ただの女の子。再生追跡レポ

「ただの女の子。」から「ただの女の子」へ ~メンバーの妊娠脱退から解散へと追い込まれたアイドルグループの行く末と再生のレポート~

急遽どん底に突き落とされたアイドルグループ

ただの女の子。』というグループがいる。いや、正確には「いた」と言うべきだろう。なぜなら、そのグループは、2017年11月28日をもって解散してしまったからだ。
大変可愛らしくも激しいパフォーマンスが特徴だった、この『ただの女の子。』。彼女たちを説明するにあたって多くの場合、最初に語られるのは「解散に至るまでの経緯が大変スキャンダラスなものであった」という点だろう。

好きになってはいけない人を好きになってしまった

2017年8月27日。「ただの女の子。」の公式twitterから、それは発表された。


この発表に記されていたことの概要が、以下。

・メンバーがファンと交際していた
・そのメンバーが妊娠している
・そのメンバーがグループを脱退する
・それによりグループが11月28日で解散する
・予定されていたCDの発売が中止になった
・有能なピンチケの募集

以上、一度に伝えるにはあまりに情報量の多すぎるこの解散発表は、アイドル界隈を飛び越え強い衝撃を残し、2017年有数の珍事としてアイドル史に刻まれることとなった。

以下、脱退したメンバーからのコメント。

「好きになってはいけない人を好きになってしまい」
この言葉の強烈さもあり、デビュー以来「可愛い系アイドルユニット」として過ごしてきた「ただの女の子。」は、一夜にしてスキャンダラスなユニットに一転。前から予定していた「記念すべき1周年ワンマンライブ」も、急遽「無念の解散ライブ」へと変更を余儀なくされた。
また、この件に関する各メンバーの反応も、各々感情をダイレクトに吐露しており、大変波紋を呼んだ。詳しくは、下記リンク参照。

(参照記事:http://timtmb.com/blog-entry-1712.html

残されたメンバーは何を想い、何を見るのか

そんなただの女の子。の残されたメンバー3人。

メンバー兼プロデューサー カワシマユカ(ゆかち)
しっかり者のリーダー 一ノ瀬春奈(はるる)
アイドルヲタクでアイドルに人生をかける 白羽根優衣(ゆいぽん)

彼女たちが、この発表に関してどう思っていたのか。そして、解散ライブにどう臨むのか。その解散ライブから新グループ結成までの期間を、当サイトで全6回の連載として徹底追跡。今回の第1回目は、5本の動画を中心に、解散ライブまでの12日間を追跡。苦難を乗り越えようとする彼女たちの素顔をレポート。


(11月28日解散ライブ当日。リハーサルを終えた「ただの女の子。」の3人)

解散まであと12日 vsさっきの女の子、編

アイドルをやって悔しいことしかなかった

「やり残してることしか、ない」
上記動画内の冒頭で、そう語ったのは、プロデューサー兼メンバーのカワシマユカと、メンバーの白羽根優衣。解散ライブ12日前に出てきた言葉だ。
さらに続けて紡がれる、「衣装詐欺」という言葉。これは、大学生であるカワシマがアイドルグループを立ち上げようとクレジットカードで40万円を借り入れし、そのなけなしのお金で衣装を発注するも、お披露目までに完成せず、未完成な衣装のままデビューしなければいけなかった事件のことだ。これに関しては、ミスiDの動画の中でもカワシマ本人が涙ながらに語っている。

そんな、出鼻から挫かれてしまった「ただの女の子。」プロデューサーのカワシマユカ。彼女は「アイドルをやって悔しいことしかなくって」と語る。
自身がリーダーを務めながらもわずか9ヶ月で解散に追い込まれてしまった「真空スペクトル」、そして今回の「ただの女の子。」、カワシマユカのアイドル人生は、たしかに決して順風満帆とは言えないものだった。

そんなカワシマ、11月16日に行われたイベントのMCで、白羽根が「解散までに見ることが出来る対バンが、あと4回です」と言った瞬間に涙腺が崩壊。直立したままの姿勢で、両の目から滝のような涙を一瞬で流れ落とした。それを見たメンバー一ノ瀬も「えぇ……このタイミングで(泣くの)かぁ……」と唖然。

本人が「わーっとなった」と語る、この涙。体調不良、情緒不安定、誰にも想像できない苦悩や葛藤、プレッシャーが積もり積もってカワシマの目から流れ出てしまったのかもしれない。

「ただの女の子。」と「さっきの女の子、」

「ただの女の子。」と名前の瓜二つな「さっきの女の子、」というグループがいる。どちらも結成約1年。名前も被ってればキャリアも被ってるこの2組。なんと今まで一度も共演したことがなかったというのだから驚き。
そんな2組の対バンが、「ただ女」解散直前にぎりぎりで実現。イベント内の「暴露コーナー」では、妊娠脱退したメンバーや、どちらが先に名前を名乗ったか等について討論。結果、「ただの女の子。」が先に名乗ったということで「さっきの女の子、」プロデューサーが「知らなかったんです。本当に偶然なんです」とカワシマに謝罪する場面も。

その後、全8曲をパフォーマンス。「激しい系の曲から可愛い系の曲まで」というテーマで、「ただ女」の魅力を存分にアピールした。


また、この日のインタビュー中に「解散ライブ限定新メンバー募集」「有能なピンチケの再募集」をかけることが決定した。結局ピンチケの募集は行わなかったが、新メンバーに関しては実際に募集をかけ、11日後の解散ライブを大いに盛り上げることとなった。

(参照記事:http://timtmb.com/blog-entry-1801.html

自分は、今まではプレイヤーとしてのカワシマしか見たことがなかったのだが、プロデューサーとしてのカワシマの発想力や実行力、推進力をこの時初めて実感させられた。また、「やったーこれ!」と飛び跳ねながら喜ぶカワシマの姿に、「あぁ、これがみんなが面白いと言っているカワシマユカの姿か……」と感嘆させられた。こんなGu-Guガンモみたいな声で、芸人ばりのリアクションを取るアイドル(しかも可愛い)を自分は知らない。(「やったーこれ!」に関しては、上記動画4:18から)


(11月17日【「ただの女の子。」と「さっきの女の子、」結局どっちの女の子】のカワシマユカ)

解散まであと7日 解散ライブ新メンバーオーディション編

昔ばなし

解散ライブ7日前。お題ライブが行われてた「アイドル最前戦。season2」。「昔ばなし」というお題に対し、カワシマが作詞を担当したという『This My Way』という曲にちなんで「うさぎとかめ」をモチーフにパフォーマンス。


その後の楽屋では、「解散ライブで新グループ開始を発表することに対し、ファンから反発が出る可能性」について質問。柊木りおさんのガチなヲタクの白羽根優衣が、自分は信者タイプのヲタであることを述べ、「自分なら反発はしないが、実際には反応は賛否両方に分かれそう」と予想。
その後、「ただ女」には本気で活動してるメンバーしかいないこと、また、それ故に辞めたメンバーとの間に強い言い合いがあったことを語った。

「一番やりたいことはアイドルだと思った」
「(当時は)言いたいことしかなかった」

そう語った彼女たちの言葉の裏には、まだ「昔ばなし」といえるほどには吹っ切れていない傷があるように感じられた。
だが、彼女たちはそんな傷を逆にプラスにするように動き出す。

解散ライブ新メンバーオーディション

解散ライブ6日前。メンバーたちは「来るのが3人くらいだと思ってた」という新メンバーオーディション。本人たちの予想を遥かに超えて、雨の中14人が駆けつけた。
一人ひとり丁寧に面接を行っていくカワシマ。訪れたのは、全くの初心者から、大手事務所所属経験者、元アイドルや、東京大学院卒のエリートまでと、バラエティーに富みすぎた応募者達。
志望動機に関しても「本気でアイドルをやりたい」という人や、「アイドルの内情を知りたくて応募した」という人、「困ってる 『ただ女』の力になりたくて応募した」という人など、多岐にわたっていた。
そして、その場で合格発表が行われるも……結果は、なんと最後まで会場に残ってた応募者達全員合格
この結果には、オーディション応募者たちも意外すぎて驚きを隠せなかった様子。


(「今いる全員合格です!」と伝えるメンバーたち)

あまりにそぐわない人が来たら落選者を出そうと思ってたらしいが、今回は全員がカワシマのお眼鏡に適った模様。


(合格結果を聞いた応募者達の驚きの反応)

そして、その場ですぐに振り入れが行われる。新メンバー達が覚えるのは、グループ名と同じ『ただの女の子。』というタイトルの曲。
1時間以上かけて、リーダーの一ノ瀬がしっかりと振り付けを指導。レッスンは、もきゅもきゅ動くカワシマのマスコット的なユニークなキャラクターのおかげもあり、終始ほがらかな雰囲気で行われた。

オーディション後のメンバーたちは、「1日限定の募集にも関わらず、たくさんの応募者が来てくれたことが本当に嬉しい」と感想を語った。
「応募者みんなの夢を」「ただの女の子。の夢も」「ヲタクの夢も」全て背負って解散ライブに臨むことを心に決めたメンバー達。
解散ライブまで、あと6日。


(11月21日「アイドル最前戦。」の一幕)

ちなみに、動画内の「ローテンションな、えいえいおー」は、実際に「ただ女」で1年間ずっとやり続けたものだとのこと。

解散まであと3日 最後の対バンフェス編

解散3日前。解散前の最後の対バンフェスとなったのが、渋谷のキャパ450のライブハウス。だが、この最後の対バンでトラブルが続出。

まず、ライブの途中で音が止まってしまう。これを見ていたヲタは「最後の対バンフェスでの特別な演出か!?」と一瞬沸き立つも、すぐにそうではないことに気づき騒然とする。
しかし、その後すぐに「大丈夫だと思う!」と、白羽根の前向きな発言を元に立て直した「ただ女」。これまで、活動約1年ながらも190本ほどのライブをこなしてきた、そのキャリアの深さを見せつける。


さらなるトラブルは、舞台から降りた白羽根に降りかかった。
ステージ終了後、一度は楽屋に入った白羽根が、通路に出てきて腰を落とし、そのまま立ち上がれなくなってしまう。
「フラフラする」と、かろうじて振り絞った声で語った白羽根。しかし、ステージ上では体調が悪そうな様子など一切見せていなかった彼女。そのプロ意識の高さに驚愕させられる。

ステージに上っているアイドルが、普段どれほどの辛い思いをしながら、どれほどの苦痛を抱えながら上がっているのか、我々には計り知ることが出来ない。また、白羽根だけでなく、この12日間ずっとメンバーたちは誰かしら体調を崩していた。ワンマンライブに向けて、メンバーたちは精神的、肉体的に限界まで追い込まれていたのかもしれない。だが、そんな中でも、無情にも解散ライブの期日は迫ってくる。

動画の中では、物販を手伝っている男性スタッフ「たけちゃん」のコメントも収録。件の事件が、メンバーだけでなく、それに関わるスタッフの人生まで左右してしまっていた。
色々な人の気持ちを乗せた解散ライブまで、あと3日。

解散ライブ当日 リハーサル編

とうとう解散ライブ当日。会場に入った新メンバー達のリハーサルが行われている裏で、カワシマはライブ本番で使う映像を作っていた。
「バックレてやろうかと思った」と冗談めかして言う彼女。学生、プロデューサー、アイドル、そして制作までこなしてく中で、どうしても足りないのは時間。残り限られた時間の中で、カワシマはどこまで過去の後悔を払拭することが出来るのか。

新メンバーとのリハーサルを重ねる一ノ瀬、白羽根。

カワシマも含めての最終確認。

3人での最終リハーサル。
『僕、君想い』という曲の「ボクが描いてた未来はね、今よりももっと二人はキラキラ輝いてた」という歌詞が胸に刺さる。「ただ女」の、ほぼ全ての曲を作詞しているカワシマの過去に思い描いていた未来への想いが、痛いほどに伝わってくる。

開演前のカワシマは「もっとやりたかったこと」「やるべきだったこと」があったと不安を口にする。
一ノ瀬、白羽根も体調に不安を抱えながらの本番となった。


(リハーサル終了後の、ただの女の子。)

動画では、自身のライブ直前に応援に駆けつけた星名ふみみさんや、新メンバーとして参加してくれた治はじめさんのインタビューも収録。
解散ライブ開演まで、残り1時間半。

解散ライブ当日 解散ライブ編

解散ライブ本番。
「ただ女!」の掛け声の入るSEと共に登場したメンバー達がまとっていたのは、なんと件のいわくつきの初期衣装!
1曲目の「あの子が1番嫌いなの。」から、まるで「ただ女」の歴史を振り返っていくかのように、初期の曲から順に披露。ファンなら涙を禁じ得ない演出に会場は沸き立つ。

そして、現行衣装に着替えてのパフォーマンス。
たくさんの苦難を乗り越えて、今の「ただ女」の最高の歌を、ダンスを、想いを届ける。

ファン達から花をプレゼントされる場面も。思わぬサプライズに、思わず涙ぐむメンバー達。
「アイドルやってて悔しいことしかなかった」と前に語っていたカワシマだったが、それでも過ごしてきたアイドル活動は、しっかりとファンとの思い出を積み重ね、絆を紡いできていた。

そして、この日のクライマックスとなったシーン。
満員のファンが押し寄せる中、13人の新メンバーを呼び込み、お披露目。次々と駆け込んでくる新メンバー達に、意表を突かれたファン達は大盛り上がり、会場は異様な熱気と歓声に包まれた。


アンコールでは、「ただ女」のヒット商品だった「ただのオタク。」Tシャツに着替えて再登場。

最後の曲『僕、君想い。』を歌い終わった白羽根は、「今日は、『ただ女』の好きな曲をいっぱい全部歌えて、本当に嬉しかったです」と涙ながらに語った。
そして、各メンバーからの最後のMCが伝えられた。

一ノ瀬春奈
こんなにたくさんの人がいっぱい声出してくれて、サイリウム振ってくれて、名前呼んでくれて本当に嬉しかったです。
グループの中では、すごく人気のある方ではなかったんですけど、今日はたくさんの青いサイリウムを振っていただいて……。1年間無駄じゃなかったなと思いました……本当にありがとうございました!

白羽根優衣
私がアイドルになりたいと思った時のことなんですけど、実は、みんなに言ってなかったことがあって……。昔、嫌なことがあったんですよね、色々……。それで、その人達を「ぎゃふん」と言わせたくて……どうしたら見返せるかって考えた時に「アイドルしよう!」と思ったんですよね。
だから、例の件で知られるようになってしまったのは、正直不本意。だから、さっき発表があったように新しいスタートを切って、もっともっと有名になって、みんなに「すごいじゃん!」と言ってもらえるように頑張りたいです!

カワシマユカ
去年、ふいに思い立ってアイドルグループを立ち上げたんですけど、衣装詐欺にもあって衣装出来ないし……曲を頼む値段もわからない中で、お金もないし……。私は、前は大人が好きじゃなかったんだけど、実際には沢山の大人の人に協力してもらって……それで、みんなにも応援してもらえて出来た「ただの女の子。」でした。
この1年間、すごく楽しかったです。でも、すごい悔しかったです……!
今日は、たくさんの人が来てくれて、とても嬉しかったです! そして私達、夢はまだ続く……かもしれないので、みなさん応援してくれると嬉しいです! 本当にみなさん、ありがとうございました!

追跡レポ1本目の動画の中では「誰が泣くかな?」などと予想してた彼女たちだったが、いざ終わってみれば全員が大号泣。ファンたちへの感謝が、悔しい気持ちが、これからへの想いが、入り組んだ感情となって溢れ出してしまう。
最後に「これ聞くの最後だね」と言い、「女の子は欲張りなんだよっ! 私達、ただの女の子。でしたー! ありがとうございましたー!」という1年間続けてきたお馴染みの挨拶で締めると、少女たちは頭を下げ続けた。

また、ライブの中では、「2018年春頃の新グループ立ち上げに伴うメンバー募集」「そのために行うクラウドファンディング」について発表。
女の子たちの夢は、次のステージへ。

こうして、たくさんのファンに惜しまれながら、計16人の「ただの女の子。」は、この日をもって再び「ただの女の子」となった。

『ただの女の子。1st one man live〜ただの女の子。がただの女の子になる日〜』セットリスト
SE1
あの子が1番嫌いなの。
僕、君想い
金曜日のおはよう
メランコリック
This My Way
モザイクロール
Kiss you Kiss me Love you
MC衣装チェンジ
SE2
きっとね明日は、晴れるよ。
君からのサヨナラ
ただの女の子。
MC
Step by Step
PARIPIRIPO
MC
(アンコール)
This My Way(アレンジ違い)
君からのサヨナラ(アレンジ違い)
MC 重大発表
(Wアンコール)
あの子が1番嫌いなの
僕、君想い。

「ただの男の子」に戻った物販スタッフのたけちゃん。

新たに新グループへの加入に意欲を燃やす、元「ただ女」新メンバー。

そして、カワシマユカと元「ただ女」メンバー達。

多くの人の人生が、この日を境に動き出した。

「悔しさはやっぱ……ありますよね」
「まだ伝えきれてない」

そう語っていたカワシマだが、悔いがあるからこそ、その想いを原動力にして次に向けて走り出すことが出来るのかもしれない。
前のユニットの悔しさ、ただの女の子。で経験した悔しさ、そして喜びが糧となって、いつか大きな夢にたどり着けるその日まで。

「(クラウドファンディングが)集まんなかったら、求められてないんだなって……」カワシマは、そう少し不安げに言ってたが、いざ蓋を開けてみれば開始数時間で目標金額達成。今では当初の目標の200%を達成している。
さらに.yell plusを使った新ユニットメンバーのオーディションもすでに開催中だ。

カワシマユカの求める夢。
一ノ瀬春奈の求める夢。
白羽根優衣の求める夢。
次のユニットに参加する新メンバーの求める夢。
物販スタッフたけちゃんをはじめ関係者の夢。

そして、ヲタクの夢。

すべての夢を乗せて。

5月お披露目の新ユニットへ。

女の子たちの夢は、まだ終わらない。

ただの女の子。関連リンク

ただの女の子。公式サイト http://tdjofficial.com/
ただの女の子。公式twitter https://twitter.com/official_tdj
カワシマユカ https://twitter.com/yuka_kawsm
一ノ瀬春奈 https://twitter.com/haruna_tdj
白羽根優衣 https://twitter.com/yui_tdj

次回予告

当サイトでは、お披露目までの5月まで、元ただの女の子。の再起の過程を追跡レポート。
ただの女の子たちのリアルなドキュメンタリーをお届けします。

元ただの女の子。の新ユニットに参加したい方は下記リンクから。

新メンバー募集ページ
http://urx.blue/Hn5a
参加者全員1次審査通過「.yell plus」からの新メンバーオーディションページ
http://ur0.work/Hnxf
オーディションの連絡先
MAIL kawaii.idolaudition@gmail.com
LINE https://line.me/R/ti/p/%40nmg0222f

元ただの女の子。の新ユニットを応援したい方は、こちらのリンクから。解散ワンマンのDVDや、「ただ女」ベストアルバムも手に入ります。

脱ただ!ただの女の子がアイドルになるプロジェクト!
http://domeschick.jp/html/products/detail.php?product_id=115

さらに、カワシマユカさんに直接会えるイベントはこちらから。

これからも、まだまだ「ただの女の子」の夢は終わらない。
次回は、2月下旬ごろ更新予定。

次の記事へ

ただの女の子。再生追跡企画一覧ページへ
レポ/インタビューページ一覧へ
トップに戻る

ad

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

MERUCHU「はじめての片想い



放課後プリンセス「輝夜に願いを」



DEVIL NO ID「BEAUTIFUL BEAST」



Passcode「Ex Libris Passcode」





Dolly Kiss 第二章オーディションインタビュー

社会とアイドルの表も裏も見てきた のぞみ&せいあ インタビュー!

スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. 「はじめての太陽」@はなさく

    はじめての太陽 第11話「はじめてのライバル」@はなさく
  2. 「みなみのTO」@ハトが推す

    みなみのTO 第1話「落ちサビ攻防最前線」
  3. アイドル横丁

    【絵恋ちゃんインタビュー】 絵恋ちゃんは、いかにして「アイドル横丁夏まつり!!~…
  4. ただの女の子。再生追跡レポ

    週7でバイトをするアイドル 元「ただの女の子。」一ノ瀬春奈に密着 ~メンバーの妊…
  5. スナックみなみのお悩み相談室

    アイドルとお酒を飲みながらマンツーマンでお話できるイベント「みなみ酒」に潜入して…
PAGE TOP