インタビュー

【インタビュー】ももクロヲタクがアイドルに挑戦して何を得られたか オタクネーション、2/17渋谷cycloneでの最後の研究活動について語る

「ただのドルヲタがアイドルを始めたらどこまでいけるかという自由研究」オタクネーション最後の挑戦

「オタクネーション」というアイドルがいる。その名前の通りアイドルオタクがアイドルになってみたというアイドルグループ(現在の所属は汐垣飛鳥の1名)だ。「ただのドルヲタがアイドルを始めたらどこまでいけるかという自由研究」をテーマに掲げ、これまで活動してきた彼女。ただ、普通のコピーユニットなどではなく、ただごとではない運動量でステージやフロアを走り回り、ライブ中には側宙も飛び出すオタクネーションのライブは、まさに初期のももクロを彷彿とさせる熱さがある。


(オタクネーション1stワンマンより)

そんな彼女が2月17日の渋谷cycloneでのワンマンライブをもって研究活動修了(活動終了)するという。そこで、オタクネーションに文書にてインタビューを決行。アイドルヲタクはアイドル活動を通して何を見て、何を得たのか。




オタクネーションインタビュー

――自己紹介をお願いします。
「ただのドルヲタがアイドルを始めたらどこまでいけるかという自由研究」というコンセプトのもと活動しております、オタクネーションの汐垣飛鳥です! 21歳のふたご座、4人兄弟の2番目です! 最近の趣味はハーブティー集めです! 宜しくお願いします!!

元々はももクロのヲタクだった

――オタクネーションさんは、元々ももクロのヲタクだったと聞きました。それがどうしてアイドルをすることになったんでしょう?
「そんなアイドル詳しいならプロデュースしなよ」って言われたことがきっかけです! ほんと勢いです。最初はそんなの無理だよって思ってたけど、仲良い友人がアイドルをセルフでプロデュースしてたから、「私もできるかな!」って、思いつきですべて始めました! オタクネーションっていうグループ名も面白さと覚えやすさだけで決めました。今になった思えば何もかも勢いです(笑)。

――そうなんですね、今でもももクロのライブには行かれてるんですか?
もちろんです! 全身赤で応援しに行っています!


(オタクネーション1stワンマンより)

――ファンの方たちもやっぱりももクロのヲタクが多いのでしょうか?
何故か多いですね〜。前回のワンマンも6割はモノノフ(ももクロのファンの総称)だったのではないかと思います。しかも夏菜子ちゃん推しが多いです! みんな推しが同じです(笑)。

――そのヲタクだったオタクネーションさん、実際にアイドルになってみてどうでしたか?
すごくやりがいを感じています! 毎回限界を超えて活動することがなんだか部活の青春のような、楽しさと新鮮さがありましたね! アイドルってすごいですよ!


(オタクネーション1stワンマンより)

研究活動修了「身体が頑張りたい気持ちに追いつかなくなった」

――それがなぜ研究活動修了することに?
一応辞める時には「アイドルが好きで研究を始めたものの、いざアイドル活動を始めたらアイドルの裏の顔や、運営の闇を知りアイドルに対する研究意欲が無くなってしまったため、2019年2月17日のワンマンライブを持ちましてオタクネーションは研究活動を終了致します」だなんて言って、辞めましたが実際は精神的に活動できる状態になくなってしまったためです。よく、身体が頑張りたい気持ちに追いつかなくなったって卒業するアイドルさんいますが言ったりしますが、それに加えて身体が日々不安定で、もうなにもかも今あるものをやめざるを得なくなりました。休まないと命の危険を感じるようになって……。

――「楽屋での他のアイドルの様子を見て夢が醒めた」というようなことも言っていましたが、実際中に入ってみてどのように感じましたか?
それ1stワンマンの時ですよね(笑)。楽屋ではいろんなアイドルさんの本性が見れますね(気になる方はワンマン来てください(笑))。最初の頃は、ショック受けてましたが今になってはなんだか当たり前の光景になってしまい、イベンターさんから他のアイドルさんの噂話聞く時とかも基本ノリノリです(笑)。慣れって怖いですね(笑)。


(オタクネーション1stワンマンより)

辛いことは続けないで、逃げていこうよ!

――今度の2ndワンマンはどういうライブにしたいですか?
今まで創り上げてきたエンタメ性とストーリー性をぶつけていくつもりです!! 赤字覚悟でやれることなんでもやります! 地下だけではありえない演出や特殊効果も用意しています! すごい赤字です既に(笑)。

――最後に全世界のオタクたちに一言お願いします。
「無理するな!」
好きな現場には、好きなだけ行け
でも情になっているのならば、
その現場に行くことが辛かったりなにか求めてしまっているのなら一旦休んで欲しいです。
それは、推し事だけではなくお仕事も。
仕事行くことが辛いなら、働かなくてもいいよ。
働かなくても助けてくれる場所はたくさんある。
辛いことは続けないで、逃げていこうよ!


(オタクネーション1stワンマンより)




オタクネーション2ndワンマン

「ドルヲタだからって舐めんなよ 炎の研究発表会~二限目は、国語~」
出演者 オタクネーション,ドルヲタ,汐垣飛鳥
日程 2019/2/17(日)
開場 18:00 開演日時18:30 
会場 渋谷cyclone

ライブは授業参観形式で、ライブ活動を通して学んだことを「研究発表会」とし、歌って踊るのが60%、残り40%は授業を行います。
今回は渋谷cycloneでオタクネーションが暴れます!!!
チケットはオタクに優しい2,500円(+1ドリンク代)。(当日¥3000)
更に学生の子にも来てもらいたくてピンチケ割も設けました。(ピンチケ割とは、学生証をお持ちの方全人類に適用!!年齢のお尻にゼロを2つ付けた料金になります。別途1ドリンク代)
目標動員は3万人です!!宜しくお願い致します!!
チケット販売ページ

関連動画

関連リンク

オタクネーション Twitter https://twitter.com/_OTKnation
汐垣飛鳥 Twitter https://twitter.com/_asuka618
ワンマンに向けたクラウドファンディングサイト https://camp-fire.jp/projects/view/122211

関連商品

特集、レポ一覧ページへ戻る
トップページへ戻る

ad

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

ばってん少女隊 「Killer Killer Smile」

SCRamBLE「現実にさせてよ」

Malcolm Mask McLaren「The Idiot’s Song」

Kaede(Negicco)「飛花落葉」

Negicco「Melody Palette<完全生産限定盤>(LP)」

cana÷biss 2nd Album「カルマ!カルマ!カルマ!」

爆裂女子 ミニアルバム『RIOT』










スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. 特集, レポ

    今月の児玉のんのさんかわいい記事 2018年8月版
  2. インタビュー

    りさちゃん24さいとあいちゃん6さい 干支を超えた女と女の対談
  3. やまもと雑記帳

    1年間SNSを掘りに掘りまくって感じた、アイドル運営のSNSの効果的な使い方《第…
  4. 特集, レポ

    「60秒で写真50枚撮らせる自信のある女 vs カメラ初心者」 ルックス最高峰ア…
  5. ただの女の子。再生追跡レポ

    「ただの女の子。」から「ただの女の子」へ ~メンバーの妊娠脱退から解散へと追い込…
PAGE TOP