プレスリリース

3000年に一度の正統派アイドル、SAY-LAが新規メンバーを募集!! ~共に日本武道館公演の夢をつかまないか?!~

SAY-LAが新規メンバー募集 最短で渋谷TSUTYA O-EASTワンマンにてお披露目

今年の夏に渋谷ストリームホールで行ったワンマンライブを成功させれば、同時期に発売したシングル「正統派の夏が来る」もオリコンチャートのデイリーチャート2位/ウィークリーチャート8位を獲得。「3000年に一度の正統派アイドル」のキャッチコピーに相応しい支持を得てきたSAY-LA。2020年1月2日には、渋谷TSUTAYA O-EASTでのワンマン公演も控えている。

SAY-LAは今、2021年に日本武道館でワンマン公演を行うことを目標に活動を続けている。着実にワンマン会場の規模を大きくしているとはいえ、それを無謀と捉えるのか、夢あふれる挑戦と共鳴し、夢を追いかける仲間になるのか。そこは、この記事を目にした一人一人の判断に任せたい。とはいえ、少なくとも演者(アイドル)側は、必死に手を伸ばせば届くかも知れない大舞台に仲間たちと挑めることは、人生の中でもそうそう味わえることではない。日本武道館公演を夢物語ではなく、現実に変えようと日々努力を重ねているSAY-LAのメンバーにとって、そこは絶対に立つべきファンとの約束の地として「叶えられる目標」になっている。

着実に、夢を現実に変え続けているSAY-LAが、このたび「新規メンバー」を募集する。詳しくはインフォメーションをご覧になっていただきたい。
SAY-LAは、国内のみならず海外でも精力的にライブ活動を行っている。12月にも台湾へ足を運べば、2020年1月末からはタイでのフェスティバルにも出演する。その環境を味わえるのも嬉しいこと。たとえ地方の方だろうと、寮を完備しているので安心して応募していただきたい。

合格者は、最短で2020年1月2日(火)に行われる渋谷TSUTYA O-EASTワンマンでお披露目予定とのこと。SAY-LAの掲げた夢のレールへ、あなたも一緒に乗り込んで欲しい。もちろん、ファンという立場でも、その夢へ参加し、現実を手にするまでの道のりを共に見ていこうじゃないか。

TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

SAY-LA新メンバーオーディション開催!

3000年に一度の正統派アイドルSAY-LAが新メンバーを募集します!
一緒に2年後の武道館公演を目標に活動しましょう!

都内を中心に全国、海外でもライブ活動を行います。
定期的な音源リリース予定。(過去2作がオリコン・デイリー1位、週間3位)
寮完備。

【応募期間】
2019年11月30日(土)〜12月8日(日)

【応募条件】
心身ともに健康な女性
歌とダンスを頑張れる方
現在事務所やレコード会社と契約していない方
都内のレッスンに通える方
指定された日程にオーディションに来れる方

【必要提出書類】
①氏名、②年齢、③連絡先、④芸能活動歴など簡単なプロフィール
⑤写真(加工していないもの)

以上を
audition@say-la.jpまでメール(件名「SAY-LAオーディション」)
もしくはI-GET公式Twitter( @I_GET_official )までDMでお送りください。

【選考の流れ】
一次審査 : 書類審査
二次審査 : 面接、実技審査

合格者はI-GET候補生グループ「BABY TO KISS」での活動を経て「SAY-LA」「READY TO KISS」「HOT DOG CAT」などへ昇格
合格者は最短で2020年1月2日(火)に行われる渋谷TSUTYA O-EASTワンマンでお披露目予定

★映像★

関連リンク

SAY-LA Web http://www.say-la.jp/
SAY-LA twitter https://twitter.com/SAY_LA_info

関連商品

関連記事

長澤智典の記事一覧ページへ
トップページへ戻る

ad

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーちゃん①




WEB SHOP

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. 「はじめての太陽」@はなさく

    はじめての太陽 第11話「はじめてのライバル」@はなさく
  2. ただの女の子。再生追跡レポ

    「ただの女の子。」から「パピプペポは難しい」へ 少女たちの夢は輝く ~メンバーの…
  3. 特集, レポ

    約30人のヲタクが次々と推しのアイドルに告白し続けるイベント「プロポーズ会」が開…
  4. ラストアイドル追跡企画

    グループの方向性を決める二人の挑戦者-『ラストアイドル』第10回
  5. インタビュー

    りさちゃん24さいとあいちゃん6さい 干支を超えた女と女の対談
PAGE TOP