特集, レポ

立夏-Ricca-、星乃ちろる、大島はるな、コウトウマリア。4人のソロアイドルが集結し、ショートカット部を結成。初ライブの1年後となる来年3月には、代官山UNITでワンマン公演を行うことを発表。平成最後の青春を楽しんでいるショートカット部って、一体何者??

「平成最後の青春を楽しもう」立夏-Ricca-、星乃ちろる、大島はるな、コウトウマリアによる『ショートカット部』デビューライブレポ

立夏-Ricca-、星乃ちろる、大島はるな、コウトウマリア。ショートカット部は、4人のソロアイメドルたちが集まり、「平成最後の青春を楽しもう」「追い求める夢を掲げたなら、いくつになっても青春を始められれば、その青春は終わらない」という想いを胸に結成したグループ。

3月24日(日)に新宿RUIDO K4を舞台に、ショートカット部のデビューライブ「ショートカット部デビューライブ~平成最後の青春始めます~」が行われた。ゲストに、楽しんごが。オープニングアクトをヲタ芸パフォーマンスチームのJKzが担当。
メンバーそれぞれに動員力を誇る理由もあり、この日用意した100枚のチケットは前売りの時点でソールドアウトを記録。活動を始めて間もないグループにも関わらず、早くも大勢の人たちがショートカット部の部活動へ熱い視線を送っていた。

新しい物語が今、ここから始まる

ショートカット部のライブは、これまでの歩みを映し出した映像からスタート。「新しい物語が今、ここから始まる」の言葉通り、この瞬間、ショートカット部は真っ白なページに物語を綴り始めた。
    
 「3.2.1.YEAH!!!!」の言葉を合図に飛び出したのが、これから輝きだすショートカット部の”夢”をぎっしり詰め込んだ『Jewelry Box』。「輝いて 輝いて 宝石~輝いて 輝いて その先」と4人が大きく手を振りながら笑顔で歌うたびに、フロア中にキラキラとした想いの輝きが降り注がれてゆく。4人の歌声に触れている間、ずっと胸がときめき続けていた。この日、彼女たちが開いた宝石箱の中身はまだ空っぽだった。でも、彼女たちが「輝いて」と歌うたびに、詰めかけたファンたちがその歌声へ想いを重ねるごとに、この空間の中で一つに繋がった”輝きたい想い”が箱の中へ次々と吸い込まれ、その中で光を放ち出していた。ショートカット部の用意した箱の中へ”楽しい”や”夢”を一緒に詰め込みながら、その箱を本当に眩しい宝石箱に変えたい気持ちになっていた。この歌を、ショートカット部が開いた空っぽの箱を、本物の宝石箱に変えていけるのか。それは、舞台上で笑顔を振りまく4人と、彼女たちに夢を託す部員(ファン)たち次第。初めて箱の中に輝きを入れた瞬間に立ち会えたのも、嬉しかったこと。

「We’re Perfect(私たちは完璧なの)」

続いて披露した『We’re Perfect』も、胸をワクワクときめかすポップチューン。「ショートカットの髪、It’s my Trademark」という歌詞も、”らしい”じゃない。サビへ向かって、どんどんビートと輝きを増してゆくのも、この楽曲の魅力の一つ。4人の歌声を重ね合わせ歌う姿がショートカット部のスタイルだが、この曲では、星乃ちろると大島はるな、立夏-Ricca-とコウトウマリアという組み合わせでの歌も披露。楽曲に触れている間中メンバーたちも跳ね続ければ、その姿に触発された観客たちも、心地好く弾むポップなEDMサウンドに合わせ飛び跳ね続けていた。彼女たちが「We’re Perfect(私たちは完璧なの)」と自信を持った笑顔で歌うたびに、自分たちの心にも自信と勇気が芽生えてゆくのを感じていた。

TikTokで人気 愛内里菜『恋はスリル、ショック、サスペンス』ダンスパフォーマンス

 ショートカット部と言えば、毎日TikTokをアップしていることでも(一部の人たちの間では)有名。すてに2
5千人を越すフォロワーがいれば、支持層も世界中へ広がっている。そんなショートカット部の映像を楽しみにしている人たちのためにこの日行ったのが、TikTokにアップするための動画撮影。選んだのが、愛内里菜の『恋はスリル、ショック、サスペンス』に乗せダンスパフォーマンスを行うスタイル。4人は振りを一つに合わせた華麗なダンスを披露。とても躍動的でダイナミックなダンスパフォーマンスを見せていたように、ぜひ動画をご覧になっていただきたい。嬉しかったのが、間奏のときにウェストポーチからサインペンとそれぞれのカラーのボールを取り出し、その場でサインをし、客席へ投げ込むパフォーマンスをしてくれたこと。つねに部員たちへ寄り添い続ける姿勢も、ショートカット部らしさだ。

JKz、楽しんごとの『Jewelry Box』

ここからはコラボタイムへ。JKzをゲストに迎えて披露したのが、ショートカット部の強い意志や決意を楽曲に詰め込んだ『No Reason No Brake』。力強く躍動するトランシーなダンスロックナンバーに乗せ、気持ちの奥底に秘めた想いを4人は凛々しく歌いあげる。彼女たちの背景でヲタ芸を披露するJKzの姿も印象的だ。それ以上に、4人が楽曲へ詰め込んだ想いに心が揺さぶられた。「後先考えずに走りだす」「やらないより、やって後悔」「大人になることはあきらめることじゃないから」など、この歌には、ショートカット部の4人の強い意志が詰め込まれている。後半に飛び出すラップへ乗せたメッセージの数々も含め、『No Reason No Brake』は、幾つになっても自分たちが新しい一歩を踏みだし具体的な行動さえ示せば、それが青春になることを教えてくれる。何より、4人の強い意志を、激しいギターサウンドと極彩色なEDMサウンドをミックスした音を介して触れていくうちに熱く気持ちが滾れば、心が嬉しく昂っていた。終盤、絶叫飛び交う一体化した光景がフロアに生まれたのも、納得だ。

ここで、楽しんごチームによる華やかなパーティムード描くステージングが登場。ショートカット部のメンバーたちも参加、楽しんごが描くLOVEな熱狂を注入したドドスコなステージを一緒に盛り上げていった。

最後にショートカット部は、楽しんごチームやJKzを舞台に招き入れ、ふたたび『Jewelry Box』を披露。ドキドキやウキウキというときめきをたくさん詰め込んだ歌を通し、会場へ詰めかけた部員たちへ、4人は輝く光を降り注いでいった。

どんな宝石も、最初はゴツゴツとした鈍い光しか放たない。その石(意思)に磨きをかけ、どんな眩い光を放つ石(意志)に変えてゆくかは、これからのショートカット部の活動と、彼女たちを支持する部員たち次第。この日のライブを観ながら感じていたのが、磨けば磨くほどその石は光輝いてゆくという想い。その輝きが、どれだけ大勢の人たちを魅了していくのか。「輝いて 輝いて 宝石、輝いて 輝いて この先」。その言葉が、これからどんな答えを導き出すのか、とても楽しみになってきた。

1年後に、代官山UNITでワンマン公演を発表!

この日のライブで、ショートカット部から幾つか新たな発表が告げられた。ショートカット部は、デビューライブから約1年後に当たる2020年3月29日(日)に、代官山UNITを舞台に「1周年ワンマンライブ」を開催することを発表。この日から4人は、1年後の代官山UNITでのワンマン公演を目指し、各自のソロ活動と並行し、ショートカット部としても精力的に活動を行うことを宣言してくれた。
二つめが、パンク系ファッションブランド「HELLCATPUNKS」とコラボレートした「コラボキャップ」の販売決定のニュース。4月7日(日)には、本人たちもHELLCATPUNKSコーデ姿のもと、HELLCATPUNKS TOKYO店で記念イベントを開催することも決まっている。

まるで「幸福」を呼び込む四葉のクローバー

この日のライブを観ながら感じていたのが,この4人は、まるで「幸福」を呼び込む四葉のクローバーのような存在ということ。誰かが突出するのではない、4人が均等に想いの葉を広げ、みずみずしさを放ってゆく。この葉っぱに触れていると幸せを呼び込めそう。そんな気持ちにしてくれたのも嬉しかったこと。
4人それぞれのソロとしての活動はもちろん、ショートカット部としても、主催イベントを含め、数多くのライブが決まっているように、20代の4人が新たに始めた青春満載な活動へ、ぜひ熱い視線を注いでいただきたい。最後に、メンバーを代表し、立夏-Ricca-の言葉を記そうか。

「ショートカット部は、夢を実現するための部活動の場。デビューライブの日から1年後に代官山UNITでのワンマン公演を決めたのも、その先まで続く夢への道のりを叶えるために必要だったこと。高校野球の選手たちが、甲子園での優勝を目指すため、目の前の地区予選を一つ一つ勝ち上がり、県大会をつかみ取り、甲子園でも勝ち続けてゆく。ショートカット部にとってそれが、少しずつワンマン会場の規模を上げ、大きくなっていくこと。目の前へ夢を掲げることで、部員(ファン)たちも含め、みんなで気持ちを一つに頑張り続けられる。何より、夢に終わりはないように、このままずーっと走り続けたいし、夢を追い求める限り、いくつになっても青春を始められるし、その青春は終わらないんです。
大きな夢を発言するのはとても勇気のいること。だけど、その夢に向かって努力し続けていく姿は、きっと輝いていくはずだし、その努力してゆく姿こそ、人の心を動かす力にもなると私たちは思っています。そんな私たちの青春を、ぜひ一緒に追いかけ続けてください」(立夏-Ricca-)

―セッリトスト―
『Jewelry Box』
『We’re Perfect』
『恋はスリル、ショック、サスペンス』(愛内里菜カバー)
『No Reason No Brake』
『Jewelry Box』

PHOTO: ヤマムラアキラ
TEXT:長澤智典

★主催イベント★

【4月】
6日(土)渋谷Star lounge
7(日)HELLCATPUNKS TOKYO
→ヘルキャコラボキャップ発売イベント
10日(水) ショートカットの日!
→都内で何かあるかも?!
18日(木)渋谷RUIDO K2
20(土)渋谷Milky way★
25日(木)新宿ReNY
27日(土)名古屋ReNY
28日(日)大阪豊中176BOX
【5月】
1日(祝水)渋谷MALCOLM★
3日(祝金)わかさスタジアム京都
11日(土)2会場同時開催イベント
→渋谷CHELSEA HOTEL・Star lounge
19日(日)渋谷aube★
27日(月)新宿ReNY
29日(水)渋谷MALCOLM★
【2020年】
2020年3月29日(日)代官山UNITワンマンライブ

関連リンク

【Tik tok】
http://vt.tiktok.com/J1ePgL/
毎日更新中! 2万5000人部員(フォロワー)突破!

【Twitter】
ショートカット部 https://twitter.com/shortcutbu0121
赤 立夏-Ricca- https://twitter.com/ricca0702
黄 星乃ちろる https://twitter.com/chiroru_h
紫 大島はるな https://twitter.com/oshimaharuna
緑 コウトウマリア https://twitter.com/mariakoutou777

【公式ブログ】
https://ameblo.jp/shortcutbu/
ライブ情報まとめてあります◎

関連商品

関連記事

長澤智典の記事一覧ページへ
トップページへ戻る

ad

コメント

    • やまいち
    • 2019年 3月 29日

    本人達はちゃんと「最後」を使ってるのに、ライターさんが「最期」なんて使って勝手に殺さないでください。

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

日向坂46『こんなに好きになっちゃっていいの?』

TEAM SHACHIx長岡中越高等学校吹奏楽部『Rocket Queen feat.MCU』

Negicco『I LOVE YOUR LOVE』

MELLOW MELLOW『WANING MOON』

最高じぇねれーしょん『妄想うぇでぃんぐ 』

AH(嗚呼)『Electric Lady』













スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. コラム

    「金槌からチェーンソーまで色んな工具が使えます☆」 工具アイドル 篠咲くれはの目…
  2. 特集, レポ

    人生で初めてアイドルフェスに行ったら推しが出来すぎて泣いた
  3. 特集, レポ

    キャンディzooのワンマンライブは4年間の歴史を感じて最高にエモかった
  4. 特集, レポ

    ダサいTシャツを可愛い子に着てもらったら、めちゃくちゃかっこよくなった (モデル…
  5. プレスリリース

    元ネカフェ難民アイドル「月森結愛」の遍歴紹介 BiSHや欅坂46にヴィジュアル系…
PAGE TOP