発売のオススメ曲

Candye♡Syrup「WHITE RUSSIAN」

WEB SHOP

今、再評価されつつある「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ




感動すると各所で話題。「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。各推しアイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。再生追跡レポ最新動画

「私たち、名無しさん。(ex-ただの女の子。)」、渋谷でフリーケツバット ~ただの女の子。再生までの追跡レポ⑩~

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. 話題

    元campus大空美月が、美少女軍団「2o Love to Sweet Bull…
  2. コラム

    音楽好きがアイドルにハマった理由
  3. スナックみなみのお悩み相談室

    アイドルとお酒を飲みながらマンツーマンでお話できるイベント「みなみ酒」に潜入して…
  4. 話題

    トゥラブがTIFの裏で、ZEPP 東京を貸し切って「2o Love to Swe…
  5. 話題

    Nゼロから、理由が「特にない」という理由で佐々木蓮美、染谷夏帆の2人が活動辞退 …
PAGE TOP