AKBからあいちゃん6さいまで!地下アイドルを幅広く網羅する情報発信サイト

【春の只中にいてアイドルを思う】

アイドルというのは、季節のうつろいだと思う。

それぞれの季節に、それぞれのアイドルの姿があって、その思い出が重なり合って、自分の中のアイドル像が形作られているような気がする。
そんな中でも春は特別な季節だ。

「春はお別れの季節です」と歌ったのは、30年ほど前のおニャン子クラブだが、確かに春はアイドルとの別れが多い。
地下アイドルまとめブログでも紹介されていたが、今年の春、アイドルを引退・解散する人の数は140人を超えるという。

それぞれの人に何人ものファンがいたことを考えると、数多くの別れがあったことになる。
悲しみは、それぞれが抱えていることだろう。
私自身、アイドルとの別れは何度も経験してきたので、その思いはわかるつもりだ。

それでも、あえて言わせてもらうならば、アイドルとのたくさんの思い出を抱えながら、生きていくのも決して悪いものではない。

今年の4月7日、下北沢で、AceFileの解散15周年記念イベントが開かれた。
AceFileを知らない人のために説明しておくと、当時ホリエージェンシーに所属していた、吉川茉絵、久志麻理奈、工藤あさぎ、奈良沙緒理の4人によるアイドルユニットで、イベントやライブを精力的に行い、今のライブアイドルグループの原型とも言えるような存在だった。
2000年に結成され、2002年4月7日のライブをもって解散。その日からちょうど15年、リーダーであった吉川茉絵の呼びかけによって、彼女とスタッフ、そして当時のファンが集まったのだ。

イベントでは、当時の裏話や、メンバーの近況なども紹介され、懐かしくも楽しいひとときが過ぎていった。
語られた中で印象的だったのは、吉川も、他のメンバーも、スタッフも、ファンも、アイドル活動を通して一緒に過ごした時間が、どれほど楽しく、大切な思い出として残っているかということだった。
活動期間はたったの2年半。でも、その何倍も長い15年もの年月を、私たちはその思い出を抱いて過ごしてきた。
そのことがとても嬉しかった。

「次は15年後、解散30周年で会いましょう!」そんなことを言って、私たちは別れた。
暖かな会場を後にして、「別れたのが春であってよかったな」と思った。
毎年、桜の花が咲くと、たくさんの人との別れを思い出す。でも、その思い出が蘇ってくる限り、その人とはまた出会うことができるのだ。

15年後、何をしているだろう、はたして生きているかどうかもわからないけど、その日まで、また春になれば彼女たちのことを思い出すのだろう。

そして、春は出会いの季節でもある。
こちらは数えていないが、この春にアイドルとしてデビューしたり、結成、加入などで新たに出会う女の子もたくさんいることだろう。
その子たちと新しい思い出を始めるのだ。

春はまだ終わってはいない。
私たちは今、春の只中にいるのだ。


(引用元:https://twitter.com/acefile20170407/status/853153687627194368

《プレヤード》
アイドル&美少女系ライター。
主な執筆記事
■おたぽる(サイゾー)
http://otapol.jp/mt/mt-search.fcgi?IncludeBlogs=2,9&limit=18&tag=%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%89
■ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/tag/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%89

執筆に関わった本「アイドルとヲタク大研究読本イエッタイガー」(カンゼン)発売中。

Twitter:@pleiad_
blog : http://ameblo.jp/pleiad1002/

特集ページに戻る

トップページに戻る

by
地下アイドル総合サイト管理人。 地下アイドルまとめブログというサイトもやってます。 他の媒体であまり触れられてない地下アイドルをピックアップしたり、面白い企画や、ヲタの方の役に立つコンテンテンツなどを作っていければと思ってます。 若輩者ですが、よろしくお願いします。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。