アイドル連載企画

ネコプラゆりなのしくじり相談室 第1回 ゲスト:加藤花菜(元光彩MIRAGE)

ネコプラゆりなのしくじり相談室 第1回

アイドルになるってなんなんだろう。
私は、アイドルは職業じゃなくて、人種だと思う。


だいぶ遅くなっちゃいましたが、あけましておめでとうございます!

さて、始まりました『ネコプラゆりなのしくじり相談室』!気がつけば2018年、最初の一ヶ月がもう終わろうとしています。新年早々、有名なアイドルさんが次々に卒業発表をしました。アイドル界の今後を憂う声も聞こえてきて…。確かに卒業、脱退、解散、活休の話題ばかりが目立つ昨今のアイドル界。しかし消えていくアイドルがいる影で、新しく誕生しているアイドルも数えきれない程いるんです。今日もどこかで、「お披露目ライブ」のステージに立っているアイドルがいます。

今は誰でもアイドルになれる時代。「ちょっと面白そう」それだけでアイドルになれる、プロデューサーになれる、なれてしまう。でも、アイドルってそんな軽いものじゃないよね。今回はそんなお話です。

光彩MIRAGE

2017年12月28日。一つのお披露目前のアイドルグループが、突然解散発表をしました。

光彩MIRAGE(こうさいミラージュ)。12月頭に結成され、12月23日にはファンとの交流オフ会も開催。しかしお披露目ライブをすることなくグループは解散してしまいました。その理由は、プロデューサーの裏切り。グループを立ち上げたプロデューサーがスタッフやメンバー全員を騙し、売上金を持ち逃げ。大手芸能事務所の人間だと肩書きを偽り、TwitterのDMでメンバーを集め、結成されたグループだったそうです。メンバーだった加藤花菜さんの告発ツイートは、私も目にしました。(おそらく吉田豪さんのRTで見た)


絶対この人、炎上狙ってる…!
なんというか、文面の明るさからそんなことを思ってしまいました(すみません)。プロデューサーがお金を持ち逃げしてグループがお披露目前に解散、という地下アイドル界の闇を集約したような事件を、こんなあっけらかんな感じで…解散したことで自棄になったのかなと、その時は感じました。しかし最近になってふと、加藤花菜さんのことが気になりTwitterを覗いてみると

———「アイドルはやめない」「今はオーディションを頑張っている」

という前向きな言葉が並んでいました。
一度は信じた大人に裏切られ、夢を台無しにされた経験をしてもなお“アイドル”という道をもう一度選ぶ決断をした花菜さん。どうして、あんな炎上の仕方をしたにも関わらず、またアイドルを目指したいと思ったのでしょうか。炎上を経験した花菜さんのその決断に、私は純粋な興味を持ちました。私が花菜さんにインタビューした日は、偶然にも「光彩MIRAGE」のお披露目ライブが予定されていた日だったそうです。


(加藤花菜さんTwitterより)

想像していたのと全然違った―加藤花菜(元・光彩MIRAGE)

インタビューして最初に驚いたのが、花菜さんが地下アイドルという世界について本当に何も知らなかったということ。地下アイドルがどんなものか知らないまま、花菜さんはグループのメンバーとなり、アイドルとして初めての「オフ会」を経験しました。

花菜 チェキがあること自体知らなくて。“ちぇき”って何?みたいな。オフ会ってものも知らなかったんです。
ゆりな そのオフ会でファンの人と初めて対面したって感じですか?
花菜 そうですね。
ゆりな 初オタクとの接触どうでしたか^^
花菜 想像してたのと違うなって(笑)。でも可愛く思えて来ちゃいますね、毎日リプくれてたんだとか考えると可愛い
ゆりな 可愛い…だいぶアイドルの素質があると思います!基本オタクの人ってすごく優しいから、それも良いところですよね。

炎上してから、DMがすごい

お披露目前に解散になってしまった前グループ。それでもアイドルを続ける意思を呟き続ける花菜さんのTwitterには、今でも多くの“スカウト”のDMが来ます。

花菜 あの炎上があってからTwitterのDMが来る回数がすごくて。いろんなところから、グループで(アイドル)やりませんかとか、新しく作るんですけど、とか。例えばこのグループとか(実際来たDMを見せてくれました)。

ゆりな えっ、めっちゃ有名なところじゃないですか(笑)! 今はDMでスカウトするところも多いんですね…。でも、そんなにDM来たらストレスになりません?
花菜 結構消去しました。
ゆりな すごい数ありますよねグループ。ちゃんと考えた方が良いです!
花菜 でも、本当にどのグループが有名とかちゃんとしてるとか、全然わかんないんですよ。
ゆりな 一番はそこでやってる子の話を聞ければいいんですけど、なかなかそういう機会もないですもんね。

華やかに見えるアイドルの世界。実情は飛び込んでみないと分からない。でも、何も考えずに決断して良いものではありません。賭けているのは、自分の人生だから。結局は、事務所や運営サイドと信頼関係を築けるかだと私は思います。そこが揺らいでしまったら、全力で活動なんてできない。1つ加入前に見れるポイントとして、オーディションがあります。

ゆりな オーディションは確かに自分を見てもらう場だけど、こっちが運営さんのことを見る場でもあるので。気になってることはたくさん質問した方が良いです。隠さずに話してくれるとこじゃないと、信用できないじゃないですか。あと、こっちも隠し事をしないのが大事。隠してることがあると後から揉めちゃうので。

アイドルになったら

花菜さんにとって、地下アイドルは未知の世界。光彩MIRAGE在籍時に、他の地下アイドルのライブ映像を見たことくらいしかないそうです。

花菜 なんか…(映像では)ファンの人?が全然ステージを見てないのが気になって…。
ゆりな 見てないですね〜(笑)。でもいろんなタイプの人が居るので、じーっと見てくれる人もいるんですよ。地蔵って言うんですけど…。

その後、地下アイドルあるあるについて話して盛り上がりまして。ライブ中や物販の様子とか、オタク同士の人間ドラマがあるとか、Twitterでの“威嚇いいね”の話などなど……アイドルをやっているとたまに感覚が麻痺しますが、地下アイドルってやっぱりすごく面白くて闇が深い世界なんだなって改めて思いました。

ゆりな 今オーディションを受けているとのことですが、花菜さんはこれからはどんなアイドルになりたいですか?
花菜 まずは、ちゃんとしたグループに入ってファンの方を安心させてあげたいです。レッスンとかも受けて、ライブに出て、直接ファンの方に感謝の気持ちを伝えたい。リプで「ありがとう、ごめんね」とかじゃなくて、ちゃんと目を見て話したいです。

ゆりな 一度大きな炎上をしていて、それでもアイドルをまたやろうと思ったのは何故ですか。
花菜 ファンの方の存在が大きいです。グループが解散になった後でも「絶対会いに行くから」って言ってくれて。応援されてるのを感じます。
ゆりな 暖かいファンの方が居る一方で、結構、炎上自体をおもしろがってあれこれ言ってくる人もいたじゃないですか。そういう人たちを見返したいっていう気持ちはありますか。
花菜 特に無いですね(笑)。本当に、お好きにどうぞと言うか…私は私のことを信じて付いて来てくれる人がいればいいと思ってます。プロデューサーが逃げた時はめっちゃ怒ってたんですよ。

花菜 でも、今は感謝の気持ちも少しあるんですよね。
ゆりな えー!何に感謝ですか!
花菜 誘ってもらったことでアイドルを知って、アイドルに関心を持つようになって、少しの間アイドルのようなことをして……こうなって(解散)。そのあと、炎上でいろんな意味で知ってくれた人がたくさんいて、その中には応援してくれる人もいるから。そういう人に出会えたことを考えると、ありがとうって。
ゆりな 確かに、知られるきっかけにはなりましたね。

短い期間でも“アイドル”になった花菜さん。花菜さんをアイドルにして、もう一度頑張る勇気をくれたのは、紛れも無く彼女のファンでした。自分のことを信じてくれるファンがいて、そのファンの期待に応えたいと言う気持ちが、アイドルの原動力になっているんだと感じました。

夢はバラエティタレント

ゆりな 今回の炎上で、光彩MIRAGEや花菜さんの名前はすごい広まったと思うんですけど、そのことだけ注目されるのは嫌ですよね。メディアは炎上しか取り上げてくれないし。『悪い大人に騙された可哀相な女の子』で終わるんじゃなくて、その失敗をバネにして、今後はもっと個性を出してアイドルをしてほしいです。
花菜 個性…。私、お酒とか麻雀とかめっちゃ好きなんですけど、アイドルってそういうの駄目なイメージがあって。お酒飲んじゃ駄目みたいな。
ゆりな 全然大丈夫です!私めっちゃ飲んでます。今のアイドルはそういう個性があった方が人間味があると言うか、生きてる子なんだって感じがして私は好きです。親近感が会った方が良いじゃないですか。
花菜 私、実はバラエティタレントになるのが夢で、ゲテモノとか全然食べれるんですよ。大食いも得意で。
ゆりな う、ゲテモノは私は無理だ…。

今回のインタビューを通して思ったこと。花菜さんは他のアイドルと変わらない、前向きに自分の夢を追いかける女の子でした。ただ、地下アイドルのことがよく分からないまま、肩書きを偽った大人を信じてしまった自分を悔いていました。

“夢のために”我慢したり、大人の言いなりになってしまう子は、他にもたくさんいると思います。確かに我慢しないといけないこともあるし、楽しいだけじゃないのがアイドルの世界です。でも、「ここはそういう世界だから」という言葉に惑わされないで、“夢のために”きちんと考えて行動してほしいです。軽い気持ちでアイドルやプロデューサーになれてしまう今だからこそ、一緒に夢を追いかけてくれる人を、仲間を信頼できるかどうかが大事なのではないでしょうか。

ゆりな 正直、花菜さんはイメージとだいぶ違いました。Twitter見る限り、「炎上いぇーいw」みたいな女の子かと思ってたんですけど、すごい大人っぽいと言うか上品ですよね。
花菜 いやいやそんなことないです。
ゆりな 本当にゲテモノ食べますか?
花菜 食べます食べます
ゆりな 絶対うそだ〜(笑)。

本当に人って会ってみないと分からないな、と思いました。
みんなもちゃんと現場行ってアイドルに会いにいこうね!^^

最後に

歌って踊るだけの「職業:アイドル」には誰でもなれる。
でも、夢のために本気で真剣になれる“アイドル”になれるのは、やっぱり“アイドル”っていう人種だけ。「ファンの方には直接感謝を伝えたい」とまっすぐな目で語った花菜さんは、ちゃんと“アイドル”でした。
いつかアイドルとしてステージに立つ花菜さんと、対バンとかでまたお会いできたら嬉しいです。そんな日はきっと、そう遠くないと感じました。

今回のゲスト 加藤花菜さんTwitter:https://twitter.com/kana__KM

ライタープロフィール


ゆりな(ネコプラ)/1995年11月11日生まれ(22歳)。宮城県仙台市出身。性格:超インドア派。苦手なもの:運動、生魚(寿司は平気)。好きなもの:漫画、お酒、アイドル。配信でチューハイ飲みがち。
早稲田大学商学部入学後、大学2年の頃にアイドルの世界を知る。ユニドルから始まり、その後地下アイドルに。2017年11月26日に新たに結成された『ネコプラ』の白担当として再デビュー。最近はオタクに優しいツイートをしがち。2月12日(月)にはネコプラ第1回定期公演を渋谷RUIDO.K2にて開催。目標動員数は100人。このコラムを読んだ人はとりあえず来てほしい。

ネコプラ「ヒューマンエラー」

ネコプラゆりなのしくじり相談室 第2回

ゆりなさん関連リンク

ネコプラ公式Twitter https://twitter.com/necoplastic
ゆりなTwitter https://twitter.com/yurinaNECOPLA

ネコプラゆりなのしくじり相談室一覧ページへ
アイドル連載企画一覧へ
トップページへ

The following two tabs change content below.
ネコプラゆりな
#ネコプラ 地下アイドルまとめブログ&総合サイトさんにてコラム連載決定!『ネコプラゆりなのしくじり相談室』/みんなと一緒に駆け上がりたい 宮城県出身/2018.2.12第1回定期公演開催 /白担当/11月11日生まれ/書くのが好き/
ad

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーちゃん①




スポンサーちゃん②




最近発売のオススメ曲

AH(嗚呼)「DOPPEL」

WEB SHOP

今、再評価されつつある「UNDERGROUND IDOL」Tシャツ




感動すると各所で話題。「推しとの出会い」を描いた感動物語3篇。各推しアイドルからのコメントもあり。

ただの女の子。再生追跡レポ最新動画

「私たち、名無しさん。(ex-ただの女の子。)」、渋谷でフリーケツバット ~ただの女の子。再生までの追跡レポ⑩~

最近の記事

お問い合わせ





スポンサーちゃん③




  1. 特集, レポ

    女子高生たちと振り返る「アイドル最前戦。」6ヶ月間の戦い ~柊木りおから大正アリ…
  2. アイドル連載企画

    正しい地下アイドルの辞め方 第1回
  3. 特集, レポ

    自撮り嫌いなんですよ – Twitterについてアイドルが本音を語る…
  4. ラストアイドル追跡企画

    迎えうつ沖縄の魂-『ラストアイドル』第14回
  5. 特集, レポ

    人生で初めてアイドルフェスに行ったら推しが出来すぎて泣いた
PAGE TOP