話題

奈良のミナーラで行われた伝説のアイドルフェス「NARA MINARA IDOL FES」の3日間を、13本の記事で振り返る

伝説となったアイドルフェス「NARA MINARA IDOL FES」

2018年4月28日から30日の3日間にわたって行われた「NARA MINARA IDOL FES」。「長屋王の呪い」などと言われる、曰く付きの土地に建てられた観光型複合商業施設「M!Nara」(ミ・ナーラ)のオープニングを彩るために催されたこの祭典。それがどうして「伝説」と言われるようにまでなってしまったのか、13本の記事を時系列順に並べて振り返る。

イベント前夜

イベント3日前

「2018年西日本最大のアイドルフェス」と謳われた「NARA MINARA IDOL FES」。それほどの規模のイベントにもかかわらず、イベント初日の3日前に公式ツイッターアカウントが、「大変遅くなりましたがタイムテーブルを公開しました」と言って出てきたタイムテーブルが、全体の10分の1も埋まっていないもの。さらに、出演者の出番の時間も「14:30~14:30」「18:25~15:45」などと書かれており、もうめちゃくちゃ。有料ステージで「イギリスで行われるイベントの出演権をかけた投票バトル」というものがあるそうだが、それに関しても詳細が一切わからない、4ステージあるそうだが、そのステージがどこにあるのかもわからない、各アイドル運営が出したタイムテーブルも撤回させる、等。「NARA MINARA IDOL FES」があきらかに混乱をきたしてる様が、この時にはっきりと浮き彫りになった。

イベント初日直前

日を追うにつれて少しずつタイムテーブルが更新されていくものの、相変わらず全く実用的でないそれに痺れを切らした多くのファンが、自分たちで使いやすいタイムテーブルを作り直す事態に。出演アイドルの柳瀬蓉も見やすい画像を作成。ファンたちに「さすが柳瀬蓉さん」と絶賛される。しかし、その努力をあざ笑うかのように、その後もどんどんタイムテーブルが変更されていく。

また、司会の吉田豪氏に手渡された新幹線のチケットが、イベント開始25分前の時点でまだ京都までしか到着できないチケットだったり、そもそも会場が奈良なのに京都までのチケットしか渡されてなかったりと、始まる前から大わらわ。

さらに、イベント3日目の大トリを務める謎の小学生アイドルユニット「ひまわり少女組」に対しても、「なんでこの誰にも知られていないグループが大トリなんだ……というかこの子達はいったい誰なんだ……」と注目を集めた。

イベント1日目

とうとう始まった「NARA MINARA IDOL FES」。開始早々マイクから音が出ない、有線マイクのコードが絡まっている、ワイヤレスマイクにしたら4F控室の声が1F館内アナウンスから聞こえてくる、高らかと謳われていた「屋上ステージ」がない、簡素すぎる吉野ステージが壊れる、壊れたステージをアイドル運営が押さえてパフォーマンスを続ける、予告されてなかった謎の音止めタイムが出現、出展してた「手作り市」があまりの喧騒っぷりに予定を撤回して撤退しはじめるなど、もうめちゃくちゃ。

特に、絡まったケーブルをアイドルがほどこうとする画像は、もはや現代アートの域。こんなの絶対ライブ中にほどけるわけがない。

これらのトラブルが重なりまくって、最大で90分近く進行が押してしまい、出演がなくなってしまうアイドルも続出。近年稀に見るダメダメなアイドルイベントとして1日目はスタートした。

そんな中でも、結果を残すアイドルは残す。ベテランのハニーゴーラン(2018年5月13日に解散)が、エレベーターを逆走したり、ステージが混乱してるのを見て臨機応変に出演したり等、「NARA MINARA IDOL FES」初日を最も楽しんだアイドルとして話題になった。また、メンバーの加野文華による「クソイベはチャンス」という珠玉の名言も残された。

そんなクソイベと化した1日目の中でも、幸運を掴んだラッキーガールがいた。現在はソロで活動しているアイドルの神井花音だ。進行が押しまくって空いた時間を利用して買ったスクラッチの宝くじ1枚が、なんと1万円に化けてしまうという幸運に恵まれる。また、彼女のファンも5万円を当てたり、棒アイスで当たりを出したりなど、周りにまで幸運を分け与える神井の女神っぷりが印象に残った。

まさに不幸中の幸いの『幸い』の部分を1人で大きく持っていった感のあった神井花音だった。

初日の最後は、押しまくってしまった進行により、施設に定められた音止めの時間を大幅に超過。途中でステージを中止するように言われたSplash!が、「すみません、店舗の方から強制終了と言われてしまいました、私達の力ではどうする事も出来ません!」と涙ながらに謝罪する場面も。その後に控えていたhuskyに関しては出番そのものがなくなってしまった。他にも出演が削られたグループや、出演を翌日に振り替えたグループ、危険を察知して出演をキャンセルするグループなどが続出。「NARA MINARA IDOL FES」を非難する声は最高潮に達していた。


イベント2日目

イベント2日目がスタート。この日から、大掛かりな立て直しが始まる。丸見えだった手作り市を覆うように布がかけられたり、スピーカーやステージの位置を調整、タイムテーブルもゆとりのあるものに差し替えられたりしていた。しかし、前日のタイムテーブルが会場に張りっぱなしだったり、相変わらず音響トラブルに見舞われたりなど、改善とトラブルが交差する2日目となった。

そんな中、今回の出演者の中で一番激しいライブをすると話題の我儘ラキアが、「NARA MINARA IDOL FES」に舞い降りた。会場には「なにか起きるんじゃないか」と期待した観客達が集まり、大入り満員のすし詰め状態に。そんな中、我儘ラキアは「際限なしに沸くだけではなく、きっちりとレギュレーションの中でライブを行うことが出来る」ということを証明し、今夏の各フェスへの大きなアピールに成功した。

2日目に話題になったのは、初日にリコーダーを吹き、2日目に一輪車を披露した「ひまわり少女組」。sora tob sakana東京パフォーマンスドールという東京のメジャーアイドルが出演する一方、それまで存在をほとんど知られていなかった小学生アイドルユニット「ひまわり少女組」が3日目の大トリを務めるということで、リコーダー、一輪車に続いて、彼女たちが最終日になにを仕掛けてくるのかと一躍注目を集める存在となった。

2日目終了後に、柳瀬蓉から「明日から吉野ステージは1階の正面入口に移動するそうです」と報告が入る。イベントの広報が完全に消滅してしまってるような状態の中、現場の様子を事細かくレポートしてくれる彼女の働きは、まさに才気煥発といった様相を呈していた。また、4F忍者ステージで行われていた有料イベントが中止に。つるつる滑るカート乗り場の床で物販を行ったり、アイドルの控室がミナーラ社員にわりと丸見えな柵でしか覆われてない事実が発覚したりと、まだまだおもしろ要素が溢れて止まらない2日目となった。

イベント3日目(最終日)

3日目、最終日がとうとう始まる。この頃にはイベントもかなりの話題になっており、「ミナーラ」だけではなく「吉野ステージ」までもがトレンド入りしてしまうという、一種異様な盛り上がりを見せる。三重県を中心に活動する煌めき☆アンフォレントや、大阪で面白いイベントを仕掛け続けてる三代目KONAMONなども満を持して登場。彼女たちは、1日目に話題になったリコーダーを使ったり、定番の沸き曲を連発したり、仲のいい出演者と勝手にコラボステージを行ったりと、「NARA MINARA IDOL FES」最終日を盛り上げた。

また、吉田豪氏が、「会場側の代表の人が、これから毎年このイベントをやれるようになれば」と言っていた旨をTwitterで報告。早くも次のイベントに向けて、皆の期待が高まった。

乱痴気騒ぎ、と言ってもいいほどの3日間も、後少しで終わろうとしている。進行も初日と比べたら大幅にスムーズに改善され、多少のタイムテーブルの当日の変更などにも演者、ファン側もすっかり慣れてしまっていた。また、1日目から同じフロアーに出展したいた「手作り市」のお店に、迷惑をかけてしまったお詫びとして商品を購入しにいくなどの交流の様子も見受けられた。

最後は、3日目にしてはじめてステージの時間を削られることなく、アイドルたちが各会場のトリを務められることとなった。三代目KONAMONは『幻影★ギャラクティカ(煌めき☆アンフォレントのカバー曲)』で、ひまわり少女組は縄跳びで、3日間散々振り回されたミライスカートは「ミライスカート、ミナーラ!」で、各ステージはそれぞれ幕を閉じた。

最後に

これが、2018年4月28日~30日の3日間にわたって行われた「NARA MINARA IDOL FES」のネットの反応を集めたものになります。最初はボロボロだったにもかかわらず、裏方と演者、そしてファンとが一緒になってイベントを立て直していく様は、かの伝説のアイドルイベント「ガールズ・ポップ・フェスティバル in 淡路島」に勝るとも劣らない感動を我々に与えました。最後に、演者さんの中でも特に3日間通してイベントを支えてくれた柳瀬蓉さんと、「NARA MINARA IDOL FES」の公式アカウントからの声を掲載して締めさせていただきます。

メンバー、運営の反応

関連リンク

M!Nara 公式サイト http://www.mina-ra.com/
NARA MINARA IDOL FES 公式サイト http://www.idolfes.net/
NARA MINARA IDOL FES Twitter https://twitter.com/minarafes

関連商品

NARA MINARA IDOL FES一覧ページへ
話題一覧ページへ戻る
トップページへ戻る

ad

コメント

スポンサーちゃん①




最近発売のオススメ曲

MERUCHU「はじめての片想い



放課後プリンセス「輝夜に願いを」



DEVIL NO ID「BEAUTIFUL BEAST」



Passcode「Ex Libris Passcode」





Dolly Kiss 第二章オーディションインタビュー

社会とアイドルの表も裏も見てきた のぞみ&せいあ インタビュー!

スポンサーちゃん②




WEB SHOP

大人気「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ

「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。アイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。追跡動画最終回

メンバーの妊娠、脱退、そしてグループの解散を乗り越えた「ただの女の子」たちの苦悩と再起のレポート、堂々の完結。

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. アイドル連載企画

    正しい地下アイドルの辞め方 第1回
  2. プレスリリース

    アイドル界に新常識を次々書き加えているトゥラブが、またまたやらかした!!音楽シー…
  3. インタビュー

    りさちゃん24さいとあいちゃん6さい 干支を超えた女と女の対談
  4. 話題

    トゥラブがTIFの裏で、ZEPP 東京を貸し切って「2o Love to Swe…
  5. アイドル横丁

    【絵恋ちゃんインタビュー】 絵恋ちゃんは、いかにして「アイドル横丁夏まつり!!~…
PAGE TOP