レポ / インタビュー

本当に「原価300円」でTシャツは作れるのか? 実際に作ってみたら1枚あたり2,431円かかった

Tシャツは300円で作れるのか

以前、「アイドルグッズのTシャツが300円で作れるのか」といった記事が話題なりました。

その時の記事と、それに対する反応。

はたして一体アイドルTシャツの原価は300円なのか、700円なのか、800円なのか、はたまた1000円なのか。
実際に作って検証してみました。

先に結論から言うと、1枚あたり2,431円でした!

めちゃくちゃ高いように思われるかもしれませんが、それにはちゃんとした理由があるので、このまま記事を読み進めていただければと思います。
内訳もちゃんと記させていただきます。
また、このTシャツを作るにあたって担当いただいた方にも、「サイトに載せてる通りの値段なので、掲載してくれて大丈夫です!」と言っていただいたので、実際に使用したサイトの方も参考にしながら、なぜこうなったかの理由を説明していきます。

実際にTシャツを作ってみよう!

今回、Tシャツ作成に協力いただいたのは「WearMagic」様。
店内で釣りができる有名居酒屋「釣堀茶屋ざうお」などを運営する、株式会社ハーバーハウスの経営される、歴史ある会社です。

ざうお参照動画

直接、会社にお伺いしてお話を聞いてきました。

WearMagic外観。

ビルと古民家が一体になった作りでオシャレです。
外から見える大きな窓から作業場の様子が伺え、少し安心感を覚えます。
中に入り、3階まで上がります。全体的に働いてる方が若いイメージで、なんだか活気を感じる職場でした。

今回対応していただいたのは、ドラマ「カルテット」に出てきそうな、ミステリアスな雰囲気漂う爽やかなイケメン男性Hさん。(名前出していいのか聞き忘れたのでイニシャルです)

まず、基本的な概要について説明してもらいます。
おおまかに箇条書すると、

・印刷の種類が色々あります
・アイドルイベントの法被なども作ってます(大量生産でなく、生誕にヲタが自作して着ていくようなオリジナルの一点もの)
・「枚数」や「プリントの面積」などによって変わるため、「一概に値段がいくら」とは断言できない
・簡単に言うと、初回の注文はコストがかかる

などなど、基本的なことを説明していただきます。
ここから具体的な値段について言及していきますよ!

Tシャツの値段

まず、「ボディー」と言われるTシャツ本体。これについてです。
基本的にこの「ボディー」を購入して、そこに「印刷代」を支払ってTシャツ完成、というのがおおまかな手順です。
だから表題の原価300円というのは、この「ボディー」+「印刷代」とかのことを言ってることになるんですかね。ほんとに他に色々すっとばした大まかな原価(原価というよりも仕入れ値?)になりますが。

また、この「ボディー専門のメーカー」というものがいくつかあるようなのですが、今回ではその中でも「日本一使われてる」という「プリントスター」というメーカーのボディーで注文することにしました。
いいやん、日本一。

その日本一のプリントスターのボディー、今回頼んだのは全てXサイズなのですが、値段が
無地(ホワイト) 950円
カラー 1,050円

これをWearMagic様で使う場合には、6がけ(40%オフ)で販売してくれるとのことで、
無地(ホワイト) 570円
カラー 630円

とのボディーの値段になりました。
原価300円無理ですね!
上記記事が出た際に、「300円じゃボディーの値段にもならない」と言ってる人がいましたけど、ほんとにならなかったです。

また、ここに印刷代がかかってきます。
このプリントにもいろんなやり方があるのですが、今回採用したのは一番オーソドックスな「シルクプリント」と一番高い「インクジェット」
このシルクプリントなのですが、「印刷する文字やロゴを切り抜いた枠(版)を作って、それを使ってTシャツに色付けする」という方式です。
なので、その版を作るのにお金がかかります。
また、1つのTシャツで2つの色を使う場合は、2つの版を作ります。3つだと3つ作ります。使う色の分だけ使う版の数が増えていきます。

ちなみに、この版を作るのに1版5,500円かかるので、
プリントに使う色が1色だけだったら、ボディー+プリント代+5,500円。
3色使うと3版も版を作らなきゃいけないから、ボディー+プリント代+16,500円。
これだけかかってくることになります。


(引用元:http://www.wearmagic.jp/contents/price#01

また、更にバックプリントを施す場合にも更に1版代かかります。
今回は6型中5型にバックプリント(全て同じデザインのもの)を入れました。
バックプリントの型は使いまわせるからいいのですが、プリントする時にまたそれぞれ印刷代が別途かかりますから、それらも最終的に値段に加算されいきます。

その具体的なプリントなのですが、今回は
・1色×3型
・2色×2型
・5色×1型
で計6型作ってみました。

プリントの印刷値段になります。

(引用元:http://www.wearmagic.jp/contents/price#01

10枚以上の発注から安くなっていくんですね。
そして500枚以上作れば、1枚あたりのプリント代が100円以下になると。
1型500枚も作ってる地下アイドルとか、どれくらいいるもんなんでしょうか。
割引に惹かれて大量生産しても、捌ききれなかったら意味ないですからね。保管する場所のコストも大変ですし。
自分は今回、堅実に最大10枚、平均1型あたり8枚、合計43枚で作りました。
最初は1枚あたりのコストが高くても、売れたら追加すればいいんですよの精神です。お金もないですしね。

なので、今回はこのプリント代に、1色&2色のものは1枚あたり350円~550円かかってます。
ただ、問題は5色プリントのもの。
これをシルクプリントで刷ったら、5版×5500円+1枚あたり最高で1,400円のプリント代がかかってきたりします。
これでもし9枚制作(もっとも高単価になる枚数)すると、1枚あたり5,025円の原価になっちゃううううううううううううううううう!
原価300円どころやあらへんで!
16.75倍だバカヤロー!

というたいへん大変なことになるので、今回はこの5色プリントのTシャツはシルクプリントではなく、「フルカラーシート転写」という方法で作ります。
このフルカラーシート転写なのですが、パソコンで取り込んでから転写するというもので、単価が非常に高いです。

ただ、シルクプリントのように「型を作らない」ので、「色が多くて少数での制作」だと、シルクプリントよりも初回コストはお得になります。
なので今回は、このフルカラーシート転写で5色カラーのTシャツを3枚作ってみました。

実際にかかった値段

ここまでを一旦振り返ります。

・ボディー代
・シルクプリントで使う版代
・プリント代(シルクプリント、フルカラーシート転写)

ここまで、以上3点のTシャツコストを説明させていただきました。
これらの最終的な値段(版代を引いたもの)を記載させていただきます。

地下アイドルTシャツ 無地×1色×5枚(バックプリントあり) 1枚あたり1,270円
推しと現場なう!Tシャツ 無地×1色×5枚(バックプリントあり) 1枚あたり1,270円
UNDERGROUND IDOL Tシャツ 黒×1色×10枚(バックプリントあり) 1枚あたり1,280円
地下アイドルまとめTシャツ 無地×2色×10枚(バックプリントあり) 1枚あたり1,420円
良イベTシャツ 無地×2色×10枚 1枚あたり(バックプリントなし) 1枚あたり1,120円
界隈Tシャツ 無地×5色×3枚 1枚あたり(バックプリントあり) 1枚あたり2,670円

となりました。
これにサンプル分以外の包装を1枚30円で頼んだり、バックプリントのインクを白→黒に詰め替えるのが500円かかったりで、合計は43枚で10万円とちょっとになりました。
版代が今回8版作ったので、それが44,000円ですね。
Tシャツのボディー&プリントだけで43枚で今回58,910円です。
フルカラーシート転写分の3枚を抜ければ、40枚で50,900円1枚あたり1,272円です。
これで少しは、実際の地下アイドルのTシャツ原価の具体的な数字に近づいてきたのではないでしょうか。
枚数増やして、色減らして、バックプリントもなくしたら、1枚あたり400~500円位安くなって1000円切ると思います。

おそらく、この3つの中の「ボディー代とプリント代」を指して、表題記事の雑誌は「原価300円」と言ったのだと思います。

そもそも原価ってなに?

今回Tシャツを作ってみて思ったのは、間にめっちゃ人の手が入ってる!ということでした。
今回対応していただいたHさんの時間や手間にしても、その後の具体的なデザイン等の細かい打ち合わせをメールで16往復に渡って丁寧に対応していただいたIさん、他、現場でTシャツ制作にあたってくれてた若いスタッフや、仕上げをしてくれていた年配の方たち、さらにこれの送料や、今回はデザイン持ち込みだったため無料だったのですがデザイン料、これらのコストって原価には含まないのでしょうか?
というかそもそも原価ってなに?
と、すごく根本的なとこにぶつかった今回のTシャツ作成体験でした。

原価については、アパレル業で嫁がアイドルのDJハリボーさんの言ってたことが正解だと思います。


メーカーの立場だとおそらく「仕入れ値」の感覚で原価って言ってますよね。

「原価」でぐぐってみました。

「仕入れ値」でも、「厳密なコスト」でもどっちでも通じるんや!

はぁ~……これは、

日本語が悪い!

という結論に落ち着きました。
そりゃ同じ言葉で言ってる意味が違うんだから、論争も起きるよ……。
みんな正しくてみんないい。
悪いのは世の中。全部世の中が悪い。

(絵恋ちゃん「世の中がワルイ!」)

そんなことで、これで一通りの納得はいっていただけたのではないでしょうか。
・Tシャツは色やバックプリントを増やすと、高くなって原価1,000円超えるよ!
・Tシャツはいっぱい作れば、安くなって原価700円位まで下がるよ!
・っていうかそもそも言ってる原価の意味が違うよ!

との結論になりました!
あと、最後に身銭を切ってTシャツ作ってしまったので、これをウェブショップで売りたいと思います。助けて~。
詳しくは以下、ショップURLで!

この中で、6型作ったうちの1型とってもオシャレでイカした「地下アイドルまとめTシャツ」をここで紹介させていただきますね!

地下アイドルまとめTシャツ原案

地下アイドルまとめTシャツ最終稿

地下アイドルまとめTシャツ完成品 前


エスニック風+地下アイドルまとめTシャツ

ストールでロゴが隠れてて何まとめ!?状態Tシャツ

おや……。

なにか輝く何かが……。

もしかして君は……。

おおっ!

地下アイドルまとめTシャツ!

こんな、夜中でもインパクト十分、悪目立ち重視、後ろ指さされること間違い無し、これからの季節にぴったりの地下アイドルまとめTシャツ(原価1,420円)他、「推しと現場なう!Tシャツ」や、「良イベTシャツ」など、怒られそうなものもたくさん!

是非、通販ウェブショップ「UNDERGROUND IDOL」の方も、原価を頭に入れなからチェックしてみてください!

また、こちらのウェブショップでは、ネットに販路がないアイドル様などの商品を委託でも置かせていただきたいと思ってます。
詳しくは、以下通販詳細ページをご覧ください。

通販詳細ページ

最後に。
タイトルでは高くなったみたいな感じで書いて煽ってますが、実際は終始納得づくの良心的な結果でした。
実際の商品の仕上がりから、その間の懇切丁寧な対応、出来上がったものを取りに行った時もみなさんに暖かく迎えてもらい、是非またここで作りたいなぁと思いました。
WEARMAGICのHさん、Iさん、ありがとうございました!

長い記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【追記】
ウシジマくんにも広がるTシャツ原価300円の輪

【追記】
10万かけてTシャツ作って、2枚売れました。(2017年4月27日現在)

特集ページに戻る

トップページに戻る

The following two tabs change content below.
地下アイドル総合サイト管理人。 地下アイドルまとめブログというサイトもやってます。 他の媒体であまり触れられてない地下アイドルをピックアップしたり、面白い企画や、ヲタの方の役に立つコンテンテンツなどを作っていければと思ってます。 若輩者ですが、よろしくお願いします。
ad

関連記事

  1. レポ / インタビュー

    le biglemoi(ビグルモア) お披露目ライブ「black was born」~横井ほなみ復活…

    「みんなに恩返しの続きが出来ることを楽しみにしてきました」一呼…

コメント

    • 匿名
    • 2017年 4月 25日

    「カルテット」など画像の無断転載は(たとえ引用元URLを明記していたとしても)いかがなものかと。もし何かあった時、迷惑をこうむるのはTIMに登場してくれているアイドルです。少なくとも、LoGiRLやオモコロはそのような行為はやっていないはず。
    個人のまとめブログなら気にも留めないと思いますが、アイドルが登場するメディアを作るなら、法的にもクリアなものにしたほうがいいと思います。
    良識ある判断を期待します。

    • timsogo
    • 2017年 4月 25日

    匿名様
    大変仰る通りです。
    該当の画像を、全て公式動画や公式ツイッターのものに差し替えさせていただきました。
    ご指摘ありがとうございました。

  1. If some one needs to be updated with most up-to-date
    technologies therefore he must be go to see this web site and
    be up to date daily.2792

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ad




ad




お問い合わせ

最近の記事

ad




  1. アイドル連載企画

    第2回 AH(嗚呼)りりかる*ことぱぉの若女将切り盛り旅館日記
  2. 未分類

    ふゎりぃと朝食なう!
  3. 作詞家ryoがいろいろ勝手に決めまくり!古今東西アイドル曲!

    第1回 作詞家ryoがいろいろ勝手に決めまくり!古今東西アイドル曲!
  4. ワンマンPRページ

    マボロシ可憐GeNE「幻ワンマン~遺伝子レベルで恋してる?~」8月1日 渋谷O-…
  5. ラストアイドル追跡企画

    ついにベールを脱いだ初期メンバー7人と現れた挑戦者 「ラストアイドル」戦闘開始!…
PAGE TOP